特集 PR

謎に包まれた女の子3人組「さよならポニーテール」について

謎に包まれた女の子3人組「さよならポニーテール」について

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)

Myspaceを主な活動の場としている「さよならポニーテール」という謎の音楽グループがいる。手書きイラストによる女の子キャラ3人組という、何か裏がありそうな匂いのするグループなのだが、そんなことはどうでも良くなってしまうくらい、胸をキュンと締めつける素晴らしい音楽を聴かせてくれる。音楽以外にも、PVやイラスト、そして何よりもこのグループの世界観、全てにおいて素人とは思えないクオリティーの高さ。まだ音源もリリースしていなければ、ライブすら行っていないこの「さよポニ」って何者なのか。好奇心をかき立てられ、CINRA主催の音楽イベントにお誘いしてみたのだけれど、これもしっかりはぐらかしてくる。こうなってはもう、好奇心は収まらない! せめて「さよポニ」って何なのか教えて欲しい。その熱意が伝わったのかは今でも分からないが、何とか取材に応じてもらうことはできたのだった。

(インタビュー・テキスト:柏井万作)

「さよポニ」は音楽というより、音楽を中心とした「物語」

 

―とても謎な設定だし、世界観やルールも徹底してる感じがするんですが、実際にはどんなメンバー構成で、どのように曲作りなどの活動をしているんですか?

みぃな:わたしは、今は基本的には歌を歌ってるということで「さよポニ」の中心にいるイメージかもしれないけど、他のふたりも楽器も弾くし、歌も歌うし、今後はわたし以外の他のふたりのボーカルの曲もどんどん披露しようと思ってるんで、あくまでも「さよポニ」の一員っていう感じの立場ですね。それに、ゆりたんやクロネコ以外にもまだ登場していないメンバーもいるんで、そういう意味では仲間というかチームっぽいのかなって。

ゆりたん:そうだね。わたしはイラストを描いたり、ツイッターでつぶやくことで、「さよポニ」がやりたい世界観をわかりやすく伝えるっていう意味では一見フロントマンっぽいけど(笑)、でも音楽の部分では一切、関わってないっていう(笑)。だから「神さま」という名前の役職をもらってます。でも、曲が仕上がってくるのとか、ホントに楽しみだし、バンドのメンバーの一員みたいな感覚で参加できてるのは純粋に楽しい。

クロネコ:「さよポニ」の音楽や活動などをアウトプットするのには「ゆりたん」の妄想フィルターを通さないといけないっていうのが「さよポニワールド」のひとつのルールなんだけど、そういうルールとか設定だけは、最初にかなり決めてるんだニャ〜。

謎に包まれた女の子3人組「さよならポニーテール」について

上段:左から、みぃな、なっちゃん、あゆみん
下段:左から、ゆりたん、クロネコ、324P


―なるほど、ゆりたんは本当に「神さま」なんですね。

みぃな:そう。だから分かりやすく言うと、今はまだ、ゆりたんの妄想の世界の越しで活動してる感じかなぁ。

クロネコ:「さよポニ」は音楽というよりは音楽を中心とした「物語」なんだニャ〜。だから「さよポニ」の音楽だけを純粋に楽しむ人もいていいと思うし、もっとその先にある設定や物語、ネタなんかを楽しめば数倍面白くなると思う。

 

(クロネコさんは)ドジキャラだから、ゆりたんに怒られてばっかりで、そのうち消されるかも(笑)。

 

―それで、クロネコさんはどういう立ち位置なんですか?

クロネコ:おいら? この喋り方からして一番メンドクさい設定キャラだよね。そもそも人間じゃねーし。プロデューサーっていうか、影の黒幕っぽい存在なんだけど、ネコだから親しみやすいみたいな感じかニャ〜。

みぃな: “思い出がカナしくなる前に”のPVを撮ってたら、クロネコさんが周りをうろうろしてて、そのまま離れなくなっちゃったの。でも、ドジキャラだから、ゆりたんに怒られてばっかりで、そのうち消されるかも(笑)。

クロネコ:そういう設定らしい(笑)。でも、おいらは今の所、唯一の「さよポニワールド」の語りべの立場だから責任は重大だニャ〜。

みぃな:そういう意味では、クロネコさんも「さよポニ」っていう物語の大切な登場人物だから、今こうして一緒に取材を受けてるんだよね。

クロネコ:そうだニャ〜。

Page 1
次へ

プロフィール

さよならポニーテール

みぃな、なっちゃん、あゆみんの女の子3人組と、その仲間達が繰り広げる音楽を中心としたグループ。その実体や編成は謎に包まれていて、いくつかのパラレルワールドが同時に進行していく。あらゆるカルチャーを自在に横断する、テン年代における新しいスタイルの「音楽」の在り方(なのかも)!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業