特集 PR

「UKダンスの牽引者」ホフェッシュ・シェクター インタビュー

「UKダンスの牽引者」ホフェッシュ・シェクター インタビュー

インタビュー・テキスト
小林宏彰

ドラムが刻むビートが劇場を揺らし、光の洪水と突然の闇が観客に緊張感をもたらす。そんな無二の体験を与えるダンス作品を携えて、UKダンス・シーンに突如あらわれた衝撃的な振付家、ホフェッシュ・シェクター。彼の来日公演が、6月25日から3日間、彩の国さいたま芸術劇場にて行われる。映画、音楽、アートなどさまざまなジャンルから影響を受けてきたという彼が、ダンスという芸術ジャンルに見る可能性とは何か。本人に行ったメールインタビューにて、「総合芸術」であるダンスの奥深い魅力を実感していただきたい。

(インタビュー・テキスト:小林宏彰)

精神的に成長できたダンスの経験

─ホフェッシュ・シェクターさんは、イスラエルの著名なカンパニー、バットシェバ舞踊団でキャリアを積まれたわけですが、イスラエルはコンテンポラリーダンスが盛んなことで有名ですね。まずは、ダンス表現との出会いから教えていただけますか?

HS:踊りは学校で始めました。イスラエルの学校では週に1回、民族舞踊のクラスがあって、子どもたちは皆それを受けるんです。学校の先生にイェルサレムのユース・フォークダンス・カンパニー(子どもたちで構成される民族舞踊団)に入るよう勧められて参加し、そこでイェルサレムにダンス・アカデミーがあることを知って入学しました。

「UKダンスの牽引者」ホフェッシュ・シェクター インタビュー
『Uprising』 Andrew Lang

─アカデミーでは、どのような勉強をされたのでしょうか。

HS:初めて「真剣な」ダンスレッスン、つまりクラシックやモダンダンスといった踊りの勉強をしたのですが、それは新しい世界への扉でした。身体的な訓練はもちろん、精神的にも大きな挑戦であり、素晴らしい経験だったんですね。実は、それまで私はとても内向的で人見知りな性格だったのですが、アカデミーでダンスを学ぶことを通して、周囲の人たちとの関係のなかで存在する自分というものをより自然に感じられるようになりましたね。

─その後、ダンサーや振付家としてのキャリアを積まれていくわけですが、ダンスの道に進んだ決め手を教えてください。

HS:振り付けを始めたのは、実はちょっとした好奇心からでした。それまでもダンサーであり、ミュージシャンとしても活動していましたが、創作欲が完全には満たされていないことに気づいていたんです。そこで、1ヶ月の休暇がとれた時に、じゃあ何か小さな作品でもつくってみようと思って実験を始めたんですね。デュエットを振り付けて何度か上演してみたのですが、それがきっかけで、ロンドンのプレイス・シアターにアソシエイト・アーティストとして招かれることになりました。将来的にどうなるのかはわからなかったけれど、とにかく1年間、振り付けに専念することにしたのです。この経験が大きなキッカケになり、振付家として成長していきました。

Page 1
次へ

イベント情報

ホフェッシュ・シェクター
『Political Mother ポリティカル・マザー』

2010年6月25日(金)〜6月27日(日)※計3公演
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
振付・音楽:ホフェッシュ・シェクター
出演:ホフェッシュ・シェクター・カンパニー(ダンサー10名 ミュージシャン8名)

料金:S席5,000円 A席3,000円 学生A席2,000円
※ 25日の公演終了後、ホフェッシュ・シェクターによるポストトークを開催
チケット取り扱い:
彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(10:00〜19:00、休館日を除く)
インターネット予約モバイルサイト予約
チケットぴあ(Pコード:402-924)
e+

プロフィール

ホフェッシュ・シェクター

ダンサー、振付家、作曲家。イスラエルを代表する世界的ダンス・カンパニー、バットシェバ舞踊団にてダンサーとして活躍。同時に打楽器奏者としての訓練も受ける。2002年イギリスに移り、『Uprising』(06年)、『In your rooms』(07年)で一躍UKダンス・シーンの先導的地位を確立した。08年カンパニー結成。同年、英国ダンス批評家賞最優秀振付賞を受賞。サドラーズ・ウェルズ劇場(ロンドン)アソシエイト・アーティスト。ブライトン・ドーム(ブライトン)に創作の拠点を置く。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年