特集 PR

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/07

この時代じゃなきゃこんな音楽やってなかっただろうし、もし違う時代にやってても、だれも見向きもしなかっただろうし。

―でも、そこはこだわり? ショート・チューンであるっていうことは。

玉屋:いや、そこは全くこだわりではなくて、ホントはもっと長い曲もあっていいと思うんだけど、でもそれが性に合ってるというか。元々が短いわけではなくて、3分ぐらいある曲を凝縮して1分にしたって感じなんで。

560:一番気持ちいいところで止めようっていう感覚ですね。無駄に長いのは嫌だっていうのもあると思いますけど。

玉屋:僕は前のバンドからこういうことをやってたんで、感覚がずれてるなっていうのはあって。“Idol”をプロデュースしてもらった時も、元々サビが一回しか出てこなくて、転調して終わりだったんですけど、プロデューサーのTGMXさんに「このフレーズすごくいいから、もう一回出てきたら絶対いいと思う」って言われたときに「なるほど!その手があったか!」って目から鱗みたいな。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

―一般的にはものすごく普通のことなのにね(笑)。

玉屋:この4人でやってたら、もう一回繰り返すっていう発想はなかなか出てこないんです。

―でも、その短い曲の中にものすごい情報量が詰め込まれてるのがWiennersの面白いところだと思うんですね。この情報量の多さっていうのは今の時代背景、YouTube以降の情報化社会を反映しているという言い方もできると思うんですけど、実際そういう意識はありますか?

玉屋:多分あるとは思うんです。この時代じゃなきゃこんな音楽やってなかっただろうし、もし違う時代にやってても、だれも見向きもしなかっただろうし。それこそ、3年前でもダメだったと思うんですね。ただ情報化社会、インターネットの普及とかは、そんなに関係ないかな。曲作ってる僕自身がすごいアナログなので(笑)。

ツールを使ってじゃなくて、自分のアイデアでどこまで面白くするかってことの方がすごく重要ですね。

―今の若い人ってYouTubeで色々聴いて、新しいも古いも、ジャンルも関係なく、自分がいいと思う音楽を聴くっていう風になってきてると思う。今20代半ばのWiennersはどうやっていろいろな音楽を吸収してきたのでしょう?

玉屋:正直僕そんなに音楽詳しくないんですよ(笑)。気になってネットで調べてYouTube見たりももちろんしますけど、インターネットで情報を取り入れて形にするっていうよりは、自分の部屋だけで完結してるものだったりするんで。自分の住んでる部屋の中にある面白いものを使って、どれだけのアイデアでこれを面白くするかっていう。MTRとサンプラーとキーボードとアコギとギターとベースがあります、自分の持ってるCDがありますって中で、これをどう使って面白くするかっていう考え方の方が大きい気がします。ツールを使ってじゃなくて、自分のアイデアでどこまで面白くするかってことの方がすごく重要ですね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Wienners<br>
『CULT POP JAPAN』
Wienners
『CULT POP JAPAN』

2010年7月7日発売
価格:1,800円(税込)
WNSR-1

1. !
2. We are the world
3. Cult pop suicide
4. Life education
5. Love the earth,Cosmo Attack
6. Japan holi
7. World over trip
8. Channel #77.7
9. Why can you stand?
10. Go Anti Go
11. Justice 4
12. 龍宮城
13. Blitzkrieg POP
14. Hello,Goodbye
15. Idol

プロフィール

Wienners

地球最後のひみつ道具、2010年この星の平和を取り締まるウルトラ警備隊!カラフルに毒づき、クールにアツい。この世に生きるすべての音楽に敬意を注ぎ、愛をもってデストロイ&クリエイト。神様の悪ふざけ、一か八かの大勝負な創造物。呼ばれてないのに生まれちゃいました!Wienners!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Cakes”

映画『愛がなんだ』の主題歌、Homecomings“Cakes”のMV。ホームパーティーの準備、みんなといるにどこか寂しさを覗かせる横顔や後ろ姿、ひとり片付けをする時間……なんでもない日々の1コマに宿る繊細な感情が、最小限の画面展開と物語、細やかなディティールの積み重ねで描き出されている。ビールはエビスでも金麦でもなく、一番搾り。監督・今泉力哉の手腕が冴え渡る。(山元)

  1. ゆずが踏み出した大きな一歩。22年と310曲を携え前人未到の領域へ 1

    ゆずが踏み出した大きな一歩。22年と310曲を携え前人未到の領域へ

  2. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 2

    『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”

  3. リンダ&マーヤを取材。N'夙川BOYS活動休止以降、どうしてる? 3

    リンダ&マーヤを取材。N'夙川BOYS活動休止以降、どうしてる?

  4. 柄本佑と瀧内公美が抱き合う、白石一文原作映画『火口のふたり』予告編 4

    柄本佑と瀧内公美が抱き合う、白石一文原作映画『火口のふたり』予告編

  5. 「最強の愛犬家」キアヌと犬の絆 『ジョン・ウィック』新作の特別映像 5

    「最強の愛犬家」キアヌと犬の絆 『ジョン・ウィック』新作の特別映像

  6. 渋谷公会堂の新名称は「LINE CUBE SHIBUYA」、こけら落とし公演にPerfume 6

    渋谷公会堂の新名称は「LINE CUBE SHIBUYA」、こけら落とし公演にPerfume

  7. 大原櫻子がドラマ初主演&初主題歌 『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』7月放送 7

    大原櫻子がドラマ初主演&初主題歌 『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』7月放送

  8. 『ワンピ』×ユニクロのコラボTシャツ「ONE PIECE UT」発売 アニメ20周年 8

    『ワンピ』×ユニクロのコラボTシャツ「ONE PIECE UT」発売 アニメ20周年

  9. 磯村勇斗がカリスマホストに 根本宗子×ギャンパレ舞台『プレイハウス』 9

    磯村勇斗がカリスマホストに 根本宗子×ギャンパレ舞台『プレイハウス』

  10. 写真家・木村和平『袖幕』『灯台』巡回展 大阪2会場で同時開催 10

    写真家・木村和平『袖幕』『灯台』巡回展 大阪2会場で同時開催