特集 PR

わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)×平間至(写真家) 対談

わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)×平間至(写真家) 対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

CDが売れないからといって、人と音楽が離れていってるわけじゃないと思う。

―では最後に改めて、『ニューレコード』に込めた想いを聞かせていただけますか?

わたなべ:リアルな話としてCDが売れないっていうのがあって、街の写真屋さんもデジタルに対応しようと色々工夫してがんばってる。僕が今ミュージシャンとしてできることは、『ニューレコード』っていう新しいアルバムに、音楽が大好きで、CDを作ることが楽しくて、バンドをこれからも続けたいというピュアな気持ちを、そのまま音楽として詰め込んで、今のシーンにアピールすることなんじゃないかと思って。デジタルプレイヤーとCDの音の差とかって、きっと若い子たちからしたらそんなに大差ないと思うかもしれないけど…。

平間:でも経験しないとわからないじゃないですか? 本物に出会わないと、偽物もわかんない。そこで選ぶのは自由だし、それはどうにもできないじゃないですか? でもいいものを作ったり見せていくことで、ちゃんと比べたらどっちがいいかは多分わかるわけで、それを1人1人がやっていけたらすごくいいですよね。でも今回の音なんかは、みんなわかりますよ。iPodに入っても、MP3になっても、伝わる音のよさが絶対あると思う。

わたなべ:すごく嬉しいです。ありがとうございます。僕らとしてやれることは、音楽が大好きだっていうことを音楽で表現することぐらいだと思ったんですよね。さっきのCDが売れないって話もそうですけど、若い子がギターを欲しいと思わないとか、フィルムのカメラを欲しいと思わないのは寂しいじゃないですか? 夢がないって思われるのは寂しいので、なるべく僕らがかっこつけて、夢が見られるような状態にしておきたいんです。

―音楽人口にしても写真人口にしても、きっと増えてるはずですもんね。

わたなべ:デジタルプレイヤーの普及で音楽は身近になったと思うんです。CDが売れないからといって、人と音楽が離れていってるわけじゃないと思う。フィルムのカメラを使ってないからといって、写真というものに興味がないわけではない。だから希望はあると思うんですよ。その人口が広まった人たちが、フィルムカメラだったり、CDとかアナログレコードに興味を持ってくれれば、どんどん広がっていくと思うんですよね。

Page 4
前へ

イベント情報

ONENNIVERSARY TOUR
『〜あらためまして、こんにちは。〜』

2010年11月13日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:福岡県 福岡 DRUM SON

2010年11月14日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:広島県 広島 ナミキジャンクション

2010年11月16日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:香川県 高松 DIME

2010年11月18日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 池下 CLUB UP SET

2010年11月19日(金)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2010年11月21日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

『「ニューレコード」発売インストアイベント』

2011年2月5日(土)START 15:00
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース

2011年2月6日(日)START 13:00
会場:東京都 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース

2ndALBUM『ニューレコード』発売記念
『最新記録ツアー2011』

2011年3月19日(土)
会場:福岡県 DRUMSON

2011年3月20日(日)
会場:広島県 MUSIC CUBE11

『SANUKI ROCK COLOSSEUM』
2011年3月21日(月・祝)
会場:香川県 高松 会場未定

2011年3月24日(木)
会場:新潟県 GOLDENPIGS BLACKSTAGE

2011年3月25日(金)
会場:宮城県 仙台 パークスクエア

2011年3月27日(日)
会場:北海道 札幌 ベッシ―ホール

2011年4月23日(土)
会場:愛知県 名古屋 ell.FITS ALL

2011年4月24日(日)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2011年5月5日(木・祝)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

リリース情報

D.W.ニコルズ<br>
『ニューレコード』(CD+DVD
D.W.ニコルズ
『ニューレコード』(CD+DVD)

2011年1月26日発売
価格:3,000円(税込)
AVCH-78025/B

1. バンドマンのうた
2. あの街この街
3. 一秒でもはやく
4. チャールストンのグッドライフ
5. 大船
6. 風の駅
7. HAVE A NICE DAY!
8. 2つの言葉
9. レム
10. Ah!Ah!Ah!
11. beautiful sunset
[DVD収録内容]
・一秒でもはやく
・あの街この街
・『ONENNIVERSARY TOUR 〜あらためまして、こんにちは。〜』@渋谷CLUB QUATTROライブ映像
・特典映像

プロフィール

D.W.ニコルズ

D.W.ニコルズ
05年9月わたなべだいすけ(Vo&Ag)、千葉真奈美(Ba&Cho)が中心となり結成。07年3月 鈴木健太(Eg&Cho)、岡田梨沙(Drs&Cho)が加わり、現在の4人編成に。一瞬聞き返してしまいそうな…聞いた事がある様な…。バンド名は、「自然を愛する」という理由から、D.W.=“だいすけわたなべ”が命名(C.W.ニコル氏公認)。09年9月9日に『マイライフストーリー』でメジャーデビュー、11年1月26日にアルバム『ニューレコード』を発表。また、毎週木曜日にMyspaceにて『DWのUST』を生放送し、毎回様々な事を発信中。

平間至

1963年生まれ。宮城県塩竈市出身。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、写真家イジマカオル氏に師事。一連のTOWER RECORDS「NO MUSIC,NO LIFE」の広告の他、多数のアーティストのCDジャケット等を手掛ける。近年では、舞踊家田中泯の「場踊り」シリーズをライフワークとして撮り続け、世界との一体化を感じさせるような作品制作を追及している。また、2009年にはレンタル暗室とギャラリーを兼ね備えたスペース「PIPPO」をオープン。写真と人との繋がりの場を目指し、ワークショップを行ったり、塩竈フォトフェスティバルを開催するなど、写真普及の活動にも力を入れている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優