特集 PR

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/03/30

全てが揃ってることによって、無欲になってると思うんです。

―確かに、ヨーロッパっぽい雰囲気もありつつ、能面のようにも見えなくもないなあ。さっきも言ったけど、やっぱり近い世代で新しい価値観を見せたいっていうのもあったのかな?

Ray:同年代で固めたいってわけではなくて、僕らの世代で感じることって…すごいデカイ話になりますけど…。

―どうぞ、ぜひ。

Ray:なんでラルクとか一世を風靡したバンドの次が、僕らの世代から出て来ないんだろうって考えたときに、僕らの世代にはやっぱり向上心がないと思うんです。便利過ぎて、何でも与えられて生きてきてるんで。それって僕らの世代にしかわかんないことだと思うんですけど、与えられ過ぎてることの不幸っていうか、もちろんありがたいことなんですけど、全てが揃ってることによって、無欲になってると思うんです。

―なるほど。

Ray:なんとなく大学にいって、なんとなく就職できるところに就職して、好きとかそういうわけじゃないけど、お金もらえるから仕事してるみたいな、俺の周りにはそういう人がホントに多いんですよ。こんなに可能性に満ちてるのに、それが見れない人がホント多くて。例えば、昔の仮面ライダーと今の仮面ライダーって雲泥の差があるんですよ。今のはドラマがしっかりしてて、映像がきれいで、すごい完成されてるんです。そういうものを見ながら育ってきた俺たちが出せるものって、何かあるはずなんですよ。

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

―ホントに今、Rayくんが言ったみたいに可能性はいくらでもあって、実際今回参加してるデザイナーさんは20代半ばでLADY GAGAとか世界的な仕事をしてるわけだもんね。

Ray:ちょっとしたきっかけの差だったりするんですよね。

―それこそLADY GAGAってアートとかファッション性っていうのをホントに一般レベルにまで知らしめた久しぶりの人で、それに感化されてる若い人もいっぱいいると思う。DUSTZもそういう存在になれたらいいよね。

Ray:やれればいいですねえ…生肉のコート着るか(笑)

―いや、それじゃパクリじゃん(笑)。

Ray:なんか自分にプレッシャー与えてるみたいだけど(笑)、がんばります。

―じゃあ最後に改めて、今回の作品に託した思いを、1人ずつ話してもらえますか?

Gus:“Criez”はアップテンポで、上げるために作った曲なんで、聴いて、気分を上げて、ライブに来て盛り上がろうぜっていうのはありますね。音楽は家で聴くだけじゃないんで、ライブ会場で一緒に盛り上がれたら嬉しいですね。

KenT:言いたいことを言わずに心の中にしまって、それがストレスになっちゃう人って多いのかなと思うんで、ライブに来て、それを吐き出して、ストレスを発散してもらえたらいいかなって。

Ray:今回のシングルでDUSTZってこんなバンドですっていうのが見せられたと思うんで、聴いていただきたいのはもちろんなんですけど、さっきも言ったように、ライブで、場を一緒に共有したいですね。僕らは1年間充電していたんで、そこから叫びだしたのと同じように、みんなで一緒に叫べば何かが変えられたり、自分の気持ちの中で革命が起きると思うんです。

Page 4
前へ

リリース情報

DUSTZ『Criez』
DUSTZ
『Criez』

2011年4月6日発売
価格:1,200円(税込)
ESCL-3484 / Epic

1. Criez
2. Swallow

プロフィール

DUSTZ

2009年『Break & Peace』でメジャーデビュー。同年、フランスの音楽祭に招聘され、数千人を動員する。2010年ドラムが脱退、メンバー全員が日仏ハーフに。世界的なクリエイティブチームによる新キービジュアルを発表し、音楽業界のみならずファッション業界でも大反響を呼ぶ。2011年4月『Criez』をリリース。フランス語×英語×日本語で展開される新世代ハイブリッドロックの誕生。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる