特集 PR

“時をこえ” HYインタビュー

“時をこえ” HYインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2010/08/10

あなたはHYというバンドについてどんなイメージを持っているだろうか? 沖縄出身・ストリート発・売れてるバンド…もはや、そういったパブリック・イメージだけではとても語ることのできない場所に彼らはいる。結成10周年を迎え、彼らが現在チャレンジしているのは、沖縄民謡とゴスペルを混ぜ合わせるという大胆な発想で、命の尊さについて歌う“時をこえ”という楽曲を、全国各地へと届けること。約一年間で161本におよぶライブハウス・ツアーで見ることができるのは、毎晩2時間以上に及ぶステージを全力で続けるプロフェッショナルなパフォーマンス集団でありながら、いつまでもファンと一緒に成長していきたいという偉大なるアマチュアリズムを持ち合わせた、稀有なライブ・バンドの姿である。その活動の背景にある想いを、ボーカルの新里英之と、ギターの宮里悠平に聞いた。

(インタビュー・テキスト:金子厚武)

感謝の気持ちを込めて、みんなの街に自分たちから行こうっていうのが今回のツアーですね。

―現在は大規模なライブハウス・ツアーの真っ最中ですが、その49本目(7月21日現在)が終わった今、手応えはいかがですか?

新里:今のところホント順調で、アクシデントもなく、メンバーも体調を壊すことなく進んできてます。やっぱりいろんな土地を回るから、その土地その土地のものに触れる楽しみがあって、中だるみも全くないですね。

―ライブでは音楽はもちろん、トークも盛りだくさんですよね。

新里:自分たちはファンのみんなとの距離感をすごく大切にしてるんです。ストリート・ライブが自分たちの原点にあるんですけど、ストリート・ライブってみんなと目線が同じなんです。だから、(ホールに比べてライブハウスだと)みんなとの距離が近いっていうのがすごく楽しいんですよね。トークはみんなとの距離がさらに近くなるので、すごく大切にしてますね。

“時をこえ” HYインタビュー

―悠平さん、これまでのツアーはどうですか?

宮里:ライブハウスはひさしぶりだし、やっぱり行ったことのない土地に行くのがすごく新鮮ですね。「ホントにお客さん来るのかな?」って思うところもあったり(笑)。

―アリーナやホールでもプレイする一方で、こうやって全国のライブハウスをくまなく回るのは、お客さんとの距離感を大事にするHYならではですよね。では、そんなHYにとってお客さんとはどういう存在ですか?

新里:みんながいてくれたおかげで、今の自分がいるわけで、ホントになくてはならない存在ですね。みんながいて、聴いてもらって、それを仕事にして、生活できて、ご飯食べれてるっていうのは本当に感謝です。10周年を迎えられたのもホントにみんなのおかげだから、その感謝の気持ちを込めて、みんなの街に自分たちから行こうっていうのが今回のツアーですね。

―去年10周年記念で行われた沖縄でのストリート・ライブに2万人も集まったっていうのも、まさにお客さんとの信頼関係の表れですよね。

新里:あの人数はホントに驚きましたね。前回が5千人集まって、それにもびっくりしたんで、5千人より減らないかなってすごく心配してたんですね。そうしたら、倍以上も見に来てくれる方がいて本当に嬉しかったです。

―HYは「アーティストとお客さん」っていう関係性だけじゃなくて、お客さん同士の関係性も大事にしてますよね。先日のライブでも「隣の人同士、挨拶しましょう!」って言っていたり。

新里:そうですね。見に来てくれた方たち同士は初対面かもしれないけど、自分たちの曲で共感してくれたみんなだから、絶対心は通じ合うと思うんです。ライブハウスなんで、押し合いになったりすることもあるんですけど、男性の方が女性を押したりするのがちょっとでも目に入ると、とっても気になるっていうか、嫌なんですよね。だから、どうにか仲良くしてほしくて、トークでそういう風にしたり、何をすればいいかっていっぱい考えますね。

Page 1
次へ
HY密着ドキュメンタリー放送決定

NHK総合『沖縄の「魂」を歌う“カリスマロックバンド”HY』
2010年8月15日(日)総合 23:15〜0:00放送

リリース情報

ACHI SOUND 〜HY LOVE SUMMER〜
HY
『ACHI SOUND 〜HY LOVE SUMMER〜』

2010年8月11日発売
価格:2,300円(税込)
HYCK-50001

1.
2. Street Story
3. そこにあるべきではないもの
4.
5. Ocean
6. HY(ラブ)SUMMER
7. ホワイトビーチ
8.
9. 時をこえ
10.
11. サヨナラ彼女(ボーナストラック)
12. たった一言(ボーナストラック)

プロフィール

HY

沖縄在住の5人組インディーズアーティスト。結成10周年を迎えリリースした最新アルバム『Whistle』は、インディーズとして最多となる4作目のオリコン1位を獲得する記録を更新しながらも、現在、全都道府県161本のライブハウスツアー“HY MACHIKANTY SO-TANDOH TOUR 2010-2011”で、彼らの原点でもあるストリート・ライブと変わらぬ“感謝の気持ちを直接伝えたい”という想いを全国に丁寧に届けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表