特集 PR

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/07

楽しくて大衆的っていう意味でのポップじゃなくて、もっとドギつい、原色っぽい、キラキラしてちょっと危ない感じのポップ感を意識してますね。

―そういう考え方っていうのは、西荻時代に培ったものなのかな?

玉屋:そうですね。すごく雑食で、いろんなことをやってるんだけど、結局ポップに響くバンドばっかりだったんで。ガチャガチャしてるけど、どことなくポップっていうのが、好きなバンドに共通してたんで。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー
∴560∵

560:WATTSはパンクやハードコアが盛んだったけど、変わった人たちが出る日もたくさんあって。2ピースでドラムと歌だけとか、「何をやってるんだろう?」って人たちもいたんだけど、独特のポップな感性を持ってて、なんか憎めない、人懐っこい感じがすごくあって、そういうのを感じられる音楽が好きなんですよね。単純に「ポップでいいなあ」だとそれだけになっちゃうけど、ちゃんと根っこが生えてるっていうか。自分たちもそうありたいっていうのはありますね。

玉屋:楽しくて大衆的っていう意味でのポップじゃなくて、もっとドギつい、アルバムのジャケットのようなポップっていうか。原色っぽい、キラキラしてちょっと危ない感じのポップ感を意識してますね。

―MAXさんのバックグラウンドは?

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー
MAX

MAX:他の3人に比べたら一番普通っぽいところを通ってきてます。ジュディマリとかでバンドに興味を持ったんで。それから玉屋くんの前身バンドとかを知って、パンクをもっと掘り下げるようになって。あとはピアノをやってたんでクラシックとかですね。

―Wiennersのポップ感にシンセの存在は大きいですよね。

玉屋:一番美味しいところがシンセなんで、曲を作る時にシンセをどれだけ美味しく使えるかは考えますね。あと女の子の声をどれだけ美味しく使えるか。できるだけズルく使おうと思ってます。

「これだけ考えてこの時間(1分未満)かよ!」って(笑)。

―確かにズルいよね(笑)。曲作りは基本的に玉屋さん?

玉屋:そうですね。大体最初から最後までのデモを家で作ってきて、みんなでスタジオで合わせてみて、違和感のあるところをちょっとずつ変えて、つじつまが合うようにしていくというか。家ではMTRに5秒ぐらいの1フレーズを録りためまくってて、その何百とある中から、これとこれとこれをくっつけてみようみたいな感じで作ってるんです。

―ああ、じゃあホントにサンプリングですね。自分のネタでのサンプリング。

玉屋:まさにそうで、そこはなんかヒップホップ的手法っていうか、切って貼ってって感じで。あとは、その曲をいかに演奏するかっていうのが一番時間をかけるところで、元の曲ができあがってから、Wiennersの曲として成立するまですごい時間がかかるんです。このフレーズをどういう風に弾くか、叩くか、歌うかってことにめちゃめちゃ手こずるんですよね。8ビート一つにしても、8ビートの感覚で叩くのか、2ビートくらいの疾走感で叩くのか、様々な叩き方があると思うんで、「こうじゃない、こうじゃない」っていろいろ試しますね。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

―じゃあ逆に「これで完成」っていうポイントは?

玉屋:難しいんですよね…「これで完成」って、多分ないと思います。今回の15曲って結成当初にできた曲もあれば、レコーディングのギリギリでできた曲もあるんですけど、どれもちょっとずつちょっとずつ変わっていて。一応、音を録った段階で完成ってことになると思うんですけど。

―「A・B・サビ」みたいな定型だと、ある程度固まっちゃえばそこからそんなに大きくは変わらないだろうけど、Wiennersの曲だったらある意味どうにでもできるもんね。答えが何通りもあるというか、むしろ答えがないというか。

玉屋:例えばひとつの曲の中にフレーズがABCDEFGぐらいまであったとして…大体どの曲もそれぐらいあると思うんですけど(笑)。

―まずそれがすごいよね(笑)。

玉屋:それを全部並び替えるのもありだろうし、実際曲を作る時はそれを全部試すんで(笑)。あとちょっとで完成っていう時に崩しちゃったりすると、収拾つかなくなったり。

―それだけ苦労してできた曲が1分未満とかって、報われないよね(笑)。

玉屋:ホントにそうなんですよ!「これだけ考えてこの時間かよ!」って(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Wienners<br>
『CULT POP JAPAN』
Wienners
『CULT POP JAPAN』

2010年7月7日発売
価格:1,800円(税込)
WNSR-1

1. !
2. We are the world
3. Cult pop suicide
4. Life education
5. Love the earth,Cosmo Attack
6. Japan holi
7. World over trip
8. Channel #77.7
9. Why can you stand?
10. Go Anti Go
11. Justice 4
12. 龍宮城
13. Blitzkrieg POP
14. Hello,Goodbye
15. Idol

プロフィール

Wienners

地球最後のひみつ道具、2010年この星の平和を取り締まるウルトラ警備隊!カラフルに毒づき、クールにアツい。この世に生きるすべての音楽に敬意を注ぎ、愛をもってデストロイ&クリエイト。神様の悪ふざけ、一か八かの大勝負な創造物。呼ばれてないのに生まれちゃいました!Wienners!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡