特集 PR

スーツケースに思い出を詰めて エミ・マイヤー インタビュー

スーツケースに思い出を詰めて エミ・マイヤー インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2011/03/10
  • 0
  • 2

これまでにShing02やJazztronikとの共演を重ね、その温かみのある可憐な歌声や、ジャズを基調としながらも、多文化的な要素を含んだ音楽性、英語と日本語のそれぞれの可能性を追求する独自の詞世界が高い評価を獲得しているシンガーソングライター、エミ・マイヤー。新作『スーツケース・オブ・ストーンズ』は、全編が英語詞で統一され、ミックスエンジニアにノラ・ジョーンズらを手がけるハスキー・ハスコルズを迎えて制作された話題作。Cool Wise ManやThe Shanghai restoration projectとのコラボ曲を収録したボーナストラックからもわかるように、彼女の音楽はさまざまな人や文化との出会いから生まれ、その経験が未だ20代前半、曲作りを始めてから5年ほどの彼女を急速に成長させている。彼女の歌声がもっと多くの人に届くのも、時間の問題ではないだろうか。

ジャズは色々な音楽だけではなく、文化にもアクセスできる「言語」

エミ・マイヤーは日本人の母とアメリカ人の父の間に京都で生まれ、1歳になる前にシアトルに渡り、これまでの人生の大半をアメリカで過ごしている。幼少の頃にクラシックピアノを始め、中学でジャズに傾倒、カリフォルニアの大学に入学する前後には自分で曲を作り始め、大学の夏休みを使って録音したファースト『キュリアス・クリーチャー』を2007年に発表した(日本では2009年に発売)。この作品は全編英語詞で、ジャズを基調としたクラシカルなポップスを中心としているが、エミは大学で「民族音楽学」を専攻するなど、さまざまな音楽への関心を持っている。

「民族音楽学の授業では、インドやアフリカの曲を習ったり、人類学的な面も勉強しました。音楽の見方、そしてさまざまな国と文化のミュージシャンと交流することに興味を持ちましたね。Shing02の歪曲バンドに参加して、薩摩琵琶や和太鼓と演奏したり、民族楽器とピアノでセッションを経験できたことも嬉しかったです。これからも、レコーディングやライブで色々な楽器を取り入れていくことが楽しみです」

スーツケースに思い出を詰めて エミ・マイヤー インタビュー
エミ・マイヤー

僕が初めて「エミ・マイヤー」の名前を知ったのも、やはりShing02を通じてだった。『キュリアス・クリーチャー』の制作後、京都に留学し、「シアトル‐神戸ジャズ・ボーカリスト・コンペティション」で優勝したことが、本格的に日本での活動を開始するきっかけとなっているのだが、この留学中に出会ったのが、バイリンガルラッパーのShing02。彼は東京で生まれ、さまざまな国での生活を経て、15歳からカリフォルニアで生活するという、エミにも通じるバックグラウンドを持っていたこともあって、2人は意気投合した。エミはShing02が2008年に発表した『歪曲』に参加し、「歪曲バンド」の一員としてツアーにも同行している。

そして、日本語で曲を書き始めた時にShing02のサポートもあって制作されたのが、『キュリアス・クリーチャー』の日本盤にボーナストラックとして収録された“君に伝えたい”であり、さらにそれを発展させ、全編Shing02とのコラボレーションで制作された日本語アルバムがセカンド『パスポート』である。東京、サンフランシスコ、ブラジルのバイーアで録音され、ボサノバやレゲエの要素も含んだ多文化的な作風は、国を越えて活動をするエミとShing02らしいと言えるだろう。また、エミはこういった他ジャンル・他文化に触れる際、ツールとしてのジャズの存在が大きいのだと言う。

「ブラジルで『パスポート』のオーバーダブを録音した際に、サルバトールのジャズフェスティバルで“ルース”(『スーツケース・オブ・ストーンズ』に収録)を演奏したのですが、その時の即興セッションは凄い刺激になりましたね。言葉が通じなくてもジャズを通して触れ合うことができ、“ルース”のアルバムバージョンはそのときのアレンジを再現しようとしました。色々な音楽だけではなく、文化にもアクセスできる「言語」だと思います」

ジャズという言語を用いて、さまざまな人や文化と出会うこと。これこそが、エミの音楽活動の根本にあるのは間違いないだろう。

2/3ページ:自分の中の声を本当に大切にしないと迷ってしまいますね。

Page 1
次へ

リリース情報

エミ・マイヤー『スーツケース・オブ・ストーンズ』
エミ・マイヤー
『スーツケース・オブ・ストーンズ』

2011年3月9日発売
価格:2,940円(税込)
PLANKTON / VITO-107/108

[DISC1]
1. マスター・ピース
2. トゥ・ザ・ウッズ
3. ハッピー・ソング
4. ザ・リターン
5. クリストファー
6. スーツケース・オブ・ストーンズ
7. イフ・ウィ・ワー・ツリーズ
8. ルース
9. イェスタデイズ・レイン
[DISC2]
1. ジャマイカ・ソング(スカ・ヴァージョン)
2. ア・サマー・ソング(イングリッシュ・ヴァージョン)
3. ア・サマー・ソング(ジャパニーズ・ヴァージョン)
4. ア・ウィンター・ソング(イングリッシュ・ヴァージョン)
5. ア・ウィンター・ソング(ジャパニーズ・ヴァージョン)
6. ドレミファ
7. フレンドリー・フェイス

イベント情報

『Tour Suitcase of Stones』

『お花見 World Beat』
2011年4月2日(土)
会場:東京都 上野恩賜公園野外ステージ

『GREENROOM FESTIVAL 11』
2011年5月21日(土)
会場:神奈川県 横浜 赤レンガ地区野外特設会場

2011年5月25日(水)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn

2011年5月27日(金)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2011年5月28日(土)
会場:静岡県 焼津市文化センター 小ホール
出演:
エミ・マイヤー
山口洋

2011年5月29日(日)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

『シソコ&セガール ライブ』
2011年5月31日(火)
会場:長崎県 佐世保 アルカスSASEBO イベントホール

2011年6月1日(水)
会場:福岡県 Gate's 7

『頂2011 feel the groove MUSIC & CAMP』
2011年6月4日(土)
会場:静岡県 吉田公園

2011年6月5日(日)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:
エミ・マイヤー
Schroeder-Headz(オープニングアクト)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』開催記念 林正樹氏サロン・コンサート『響き合う色と形』より“魔術師ホトクト”

画家オットー・ネーベルにより1934年に描かれた絵画『魔術師ホトクト』から音楽家・林正樹がインスピレーションを受けて生み出された演奏。まざまざと感じる、その表現の豊かさ。絵画に込められた情感が、時を隔てて現実の世界にじんわりとにじみ出てくるようだ。音を先行して聞くと、この絵画にどんなイメージを抱くだろう? もしくはその逆はどうだろうか。紹介動画のなかに、インスピレーション元となった絵画も登場するので是非、ご自身の感覚を確認してほしい。Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』は12月17日まで。(宮原)

  1. 成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開 1

    成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開

  2. 「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催 2

    「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催

  3. 濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも 3

    濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも

  4. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 4

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  5. 井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集 5

    井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集

  6. 加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場 6

    加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場

  7. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 7

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  8. 167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』 8

    167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』

  9. 柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展 9

    柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

  10. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 10

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」