特集 PR

フラワーカンパニーズ×曽我部恵一 対談

フラワーカンパニーズ×曽我部恵一 対談

写真:柏井万作

「曽我部恵一」っていう芯がドンとあって、何をやってもすごいっていう説得力がある。

―曽我部さんが、フラカンのライブを見て一番いいなと思う部分って?

曽我部:いくつかあるんですけど、圭くんがガツンといったときに、それを全員が支えに行ってる感じが好きですね。バンドの信頼感が強くて、それが音にも出てるし、目にも見える感じが、やっぱずっと一緒にやってる人たちのすごさかなと思いますね。そこは一番感動するかな、いつも。

―一体感というか、信頼感というか。

曽我部:うん、信頼感。各自が信頼しあってるというか、支え合ってて、4人でないと成立しない音だし、それをみんなが100%理解してやってる。それが説得力を持って観てる側にドーンと来るから、感動しますね。

―このバンドじゃないと出せないなっていうのを見たときに、嫉妬したりもするものなんですか?

曽我部:いいなって思いますよ。なんかね、あるんすよ、愛っていうか。それがかっこいいなと思って。そういうのを俺もやりたいなっていうのはありますね。うちのバンドはまだそこまでいってないと思う。こいつほんとクビにしてやろうかなと思う(笑)。ダメですね、そういう意味では。

鈴木:時期もあるじゃん。すごく仲いい時期もあれば、悪い時期もあるし。

曽我部:そうそう。なんか、仲がいいとか悪いとかじゃないんだって分かるようになった。僕は一回それで失敗したから、サニーデイのときに。仲が悪いことがつながりの終わりだと思ってしまったところがどこかにあって。でもそういうことじゃないんですよね。

―フラカン側から見て、曽我部さんのここはスゴい! っていうのは?

鈴木:まずもう、甘えが絶対ないよね。

曽我部:いや、ありますよ(笑)。僕はだから、フラカンと比べていいところはほとんどないですから。

鈴木:いやいや(笑)。

曽我部:プロデュースワークも一緒にやらせてもらったけど、こういうところでしか貢献できるところはないから。

フラワーカンパニーズ×曽我部恵一 対談
グレートマエカワ

マエカワ:自分だからそう言うけど、この間サニーデイともツアーやったし、去年までは1年に1回くらいソカバンともツアーやらせてもらってるけど、全然違うわけよ。

鈴木:サニーデイとソカバンで立ち位置が変わるよね。

マエカワ:サニーデイのときは、ソカバンとはまったく違うテンションで、歌を伝えることに集中してるような感じがするよね。一緒にライブを3本やったんだけど、どんどんバンドが固まってくのを目の当たりにして、こういうのがバンドなんだよなって思った。


鈴木:これが今年またサニーデイで何本かやるんだろうけど、もっとこれ進化していくんだろうなって。

マエカワ:見てて恐ろしい、この人は。「曽我部恵一」っていう芯がドンとあって、何をやってもすごいっていう説得力があるんだよね。

曽我部:いやまぁ、言ってくれてるだけですよ(笑)。だってフラカンはね、ライブほんと絶対すごいんですよ。勝てないですよ。勝ち負けじゃないけど、やっぱそれはもう、ハンパないっすね。

―フラカンがまたメジャーに戻ってきて、まわりのバンドマンたちも「フラカンすごい!」って言ってますもんね。

マエカワ:それもね、メジャーの方がいいのかどうか、ちょっと話を(曽我部に)訊いたことあって。いろんなこと知ってるし、自分でレーベルを立ち上げてるわけだし。で、ちゃんと教えてくれて。自分らでやったらこういう風になるよとか。音楽が素晴らしいだけじゃなくて、そういう音楽活動についても絶大な信頼をよせられる人間なんですよ。

曽我部:でもね、僕が自分でやり始めたのは流れ上なんです。でも、フラカンがソニーっていうのは、俺はすごいなと思いましたけどね。またソニーでやるっていうのを聞いたときに。

マエカワ:そうだね。同じところだからね。一回切られてるところだし。

曽我部:懲りないなーと思いました。懲りない人らですよ、本当に(笑)。もう懲りてるはずなんですけど、懲りないなと(笑)。それがかっこいいんですよ、フラカンって。

Page 4
前へ

リリース情報

フラワーカンパニーズ『元少年の歌』(初回限定盤)
フラワーカンパニーズ
『元少年の歌』(初回限定盤)

2010年3月31日発売
価格:1,470円(税込)
Sony Music Associated Records

1. 元少年の歌
2. 40
3. 深夜高速(Acoustic)
[DVD収録内容]
「元少年の歌」Full ver.
「深夜高速(Acoustic)」レコーディング風景

フラワーカンパニーズ『元少年の歌』
フラワーカンパニーズ
『元少年の歌』
フラワーカンパニーズ
『元少年の歌』
サニーデイ・サービス『本日は晴天なり』
サニーデイ・サービス
『本日は晴天なり』

2010年4月21日発売
価格:2,800円
ROSE RECORDS

1. 恋人たち
2. Somewhere in My Heart
3. ふたつのハート
4. 南口の恋
5. まわる花
6. 水色の世界
7. 五月雨が通り過ぎて
8. Dead Flowers
9. Poetic Light
10. だれも知らなかった朝に

プロフィール

フラワーカンパニーズ

89年、名古屋にて鈴木圭介 (Vo)、グレートマエカワ(B)、竹安堅一 (G)、ミスター小西 (Dr)の4人で結成。95年にアンティノスレコードよりメジャーデビュー。01年、アンティノスレコードを離れ、自らのレーベルTrash Recordsの立ち上げに参加。熱く地道な活動が、アーティスト達から絶大な支持を集め、再び注目を集める。08年夏、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズと契約し、メジャー復帰。10年1月には、オールタイムベストアルバムとなる「フラカン入門」をリリース。男40歳!結成20周年にして快進撃を続ける、スーパーライブバンド!

プロフィール

曽我部恵一

1971年8月26日生まれ。香川県出身。1995年サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリストとしてデビュー。2001年よりソロ活動をスタート。2004年、メジャーレコード会社から独立し、<ローズ・レコーズ>を設立。活動母体である<曽我部恵一BAND>は、シンプルなロックンロールを軸に、小細工無しのストレートで熱いライブを繰り広げる。2008年にはアルバム『キラキラ!』を発表。同年7月には、サニーデイ・サービスを再結成し、2010年4月に10年ぶりとなるアルバムをリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図