特集 PR

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/07

何と何を足した時に、どれだけすごいものにできるか、日本人的センスって、そういうアイデアってことだと思いますね。

―じゃあ改めて、アルバムのタイトルのことを聞きたいんですけど、『CULT POP JAPAN』って「JAPAN」って単語を使ってるでしょ? 例えばthe telephonesが08年に出した『JAPAN』っていうアルバムには、ある種の洋楽コンプレックスが背景にあって、日本人だって面白い音楽を作れるんだっていう意気込みが表れてる。そういうものもある中で、Wiennersが「JAPAN」という単語を使う意味は何なのでしょう?

玉屋:このタイトルは、「CULT」と「POP」っていうかけ離れたものを消化して、日本人のセンスで吐き出すっていう意味なんですね。誇りとまでは言わないけど、自分たちが日本人だという意識はすごくあるし、海外の最先端の音楽が日本に流れてきてるのかもしれないけど、でも日本にもすごく面白いバンドがいっぱいいるし、それは他の国と変わらないと思うんです。そういう日本人のセンスっていう意味での「JAPAN」ですね。

―日本人って海外の人と比べて0から1を作り出すのは苦手だけど、1+1を2じゃなくて10にするのは得意だったりするでしょ? そういう意味でWiennersは日本的だなって思うんですよね。

玉屋:そうですね、日本的な発想かもしれないですね。音楽をやる上でアイデアってめちゃめちゃ重要だと思うんです。何と何を足した時に、どれだけすごいものにできるか、日本人的センスって、そういうアイデアってことだと思いますね。まあ、ここまで喋ってなんなんですけど、ただ単純にインパクトがあるからつけたっていうのが一番大きいんですけどね(笑)。

アンダーグラウンドの中に「メジャーとか売れるのはナシ」っていう無意識の線が引かれてるとしたら、すごい勿体無いなって。

―まあ、そういうものだよね(笑)。じゃあ、最後の質問です。Wiennersには明確にパンクっていう出自があって、今っていう時代はインディでもDIYで音楽活動ができる時代だったりする。そんな中で、Wiennersがメジャーで活動する意義をどう考えますか?

玉屋:それはメジャーから出すことになった時にすごく考えましたね。もちろん僕はパンク〜ハードコアのシーンで育ってるし、今でもすごい好きなんだけど、それだけに留まっていたくないというか、どうせやるなら一番でかいことをやれるところから出そうって思ったんです。DIYに対するアンチテーゼじゃないですけど、アンダーグラウンドの中に「メジャーとか売れるのはナシ」っていう無意識の線が引かれてるとしたら、すごい勿体無いなって。もちろん、アンダーグラウンドに留まってやってる素晴らしいバンドはいっぱいいるし、それはそれで素晴らしいことなんだけど、それとは別にこういうバンドがいても面白いかなっていう。シーンを変えるとかっていうのは自分がやることではないと思っていて、こういうバンドがメジャーから出して売れることによって、「こういう面白いことがあるんだ」って気づいて、面白い音楽を作る人がどんどん増えてくれば、それが僕の理想ですね。

560:Wiennersは自分たちがどこまでやれるのか全力で試そうっていうのが元々あったんで、自分たちらしくやれる場所であれば、それがインディーズでもメジャーでもよくて。Wiennersをパンク・バンドとして見てる人からは「ファーストアルバムでいきなりメジャーか」って言われたりもするけど、俺的にはWiennersがパンク・バンドである必要はないっていうか、WiennersはWiennersだから、自分たちのやり方でやれればそれでいいんです。

玉屋:どこから出すかじゃなくて、何を出すかの方が重要だっていうことをわかってもらいたいというか、結局は音楽をやってるわけであって、それ以外のことに目が行き過ぎる人がいっぱいいるのかなって。音楽業界で働いてる人、バンドをやってる人からすればしょうがないかもしれないけど、でも音楽が面白いか面白くないかが一番重要であって、それ以前にメジャーどうこうっていうのは違うと思って。さっき560が言ったみたいにパンク・バンドだとも思ってないけど、逆に「メジャーなんで」って切り捨てる人こそファッション・パンクだと思う。パンクってそういうことじゃないっていうことが、少しでも伝わればいいと思いますね。

Page 4
前へ

リリース情報

Wienners<br>
『CULT POP JAPAN』
Wienners
『CULT POP JAPAN』

2010年7月7日発売
価格:1,800円(税込)
WNSR-1

1. !
2. We are the world
3. Cult pop suicide
4. Life education
5. Love the earth,Cosmo Attack
6. Japan holi
7. World over trip
8. Channel #77.7
9. Why can you stand?
10. Go Anti Go
11. Justice 4
12. 龍宮城
13. Blitzkrieg POP
14. Hello,Goodbye
15. Idol

プロフィール

Wienners

地球最後のひみつ道具、2010年この星の平和を取り締まるウルトラ警備隊!カラフルに毒づき、クールにアツい。この世に生きるすべての音楽に敬意を注ぎ、愛をもってデストロイ&クリエイト。神様の悪ふざけ、一か八かの大勝負な創造物。呼ばれてないのに生まれちゃいました!Wienners!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影