特集 PR

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/07

楽しくて大衆的っていう意味でのポップじゃなくて、もっとドギつい、原色っぽい、キラキラしてちょっと危ない感じのポップ感を意識してますね。

―そういう考え方っていうのは、西荻時代に培ったものなのかな?

玉屋:そうですね。すごく雑食で、いろんなことをやってるんだけど、結局ポップに響くバンドばっかりだったんで。ガチャガチャしてるけど、どことなくポップっていうのが、好きなバンドに共通してたんで。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー
∴560∵

560:WATTSはパンクやハードコアが盛んだったけど、変わった人たちが出る日もたくさんあって。2ピースでドラムと歌だけとか、「何をやってるんだろう?」って人たちもいたんだけど、独特のポップな感性を持ってて、なんか憎めない、人懐っこい感じがすごくあって、そういうのを感じられる音楽が好きなんですよね。単純に「ポップでいいなあ」だとそれだけになっちゃうけど、ちゃんと根っこが生えてるっていうか。自分たちもそうありたいっていうのはありますね。

玉屋:楽しくて大衆的っていう意味でのポップじゃなくて、もっとドギつい、アルバムのジャケットのようなポップっていうか。原色っぽい、キラキラしてちょっと危ない感じのポップ感を意識してますね。

―MAXさんのバックグラウンドは?

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー
MAX

MAX:他の3人に比べたら一番普通っぽいところを通ってきてます。ジュディマリとかでバンドに興味を持ったんで。それから玉屋くんの前身バンドとかを知って、パンクをもっと掘り下げるようになって。あとはピアノをやってたんでクラシックとかですね。

―Wiennersのポップ感にシンセの存在は大きいですよね。

玉屋:一番美味しいところがシンセなんで、曲を作る時にシンセをどれだけ美味しく使えるかは考えますね。あと女の子の声をどれだけ美味しく使えるか。できるだけズルく使おうと思ってます。

「これだけ考えてこの時間(1分未満)かよ!」って(笑)。

―確かにズルいよね(笑)。曲作りは基本的に玉屋さん?

玉屋:そうですね。大体最初から最後までのデモを家で作ってきて、みんなでスタジオで合わせてみて、違和感のあるところをちょっとずつ変えて、つじつまが合うようにしていくというか。家ではMTRに5秒ぐらいの1フレーズを録りためまくってて、その何百とある中から、これとこれとこれをくっつけてみようみたいな感じで作ってるんです。

―ああ、じゃあホントにサンプリングですね。自分のネタでのサンプリング。

玉屋:まさにそうで、そこはなんかヒップホップ的手法っていうか、切って貼ってって感じで。あとは、その曲をいかに演奏するかっていうのが一番時間をかけるところで、元の曲ができあがってから、Wiennersの曲として成立するまですごい時間がかかるんです。このフレーズをどういう風に弾くか、叩くか、歌うかってことにめちゃめちゃ手こずるんですよね。8ビート一つにしても、8ビートの感覚で叩くのか、2ビートくらいの疾走感で叩くのか、様々な叩き方があると思うんで、「こうじゃない、こうじゃない」っていろいろ試しますね。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

―じゃあ逆に「これで完成」っていうポイントは?

玉屋:難しいんですよね…「これで完成」って、多分ないと思います。今回の15曲って結成当初にできた曲もあれば、レコーディングのギリギリでできた曲もあるんですけど、どれもちょっとずつちょっとずつ変わっていて。一応、音を録った段階で完成ってことになると思うんですけど。

―「A・B・サビ」みたいな定型だと、ある程度固まっちゃえばそこからそんなに大きくは変わらないだろうけど、Wiennersの曲だったらある意味どうにでもできるもんね。答えが何通りもあるというか、むしろ答えがないというか。

玉屋:例えばひとつの曲の中にフレーズがABCDEFGぐらいまであったとして…大体どの曲もそれぐらいあると思うんですけど(笑)。

―まずそれがすごいよね(笑)。

玉屋:それを全部並び替えるのもありだろうし、実際曲を作る時はそれを全部試すんで(笑)。あとちょっとで完成っていう時に崩しちゃったりすると、収拾つかなくなったり。

―それだけ苦労してできた曲が1分未満とかって、報われないよね(笑)。

玉屋:ホントにそうなんですよ!「これだけ考えてこの時間かよ!」って(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Wienners<br>
『CULT POP JAPAN』
Wienners
『CULT POP JAPAN』

2010年7月7日発売
価格:1,800円(税込)
WNSR-1

1. !
2. We are the world
3. Cult pop suicide
4. Life education
5. Love the earth,Cosmo Attack
6. Japan holi
7. World over trip
8. Channel #77.7
9. Why can you stand?
10. Go Anti Go
11. Justice 4
12. 龍宮城
13. Blitzkrieg POP
14. Hello,Goodbye
15. Idol

プロフィール

Wienners

地球最後のひみつ道具、2010年この星の平和を取り締まるウルトラ警備隊!カラフルに毒づき、クールにアツい。この世に生きるすべての音楽に敬意を注ぎ、愛をもってデストロイ&クリエイト。神様の悪ふざけ、一か八かの大勝負な創造物。呼ばれてないのに生まれちゃいました!Wienners!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 1

    菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

  2. 川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート 2

    川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート

  3. 清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場 3

    清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場

  4. Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演 4

    Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演

  5. アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも 5

    アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも

  6. 『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載 6

    『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載

  7. 大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る 7

    大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

  8. ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演 8

    ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演

  9. アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も 9

    アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も

  10. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 10

    『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”