特集 PR

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/03/30

メンバー3人全員が日本人とフランス人のハーフ。それぞれが端正な顔立ちを持ち、バンド活動の一方で役者やモデルとしても活躍…というプロフィールはひとまず脇に置いて、まずは英語とフランス語と日本語がミックスされたオリジナリティの高い楽曲と、LADY GAGAのマスクを手がけたことでも知られる小島穣二をはじめとしたデザインチームとのコラボレーションによる鮮烈なビジュアルを、耳で、目で、体で体感してほしい。昨年6月にメンバーの脱退を経験し、結成当初の幼馴染3人組に戻ったDUSTZが放つ約1年半ぶりのシングル『Criez』は、まさに新章の幕開けを告げる1枚。フランス語で「叫べ」を意味する『Criez』は、再び動き出した彼らの産声であると同時に、無欲な同世代への覚醒を促すシュプレヒコールでもあるのだ。さあ、今こそ叫び出せ! Criez!

監督も脚本も演者も全部やれるっていう意味で、バンドはいいなって思ったんです。

―バンドを組んだのが2005年で、Rayくんがきっかけだったみたいだけど、その頃にはもう役者もやってたわけだよね? でも、どうしても音楽をやりたかったの?

Ray:一番最初のキッカケは学園祭でチャリティライブをやろうって話だったんです。ちょうど音楽を聴き始めて、バンドかっこいいって思っていた頃だったんで、2人を誘ってバンドを始めたんですよ。

―それは2005年よりも以前にってことだよね?

Ray:以前です。ちょうどその後すぐに事務所に入ったんですけど、役者の表現活動が面白くて毎日がただ夢中で。それで、「あ、俺音楽やりたいんだった」って気づいたのが2005年です(笑)。それですぐ2人に連絡して。

―(笑)。でも、役者としても順調にキャリアを積んでいたなかで、それでも音楽に戻ってきたのは何故?

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー
Ray

Ray:役者って、もらった役に合わせて、自分とは別人を演じるじゃないですか? もちろん、役に自分のキャラクターだったり、自分がやる意味をつけたりするんですけど、100%自分ではないんですよね。それに、映画は監督のものだったりするけど、バンドは監督も脚本も演者も全部自分でやれるのがいいなって思ったんです。


―連絡を受けた2人はどうしたの?

Gus:俺は1週間待ってくれって。Rayはもう芸能の世界に入ってる人だったんで、自分が一緒にどういう風にやっていくか想像つかないじゃないですか? なのでよくいろいろ考えた上で、自分の中で決心しました。俺も音楽好きだし。

―KenTくんは?

KenT:そのときはやりたいことも決まってなかったんで、「いいよ」って速攻で言っちゃいましたね。

―KenTくんもモデルとして活躍しているけど、音楽活動とモデルの活動に関しては、どう気持ちを切り替えてるの?

KenT:マイペースなんで、あんまり気にしてないんですよ。言われたこと、できることをやってるって感じですね。

―Gusくんも音楽以外に何かやってるの?

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー
Gus

Gus:僕はいまのところ音楽だけですね。

―じゃあ逆に2人のことをどう見てる?

Gus:めちゃめちゃ器用だなとしか思えないです。俺は多分できないっすね。学業も高校で飽きたっていうか、「もういいかな」って(笑)。でも、音楽はずっと好きだったんです。親のお陰もあって、小さい頃からいろんなライブに連れてってもらったりとか、わりと音楽が身近にあったっていうのも大きいですね。


―漠然と音楽の方向に進めたらなっていうのはあった?

Gus:ありましたね。お金にできるできないは別として、趣味でも絶対やってたかなって思います。

2/4ページ:他の人に出せないものを作るしか表現者として生きる道はないんだろうなって。

Page 1
次へ

リリース情報

DUSTZ『Criez』
DUSTZ
『Criez』

2011年4月6日発売
価格:1,200円(税込)
ESCL-3484 / Epic

1. Criez
2. Swallow

プロフィール

DUSTZ

2009年『Break & Peace』でメジャーデビュー。同年、フランスの音楽祭に招聘され、数千人を動員する。2010年ドラムが脱退、メンバー全員が日仏ハーフに。世界的なクリエイティブチームによる新キービジュアルを発表し、音楽業界のみならずファッション業界でも大反響を呼ぶ。2011年4月『Criez』をリリース。フランス語×英語×日本語で展開される新世代ハイブリッドロックの誕生。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる