特集 PR

「UKダンスの牽引者」ホフェッシュ・シェクター インタビュー

「UKダンスの牽引者」ホフェッシュ・シェクター インタビュー

インタビュー・テキスト
小林宏彰

ドラムが刻むビートが劇場を揺らし、光の洪水と突然の闇が観客に緊張感をもたらす。そんな無二の体験を与えるダンス作品を携えて、UKダンス・シーンに突如あらわれた衝撃的な振付家、ホフェッシュ・シェクター。彼の来日公演が、6月25日から3日間、彩の国さいたま芸術劇場にて行われる。映画、音楽、アートなどさまざまなジャンルから影響を受けてきたという彼が、ダンスという芸術ジャンルに見る可能性とは何か。本人に行ったメールインタビューにて、「総合芸術」であるダンスの奥深い魅力を実感していただきたい。

(インタビュー・テキスト:小林宏彰)

精神的に成長できたダンスの経験

─ホフェッシュ・シェクターさんは、イスラエルの著名なカンパニー、バットシェバ舞踊団でキャリアを積まれたわけですが、イスラエルはコンテンポラリーダンスが盛んなことで有名ですね。まずは、ダンス表現との出会いから教えていただけますか?

HS:踊りは学校で始めました。イスラエルの学校では週に1回、民族舞踊のクラスがあって、子どもたちは皆それを受けるんです。学校の先生にイェルサレムのユース・フォークダンス・カンパニー(子どもたちで構成される民族舞踊団)に入るよう勧められて参加し、そこでイェルサレムにダンス・アカデミーがあることを知って入学しました。

「UKダンスの牽引者」ホフェッシュ・シェクター インタビュー
『Uprising』 Andrew Lang

─アカデミーでは、どのような勉強をされたのでしょうか。

HS:初めて「真剣な」ダンスレッスン、つまりクラシックやモダンダンスといった踊りの勉強をしたのですが、それは新しい世界への扉でした。身体的な訓練はもちろん、精神的にも大きな挑戦であり、素晴らしい経験だったんですね。実は、それまで私はとても内向的で人見知りな性格だったのですが、アカデミーでダンスを学ぶことを通して、周囲の人たちとの関係のなかで存在する自分というものをより自然に感じられるようになりましたね。

─その後、ダンサーや振付家としてのキャリアを積まれていくわけですが、ダンスの道に進んだ決め手を教えてください。

HS:振り付けを始めたのは、実はちょっとした好奇心からでした。それまでもダンサーであり、ミュージシャンとしても活動していましたが、創作欲が完全には満たされていないことに気づいていたんです。そこで、1ヶ月の休暇がとれた時に、じゃあ何か小さな作品でもつくってみようと思って実験を始めたんですね。デュエットを振り付けて何度か上演してみたのですが、それがきっかけで、ロンドンのプレイス・シアターにアソシエイト・アーティストとして招かれることになりました。将来的にどうなるのかはわからなかったけれど、とにかく1年間、振り付けに専念することにしたのです。この経験が大きなキッカケになり、振付家として成長していきました。

Page 1
次へ

イベント情報

ホフェッシュ・シェクター
『Political Mother ポリティカル・マザー』

2010年6月25日(金)〜6月27日(日)※計3公演
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
振付・音楽:ホフェッシュ・シェクター
出演:ホフェッシュ・シェクター・カンパニー(ダンサー10名 ミュージシャン8名)

料金:S席5,000円 A席3,000円 学生A席2,000円
※ 25日の公演終了後、ホフェッシュ・シェクターによるポストトークを開催
チケット取り扱い:
彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(10:00〜19:00、休館日を除く)
インターネット予約モバイルサイト予約
チケットぴあ(Pコード:402-924)
e+

プロフィール

ホフェッシュ・シェクター

ダンサー、振付家、作曲家。イスラエルを代表する世界的ダンス・カンパニー、バットシェバ舞踊団にてダンサーとして活躍。同時に打楽器奏者としての訓練も受ける。2002年イギリスに移り、『Uprising』(06年)、『In your rooms』(07年)で一躍UKダンス・シーンの先導的地位を確立した。08年カンパニー結成。同年、英国ダンス批評家賞最優秀振付賞を受賞。サドラーズ・ウェルズ劇場(ロンドン)アソシエイト・アーティスト。ブライトン・ドーム(ブライトン)に創作の拠点を置く。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで