特集 PR

割礼インタビュー

割礼インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
2010/05/19

天才じゃないから。そこはもう諦めてるよ。でも、ライブはやっていきたいね。

―お話を聞いてると、宍戸さんって、ほんと無欲ですよね。普通、バンドマンとかだと、「すげー曲作ってやる!」とか、「売れてやる!」とか、そういうことを少なからず考えてるものだと思うんですけど、宍戸さんからはまったくそういう感じが…。

宍戸:でも、お客さんが来てくれたほうがうれしいし、曲もいっぱいできたほうがいいんだろうなぁ。そこに行き着くまで、大変だよね。天才じゃないから。そこはもう諦めてるよ。

―諦めって(苦笑)。

宍戸:才能がある人っていうのは、ちゃんと別にいるから。俺はそこではないっていうのは知ってるから。まぁ、そんなこと言ってると、「何やってんの?」って言われそうだけどね。でも、ライブはやっていきたいね。

―それはみんなで音を出すことの気持ち良さを味わいたいから?

宍戸:そうだなぁ。でも、お客さんがひとりもいなくなったらライブもできないもんね。そこは大きいよね。

―この先どうなりたいみたいなこととかって、宍戸さんのなかでイメージはありますか?

宍戸:いま?

―はい。

宍戸:ないなー。

―えーっ!

宍戸:いまはないなー。でも、演奏はずっとやっていきたいからなー。

―続けていくことが、ある意味ひとつの目標に?

宍戸:目標になってるな。それなくなると、なんかね。楽しみがなくなるというか。それがなくなると、他も全部崩れそうな気もするもんな。

―音楽をやることが、精神安定剤みたいな役割を担ってるんですかね。

宍戸:うーん、精神安定剤かぁ。どうなんだろうね。目標かぁ…。続けたいもんね、音楽ね。いまの4人、映像の岩下(達朗)君もいるから、5人で最後までいけれれば美しいかなぁ、最後の最後まで。

―音楽ありきよりは、人間ありきなんですね。宍戸さんには、割礼が本当に欠かせない存在なんでしょうね。

宍戸:そうだねー。いまはそこを大切にしていきたいんだよね。

Page 4
前へ

リリース情報

>割礼<br>
『星を見る』
割礼
『星を見る』

2010年6月2日
価格:2,800円(税込)
P-VINE PCD-18626

1.リボンの騎士(B song judge)
2.マリブ
3.INスト
4.星を見る
5.ルシアル
6.革命

プロフィール

割礼

83年、名古屋にて「割礼ペニスケース日曜日の青年たち」結成。当初は性急なパンク/ニューウェイヴ寄りのサウンドだったが、80年代後半から徐々に曲のテンポが落ち、ギターのフィードバックノイズや幽玄な歌をより重視したサイケデリックなサウンドに変わっていく。当時のポジティヴ・パンクやゴスバンドとの邂逅もありながらも、あくまで割礼独自のサイケデリックソングナンバーを奏で続け、アルバム『ネイルフラン』(89年)でメジャーに進出。現在は宍戸幸司(Vo/G)山際英樹(g)鎌田ひろゆき(b)松橋道伸(dr)で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優