特集 PR

ミドリ インタビュー

ミドリ インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
2010/05/18

扇情的なパフォーマンス、極度に躁鬱の激しい世界観、ジャズや祭り囃子の要素を融合させた独自のグルーヴなど、様々な点で注目を集めてきたロックバンド、ミドリ。2年ぶりにリリースされるアルバム『shinsekai』は、より奔放で斬新な音楽的アプローチを試みつつも、どこか殻を突き破ったポップネスを併せ持った、まさに新世界への扉を開いた傑作だ。これまで、「世間が言うミドリ観を出そうと無理してた」(後藤まりこ)という彼らはいま、どこを目指して、何のために音を鳴らしているのか。はっきり言って愚問だったかもしれない。でも、ミドリは真摯に答えてくれた。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ)

別にミドリがしたいんやなくて、音楽がしたいんやしなぁって。

―オリジナル・アルバムとしては、前作の『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』(以下『あらためまして』)以来2年ぶりですよね。この2年間はどんな活動を?

ハジメ:『あらためまして』が出た後に、初めてワンマンライブをしたんですよね。それで、ツアーをして、ライブ盤が出て、2008年の終わり頃に事務所から離れまして。

後藤:ライブ盤は僕らの意図してない部分で出たから。ソニーやなくて、事務所が行け行けどんどん、出せ出せどんどんやったから、嫌やった。

―それもあって辞めた?

後藤:嫌やから辞めた。

ハジメ: それで、まわりの人たちに助けられつつ、去年の3月にシングル『swing』を出して。それからトリビュート盤に参加したり、メロン記念日に曲を提供したりしつつ、去年の秋にライブDVDが出て。秋には2マンツアーをやって、そのあと曲作りをして、今年の頭に今回のアルバムのレコーディングをしました。

ミドリ インタビュー

―アルバムのリリースはなかったけど、あっと言う間に2年経っちゃった感じだったんですね。

ハジメ:そうですね。長いと言えば長かったですけど、短いと言えば短い(笑)。

―アルバムを作るにあたって、テーマを設けたりは?

後藤:青写真は描きません、このバンドは。

―今回のアルバムって、個人的にはどこか殻を突き破った感じがあると思うんです。そういう感覚は作ってる側としてありました?

後藤:うーん。なんやろ。具体的な実感はないです。そやけど、以前の作品よりかは、ちゃんとしよう思ったから、ちゃんとできたと思う。

―ちゃんとしよう、っていうのは?

後藤:えっと、『あらためまして』くらいまでは、不純な動機もありつつというか、売れたかったんですよ。『swing』は、売れたいけど、まぁ無理やろと思ってました。ちゃんとできてなかったんは、世間が言うミドリ観っていうのを出そうと無理してたんとか、世間の言うミドリ観っていうのを自分のなかで変に解釈してしまっとって。けど、もう、アカンなぁと思って。別にミドリがしたいんやなくて、音楽がしたいんやしなぁとか、いろいろ考えて、こうなりました。

―今作って、すごい開けた感じがしたというか、ポップに聴こえたというか。その辺は意識されました?

後藤:ポップっていうものは意識してないです。耳にやさしい音になりました?

―音とか、そういう部分とは違うところで聴きやすくなってると思うんです。

後藤:それは、耳から抜けやすいとか、BGM的っていうことやなく?

―そうですそうです。全然BGM的じゃなくて。

後藤:それやったらよかったです。前までのCDで僕が思っとったんが、なんせBGM的にならんことが一番やったんですよ。それが、ちょっと考えすぎとったなぁと思って。

―なんかしら心に引っかかるものを作らなきゃ、みたいな気持ちがあった?

後藤:そうそう。ちょっと考えすぎた。

―それを無理して考えないでやった結果、逆に人の心に残るようになったというか。

後藤:うん。わからんけど、やっぱ消費されたくないんですよ。ずっとCDの棚にあってほしいし。ブックオフに行きたくない。

Page 1
次へ

イベント情報

ミドリワンマンツアー2010
『新世界ツアー』

2010年6月11日(金)
会場:札幌cube garden

2010年6月13日(日)
会場:仙台darwin

2010年6月18日(金)
会場:名古屋CLUB QUATTRO

2010年6月19日(土)
会場:大阪BIGCAT

2010年6月23日(水)
会場:福岡DRUM Be-1

2010年6月25日(金)
会場:広島CLUB QUATTRO

2010年7月2日(金)
会場:東京SHIBUYA-AX

料金:3,000円(ドリンク別)
チケットは発売中

リリース情報

ミドリ<br>
『shinsekai』
ミドリ
『shinsekai』

2010年5月19日発売
価格:2,800円(税込)
AICL-2122

1. 鳩
2. 凡庸VS茫洋
3. さよなら、パーフェクトワールド。
4. メカ
5. スピードビート
6. 春メロ
7. リズム
8. あたし、ギターになっちゃった!!!!!!
9. 鉄塔の上の2人
10. どんぞこ

プロフィール

ミドリ

2003年小銭喜剛(ドラム)と後藤まりこ(ギターと歌)を中心に大阪で結成。ジャズ的要素を盛り込んだサウンドと、後藤まりこの圧倒的なライブパフォーマンスが大きな話題となる。幾度かのメンバーチェンジを経て、2004年にハジメ(鍵盤)が加入、2008年に新ベーシスト岩見のとっつあんが加入し現在の編成となる。ロングヒットとなっているアルバム『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』より2年ぶりとなるフルアルバム『shinsekai』を2010年5月発売。このアルバムを携えて6月11日より全国ワンマンツアー『新世界ツアー』も決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業