特集 PR

許された現実逃避 シグナレス インタビュー

許された現実逃避 シグナレス インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/02/04

夜景とかはロマンチックやと思わないんですよ。人間の罪悪感しか感じないですよね(笑)。

―やはり直接的過ぎない表現、聴き手に余白を残すっていうのはお2人の共通点であり、シグナレスの色だと言っていいのかもしれませんね。

池永:確かにそうですね。決めない、押し付けない。

―「これだ」っていうのを提示する音楽ではないというか。

池永:声高らかに言う感じではないですね。ゆーきゃんがちっちゃな声でボソッと歌うのって、すごくロマンチックやなって。そう、ロマンチックな感じは結構テーマにありましたわ。夜景とかはロマンチックやと思わないんですよ。人間の罪悪感しか感じないですよね(笑)。昨日、なんかものすごい時計の音が聞こえる日やったんですよ。チックチックタックみたいな音が耳につく日って、なんかロマンチックじゃないですか? そういう意味合いでのロマンチックさって、宮沢賢治にも当てはまるんですよ。『銀河鉄道の夜』とかね、ああいうものすごい物悲しいロマンチックさ。

―うん、そういう感じはすごくします。

池永:『NO SIGNAL』っていうタイトルも、ないことのロマンチックさ、欠けてるから、足りないからこそ見えてくるもの、聴こえてくるもの、そういうものってロマンチックだなって。クラブで朝3時にものすごいメランコリックなハウスの曲がかかったりすると、明日も仕事やのに、でも帰りたくない、この場から消えたくないって思う、そういうロマンチックさを出したいなって。何故それがロマンチックかっていうと、翌日に仕事があるからなんですよ。仕事がなくって、そのままずっと踊っていられるならロマンチックじゃないんですね。帰る場所があって、明日から現実が始まる、だからこそドリーミーな今がロマンチックになっていくっていう。

ゆーきゃん:万葉集に出てくる、防人の歌や東歌がすごく好きなんです。「故郷に帰りたい」「どうしてこの子がこんなにいとおしいんだろう」、ただそれだけの歌なのに、背景がその奥でものすごく鳴っているから、いっそう美しく聴こえます。何かを言うっていうことには、時代の苦しみや悲しみ、自分の置かれてる状況が全部くっついてくると思うので、それをわざわざ言う必要はなくって。「秘すれば花」というか、隠してるものによって輝くっていうことがすごくあると思うんですね。シグナレスはそれだと思います。シグナルが鳴ってない部分にある、信号に変えられない輝きみたいなものが大事な気がします。

池永:物悲しくてやりきれないんじゃなくて、その悲しさがキラキラに昇華されたとき、すごいロマンチックなものになる。でもそれは嘘だよ、夢だよっていう。現実はもっと厳しいよって。でも厳しさを知ってるからこそ、逃避してもいいと思うんですよ。何もない希望に対して頑張るよりは、音楽ぐらい逃避してもいい。それをドリーミーなキラキラしたポップに落とし込む、そっちの方がいいじゃんっていう。『NO SIGNAL』って、そういうアルバムなんじゃないかな。

Page 4
前へ

リリース情報

シグナレス<br>
『NO SIGNAL』
シグナレス
『NO SIGNAL』

2011年2月2日発売
価格:2,300円(税込)
FCT-1007

1. y.s.s.o.
2. ローカルサーファー(Album ver.)
3. 太陽の雨
4. パレード
5. LOST
6. 風
7. 星の唄
8. ローカルサーファー(やけのはらREMIX)

プロフィール

シグナレス

シンガー・ソング・ライター「ゆーきゃん」と、エレクトロ・ダブ・ユニット「あらかじめ決められた恋人たちへ」のリーダーであるピアニカ奏者/トラックメイカーの池永正二を中心としたプロジェクト。2010年、ライブハウスやクラブといった従来の枠組みから飛び出し(はみ出し)、オフィス、映画館、Tシャツショップなどでのショウをスタート。10年12月、12インチ・ヴァイナル『local surfer』をJET SETよりリリース、300枚の限定プレスは発売前にすべて出荷終了。そしてついに11年2月、felicityよりファーストアルバム『NO SIGNAL』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」