特集 PR

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/07

この時代じゃなきゃこんな音楽やってなかっただろうし、もし違う時代にやってても、だれも見向きもしなかっただろうし。

―でも、そこはこだわり? ショート・チューンであるっていうことは。

玉屋:いや、そこは全くこだわりではなくて、ホントはもっと長い曲もあっていいと思うんだけど、でもそれが性に合ってるというか。元々が短いわけではなくて、3分ぐらいある曲を凝縮して1分にしたって感じなんで。

560:一番気持ちいいところで止めようっていう感覚ですね。無駄に長いのは嫌だっていうのもあると思いますけど。

玉屋:僕は前のバンドからこういうことをやってたんで、感覚がずれてるなっていうのはあって。“Idol”をプロデュースしてもらった時も、元々サビが一回しか出てこなくて、転調して終わりだったんですけど、プロデューサーのTGMXさんに「このフレーズすごくいいから、もう一回出てきたら絶対いいと思う」って言われたときに「なるほど!その手があったか!」って目から鱗みたいな。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

―一般的にはものすごく普通のことなのにね(笑)。

玉屋:この4人でやってたら、もう一回繰り返すっていう発想はなかなか出てこないんです。

―でも、その短い曲の中にものすごい情報量が詰め込まれてるのがWiennersの面白いところだと思うんですね。この情報量の多さっていうのは今の時代背景、YouTube以降の情報化社会を反映しているという言い方もできると思うんですけど、実際そういう意識はありますか?

玉屋:多分あるとは思うんです。この時代じゃなきゃこんな音楽やってなかっただろうし、もし違う時代にやってても、だれも見向きもしなかっただろうし。それこそ、3年前でもダメだったと思うんですね。ただ情報化社会、インターネットの普及とかは、そんなに関係ないかな。曲作ってる僕自身がすごいアナログなので(笑)。

ツールを使ってじゃなくて、自分のアイデアでどこまで面白くするかってことの方がすごく重要ですね。

―今の若い人ってYouTubeで色々聴いて、新しいも古いも、ジャンルも関係なく、自分がいいと思う音楽を聴くっていう風になってきてると思う。今20代半ばのWiennersはどうやっていろいろな音楽を吸収してきたのでしょう?

玉屋:正直僕そんなに音楽詳しくないんですよ(笑)。気になってネットで調べてYouTube見たりももちろんしますけど、インターネットで情報を取り入れて形にするっていうよりは、自分の部屋だけで完結してるものだったりするんで。自分の住んでる部屋の中にある面白いものを使って、どれだけのアイデアでこれを面白くするかっていう。MTRとサンプラーとキーボードとアコギとギターとベースがあります、自分の持ってるCDがありますって中で、これをどう使って面白くするかっていう考え方の方が大きい気がします。ツールを使ってじゃなくて、自分のアイデアでどこまで面白くするかってことの方がすごく重要ですね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Wienners<br>
『CULT POP JAPAN』
Wienners
『CULT POP JAPAN』

2010年7月7日発売
価格:1,800円(税込)
WNSR-1

1. !
2. We are the world
3. Cult pop suicide
4. Life education
5. Love the earth,Cosmo Attack
6. Japan holi
7. World over trip
8. Channel #77.7
9. Why can you stand?
10. Go Anti Go
11. Justice 4
12. 龍宮城
13. Blitzkrieg POP
14. Hello,Goodbye
15. Idol

プロフィール

Wienners

地球最後のひみつ道具、2010年この星の平和を取り締まるウルトラ警備隊!カラフルに毒づき、クールにアツい。この世に生きるすべての音楽に敬意を注ぎ、愛をもってデストロイ&クリエイト。神様の悪ふざけ、一か八かの大勝負な創造物。呼ばれてないのに生まれちゃいました!Wienners!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材