特集 PR

偽りなき振付 アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルに聞く

偽りなき振付 アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルに聞く

インタビュー・テキスト
上野房子

音楽と身体の関係を妥協せずに探求し、現代ダンスをリードし続ける俊才アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル。純粋で流麗なムーヴメントで観客を魅了するかと思えば、ダンスと音楽を拮抗させ、 視覚と聴覚をラジカルに刺激する。そんな稀有な振付家である彼女が、今秋に日本で上演する新作『3Abschiedドライアップシート(3つの別れ)』は、フランス人振付家ジェローム・ベルとタッグを組んだ共作だ。グスタフ・マーラーの『大地の歌』の最終楽章「告別」に取り組んだという本作は、ケースマイケルのソロダンスがアンサンブル・イクトゥスとメゾ・ソプラノによる演奏に介入し、ジェローム・ベルが割り込んで徐々に型破りな「告別」が繰り広げられるというもの。芸術監督を務める「ローザス」とはひと味違った作品になりそうだ。このたび本作の見どころや、振付家としての信念などについて幅広くお聞きした。

(インタビュー・テキスト:上野房子)

なぜ魅了されるのか分からないほどタフな音楽

─ケースマイケルさんの作品が日本で上演される毎に、ダンスと音楽が濃密かつ多彩な関係を築いていることに驚かされます。今回の日本公演で上演する『3Abschiedドライアップシート(3つの別れ)』では、なぜマーラーの『大地の歌』を選ばれたのですか。

アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル(以下AD):思い出せないくらい昔から耳に馴染んでいる音楽だからです。でも、この曲に振り付けよう、という気持ちは湧かなかった。私は様々な音楽で作品を作ってきたけれど、19世紀のロマン主義の音楽は、 シェーンベルクの『浄められた夜』を振り付けた程度で、ほぼ回避しています。音楽に則して振り付ける手法は、いうなればロマンチックなやり方。だからロマン主義の音楽を使うと、くどい、というか同じことの積み重ねになってしまうので、食指が動かなかったのでしょうね。

偽りなき振付 アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルインタビュー
©Herman Sorgeloos

ところがある時『大地の歌』を聴き直した時に、私のなかで何かが起こり、この音楽を再発見したような衝撃を受けた。とりわけ最終楽章の「告別」に心を揺り動かされ、この曲にもっと近づきたい、という気持ちになったんです。

─本作のコンセプトは、フランス人振付家ジェローム・ベルとの共作ですね。

AD:当初、私は自分ひとりで創作を進めていました。 いかに「告別」をダンスにすべきか、この音楽が描き出す世界をダンスにすべきかと問い続けました。時に情緒過多と呼びたくなるくらいに様々な情緒を呼び醒ますこの音楽とダンスの関係を、新たな方法で問うことが必要だったんです。

ところが、なぜこれほどまでにこの音楽に魅了されるのか、いくら自問自答を繰り返しても核心にたどりつけない、もどかしい状態に陥ってしまった。『大地の歌』を振り付けることを決心したものの、これは、とてもタフな音楽だったんです。そこで、ジェローム・ベルに協力してもらうことにしました。

Page 1
次へ

イベント情報

アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル+アンサンブル・イクトゥス
『3Abschiedドライアップシート(3つの別れ)』

2010年11月6日(土)、11月7日(日)
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
時間:各日とも15:00〜(上演時間約90分、途中休憩なし)
演奏:アンサンブル・イクトゥス
音楽:グスタフ・マーラー(アルノルト・シェーンベルク編曲)『大地の歌』より最終楽章「告別」
指揮:ジョルジュ=エリ・オクトール
ダンス:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
メゾ・ソプラノ:サラ・フルゴーニ
ピアノ:ジャン=リュック・ファフシャン
料金:一般S席6,000円 A席4,000円 学生A席2,500円(全席指定)
※6日公演終了後、ジェローム・ベルによるポスト・トークを開催

愛知公演
2010年10月30日(土)17:00開演
2010年10月31日(日)14:00開演
会場:愛知県 愛知芸術文化センター 大ホール

静岡公演
2010年11月2日(火)19:00開演
会場:静岡県 静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ 中ホール

プロフィール

ローザス芸術監督。モーリス・ベジャールのムードラ(ブリュッセル)、ティッシュ・スクール・オブ・アーツ(NY)で学ぶ。1983年、ムードラで学んだ4人の女性ダンサーでローザスを結成し、『ローザス・ダンス・ローザス』でデビューを飾る。音楽と身体の構造的関係を探究しつつ常に刺激的な作品を発表し続け、名実共に世界をリードする。2004年、細川俊夫作曲、大野和士指揮によるオペラ『班女』の演出を手がけるなど、旺盛な創作活動を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業