特集 PR

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/07

この時代じゃなきゃこんな音楽やってなかっただろうし、もし違う時代にやってても、だれも見向きもしなかっただろうし。

―でも、そこはこだわり? ショート・チューンであるっていうことは。

玉屋:いや、そこは全くこだわりではなくて、ホントはもっと長い曲もあっていいと思うんだけど、でもそれが性に合ってるというか。元々が短いわけではなくて、3分ぐらいある曲を凝縮して1分にしたって感じなんで。

560:一番気持ちいいところで止めようっていう感覚ですね。無駄に長いのは嫌だっていうのもあると思いますけど。

玉屋:僕は前のバンドからこういうことをやってたんで、感覚がずれてるなっていうのはあって。“Idol”をプロデュースしてもらった時も、元々サビが一回しか出てこなくて、転調して終わりだったんですけど、プロデューサーのTGMXさんに「このフレーズすごくいいから、もう一回出てきたら絶対いいと思う」って言われたときに「なるほど!その手があったか!」って目から鱗みたいな。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

―一般的にはものすごく普通のことなのにね(笑)。

玉屋:この4人でやってたら、もう一回繰り返すっていう発想はなかなか出てこないんです。

―でも、その短い曲の中にものすごい情報量が詰め込まれてるのがWiennersの面白いところだと思うんですね。この情報量の多さっていうのは今の時代背景、YouTube以降の情報化社会を反映しているという言い方もできると思うんですけど、実際そういう意識はありますか?

玉屋:多分あるとは思うんです。この時代じゃなきゃこんな音楽やってなかっただろうし、もし違う時代にやってても、だれも見向きもしなかっただろうし。それこそ、3年前でもダメだったと思うんですね。ただ情報化社会、インターネットの普及とかは、そんなに関係ないかな。曲作ってる僕自身がすごいアナログなので(笑)。

ツールを使ってじゃなくて、自分のアイデアでどこまで面白くするかってことの方がすごく重要ですね。

―今の若い人ってYouTubeで色々聴いて、新しいも古いも、ジャンルも関係なく、自分がいいと思う音楽を聴くっていう風になってきてると思う。今20代半ばのWiennersはどうやっていろいろな音楽を吸収してきたのでしょう?

玉屋:正直僕そんなに音楽詳しくないんですよ(笑)。気になってネットで調べてYouTube見たりももちろんしますけど、インターネットで情報を取り入れて形にするっていうよりは、自分の部屋だけで完結してるものだったりするんで。自分の住んでる部屋の中にある面白いものを使って、どれだけのアイデアでこれを面白くするかっていう。MTRとサンプラーとキーボードとアコギとギターとベースがあります、自分の持ってるCDがありますって中で、これをどう使って面白くするかっていう考え方の方が大きい気がします。ツールを使ってじゃなくて、自分のアイデアでどこまで面白くするかってことの方がすごく重要ですね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Wienners<br>
『CULT POP JAPAN』
Wienners
『CULT POP JAPAN』

2010年7月7日発売
価格:1,800円(税込)
WNSR-1

1. !
2. We are the world
3. Cult pop suicide
4. Life education
5. Love the earth,Cosmo Attack
6. Japan holi
7. World over trip
8. Channel #77.7
9. Why can you stand?
10. Go Anti Go
11. Justice 4
12. 龍宮城
13. Blitzkrieg POP
14. Hello,Goodbye
15. Idol

プロフィール

Wienners

地球最後のひみつ道具、2010年この星の平和を取り締まるウルトラ警備隊!カラフルに毒づき、クールにアツい。この世に生きるすべての音楽に敬意を注ぎ、愛をもってデストロイ&クリエイト。神様の悪ふざけ、一か八かの大勝負な創造物。呼ばれてないのに生まれちゃいました!Wienners!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡