特集 PR

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/03/30

広がりがほしかったら英語だし、フランス語は濁音が多いんでリズムっぽいのが合うし、日本語はエモーショナルなものや、逆にやわらかいイメージにも合う。

―3つの言語が混ざった歌詞っていうのにはやっぱりすごくこだわったの?

Ray:こだわりましたね。3人になったんだから、3人とも対等に意見を出し合おうと思ったんですよ。これまでは俺が1人で歌詞を書いてたんですけど、これからは曲だけじゃなくて歌詞も3人でやってみようと。(Gusは)フランス語が上手いんだし、(KenTは)なんか面白いこと言い始めるんで、それを合わせてみたら案外上手くいって。曲も歌詞も3人でやったらおのずとバンドに一体感も出たし。

―2人は作詞してみてどうだった?

Gus:めちゃめちゃ面白いと思いました。多分3人で考えてるから楽しいっていうのもあったと思うけど…。

Ray:そうだよ、1人書いてるとひたすら辛い(笑)。第1稿目は自分の言葉だったり、書きたいことがあるんでスラスラ行くんですよ。でも1回出して、「ここがなあ…」って言われちゃうともう、「えー、そこが好きなんだけど」って意地になってくる(笑)。でも3人だと第一稿の時点で3人の意見が混ざってるんで、バランスが取れてるというか。

―KenTくんはどうだった?

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー
KenT

KenT:やっぱ歌詞もやってその上で曲ができると達成感が違いますね。でも、しんどいのもわかりました(笑)。

Ray:でも、この2曲はそこまで歌詞しんどくなかったよね?

KenT:君からしたら多分そうなんだろうけど…。

―(笑)

Ray:でもホントに上手くいきましたね。“Criez”の歌詞をフランス語と英語にしたっていうのも、歌を楽器として聴かせたかったっていうか、ノリとして聴いてほしかったんです。意味なんてわかんなくても感じられるものってあるじゃないですか? ビートがずっと4つ打ちでドッドッドッって鳴ってたら、誰だってリズムを感じられるはずだし。逆にカップリングでは、言葉の意味をちゃんと伝えたいところは日本語にしたりして、言語によってキャラクターが違うんですよね。

―なるほど、ただ3つの言語が使われてるだけじゃなくて、ちゃんとその言語のキャラクターに合った使い方をしてるわけだ。

Ray:そうですね。広がりがほしかったら英語のほうが乗りやすいし、フランス語は濁音が多いんでリズムっぽいのが合うとか、日本語はエモーショナルなものだったり、逆にやわらかいイメージにも合うとか。最初は狙ってなかったんですけど、途中から「あ、こういう風になるんだ」って新たなに発見していったし、これは俺らだからできることなんだなって思いました。

国籍にこだわるんじゃなくて、「俺ら人間なんです」ってぐらいの立ち位置でいきたくって。

―では、非常に印象的なビジュアルについても教えてください。どういう経緯で作られていったんですか?

Ray:3人になって、どういう風に見せるのが一番いいかなって考えてたんですよね。この3人は顔もキャラクターも相当濃いんで(笑)、それに負けないアートワークって考えてたときに、ちょうど(小島)穣二さんの作品を見て、「この人に頼んだら面白いんじゃない?」って。年も近いって聞いてたんで。

―そうなんだよね。DUSTZもそうだし、デザイン関係の人もみんな20代前半から中盤なんだよね。

Ray:そうなんですよ。それでレコード会社の方から連絡を取ってもらったんですけど、DUSTZのことを面白いって言って戴けて、逆にびっくりしてうれしくて(笑)。三位一体っていう言葉のイメージで、3人の顔がマスクでくっついてるって面白いねって話になって。

―実際に仕上がったマスクを見てどう思いましたか?

Ray:感動しましたね。「どうやって被るの?」とも思いましたけど(笑)。こういうビジュアル的なものって、色使いとか形とか質感とか、すごく感性が出るじゃないですか? そういう意味でもすごく信用のおける方だったんで、光栄ですね。

同世代に向けたシュプレヒコール DUSTZインタビュー

―国を超えて活躍してるっていうのもDUSTZのイメージに合うもんね。

Ray:無国籍感は意識してたんですよね。僕らは「フランス人ハーフ」って言われてますけど、フランスって移民が集まってる国なんですよ。純粋フランスと純粋日本のハーフは俺ぐらいだし、そもそもそういう国籍にこだわるんじゃなくて、「俺ら人間なんです」ってぐらいの立ち位置でいきたくって。あのマスクは、そういうところも反映してくれたんじゃないかなって。

4/4ページ:全てが揃ってることによって、無欲になってると思うんです。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

DUSTZ『Criez』
DUSTZ
『Criez』

2011年4月6日発売
価格:1,200円(税込)
ESCL-3484 / Epic

1. Criez
2. Swallow

プロフィール

DUSTZ

2009年『Break & Peace』でメジャーデビュー。同年、フランスの音楽祭に招聘され、数千人を動員する。2010年ドラムが脱退、メンバー全員が日仏ハーフに。世界的なクリエイティブチームによる新キービジュアルを発表し、音楽業界のみならずファッション業界でも大反響を呼ぶ。2011年4月『Criez』をリリース。フランス語×英語×日本語で展開される新世代ハイブリッドロックの誕生。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる