特集 PR

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希
2011/05/10

物や情報が溢れ返っている現代社会。にもかかわらず、一向に姿を消すことのない「退屈」という感覚。その感覚はむしろ、物が増えれば増えるほど、情報が溢れれば溢れるほど、ますます強まっているような気さえする。昨年末にドラマーが脱退し、3ピースとなったYOMOYAは、新作『Yawn』(「あくび」の意味)で、その退屈を肯定しようとしている。退屈も生活や感情の一部であり、パーソナリティの一部なのだと。その背景には、好き嫌い激しく取捨選択を続けてきた過去から、価値観の受け皿を徐々に広げ、自身の音楽活動を「生活があってこそ」とフラットに言えるようになったボーカル・山本達樹の現在の心境があることは、このインタビューを読んでもらえればきっとわかると思う。もちろん、この考え方はひとつの提案であり、『Yawn』を聴いて、「退屈はやっぱり退屈だ」と思ってもらってもかまわない。きっと、山本も、そんな自由な解釈を望んでいるはずだ。

3人が出せる個性を寄せ集めて曲を作ってるし、それを生かしていきたいし、そうじゃなかったらYOMOYAじゃないと思うんで。

―『Yawn』はこれまでの作品と比べてカラッとしてるというか、開放感がある印象を受けました。もちろん、YOMOYAらしい叙情性はあった上で、なんだけど。

山本:この間ひさびさにセカンド(『Yoi Toy』)を聴いたら結構トーンが重くて、「こんなだったっけ?」って自分でも意外だったんですよ(笑)。ただ「明るい曲調にしよう」とかって意識は全然なくて、実際曲調自体はそんなに変わってないと思うんです。重いビートで、後ノリの曲が多いし…なんでですかね?

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー
山本達樹

―1曲目の“Baby”、2曲目の“KITAINEIRO(feat. I AM ROBOT AND PROUD)”って、アタマ2曲に明るめの曲が続くからその印象が強いっていうのもあると思うけど。

山本:それはそうですね。でも2曲目のリミックスも「こうしてほしい」って言ったわけじゃなくて、返ってきたものをそのまま受け入れた感じなんですよ。前より変なこだわりがなくなったとは思いますね。

―昨年末にドラマーの東君の脱退があったけど、新メンバーを迎えずに、残った3人で再始動しましたね。

山本:今はサポートの人に叩いてもらってるんですけど、マックス(東)じゃないと叩けない曲も結構あるんですよね。それだけそれぞれのプレイヤビリティを最大限に使って曲を作ってたんだなってわかったんで、やっぱり誰でもいいって感じじゃないんですよね。

―まあ、それはそうですよね。新しいメンバーを探すんですか?

山本:まずは3人でやれることをやろうと思って。今までのYOMOYAは、ドラマーがフレーズを考えるというよりも、僕らがイメージを作って、それを叩いてもらうっていうパターンが多かったんですね。そこにドラマーのクセなり、できることが加味されて、曲になってたんです。そういう意味では3人でも曲はできるんじゃないかと思っていて。だから、ちゃんといいドラマーが見つかるまでは無理をしなくてもいいかなって。今はこのCDを聴いてもらうのが先なんで。

―3人中心の新たな関係性に移ってるのかな。明確なリーダーがいるタイプのバンドではないんですよね?

山本:そういうバンドじゃないってことは3人ともわかってると思います。曲作りに関しては僕なんですけど、元々僕のバンドではないと思ってるんで、3人が出せる個性を集めて曲を作ってるし、それを生かしていきたいし、そうじゃなかったらYOMOYAじゃないと思うんで。僕1人で曲を作って、アレンジまで考えたとしても、結局それはYOMOYAじゃできないんですよね。やったとしても、なんかしっくりこないか、不和が生まれるか(笑)。

―そこにそれぞれの色が加わることでYOMOYAの曲になると。

山本:どの曲もすごく微妙なバランスで成り立ってるんでしょうね。バンドですよね、そういう意味では。

2/4ページ:価値観の窓口をちょっと広げて、こういうことも言ってみたい、聴いてみたいっていう、それをやっても自分にとって危険じゃないと思えるようになったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

YOMOYA『Yawn』
YOMOYA
『Yawn』

2011年5月18日発売
価格:1,800円(税込)
&records / YOUTH-120

1. Baby
2. KITAINEIRO(feat.I AM ROBOT AND PROUD)
3. 体温
4. プールサイド
5. 水圧
6. 一秒、いらないさ
7. KITAINEIRO(original version)

イベント情報

『YOMOYA「Yawn」Release Tour 2011』

2011年7月1日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO
出演:
YOMOYA
シラオカ
and more

2011年7月2日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪府 鰻谷 sunsui
出演:
YOMOYA
CARD
and more

2011年7月9日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
YOMOYA
and more

料金:全公演 前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

プロフィール

YOMOYA

2003年より活動を開始。2008年6月、アルバム『YOURS OURS』でデビュー。ポストロック、オルタナ、USインディー、フォークなどを消化した高次元の音楽性と人懐っこさが同居したサウンド、電飾を施したステージで繰り広げる激しさと繊細さが交錯するパフォーマンス、そしてなにより文学性や叙情性を感じさせるメロディー、日本人の心の琴線に触れる声が最大の特徴。2011年5月、OGRE YOU ASSHOLEを手がけた斉藤耕治プロデュースによる3rdアルバム『Yawn』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性