特集 PR

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希
2011/05/10

退屈するのも人間で、退屈してるのをあきらめちゃうと深みがないっていうか、それを楽しめるのも人間で、そういう人の方が強いかなって。

―では、アルバムタイトルの『Yawn』に込めた意味を教えてください。

山本:前は退屈がテーマの曲だったら、逃げる方に行ってたと思うんですよ。『YOURS OURS』に入ってる“Here You Are”って曲があって、その歌詞はそういうテイストなんですけど、今回の歌詞を読み返しても、基本的に退屈がどこかにあるんですね。でも、退屈するのも人間で、退屈してるのをあきらめちゃうと深みがないっていうか、それを楽しめるのも人間で、そういう人の方が強いかなって。

―なるほど。

山本:一見たるそうな、ネガティブでアンニュイなイメージに取られると思うんですけど、あえてそう思わせとけってとこもあって。さっきも言ったように、僕はマイナスをずっと続けてきたんで、それを自分の中に取り込んで、プラスに持っていくというか。

―「マイナスの肯定」ってブログにも書いてたもんね。今回はジャケ写やアー写のディレクションも山本君がやってるそうですが、となるとジャケ写をぼやけさせたのもあえてってこと?

山本:そうです。複雑さを出したかったんです。物事はホントに入り組んでるし、いろんな考え方があるよっていうのはずっと思ってることなんで、それを今回ジャケ写だけじゃなくて、アー写にも反映させたら面白いんじゃないかって。それでこういう写真になってるんですけど。

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー
YOMOYA

―一面的ではないと。

山本:多元的なんだよっていう。YOMOYAの曲のジャンルも多分そうですし、歌詞もそうだと思うんですけど、いろんなレイヤーが重なって形になっていく工程とか、そこから出来てくるものが面白いと思うんですよね。

―じゃあ、最後にもう一問だけ。今回の歌詞で印象的だったのが、“一秒、いらないさ”の歌詞で、「また会えるから さよならしよう」って歌ってますよね。でも、『Yoi Toy』に入ってた“フィルムとシャッター”では「さよなら きっとまた会えるよって言えるかな」って歌ってる。一部分だけ抜き出すのはずるいけど、この歌詞の変化は、今日話した内容とも関係していると思いますか?

山本:うーん…新しい曲の歌詞のように自分が言えるようになったっていうことですよね、簡単に言っちゃうと。大したことじゃないのかもしれないけど、僕の中では結構大きな違いがあって…前は別れを別れと取って、思い出にするというか、他人にあんまり期待をしない気持ちがあったと思います。自分の問題だっていう。今の歌詞は、こう考えても、考えたところで損はしないというか…損はないっていう言い方がシビアですけど(笑)。

―やっぱり何かがガラッと変わったわけではないんだろうね。小さな変化ではある、でもそれはやっぱり大きな変化だっていう、ちょっと言葉にしにくいけど(笑)。

山本:表面的には言葉ひとつとって、少しニュアンスを変えるっていうレベルなんですけど、思ってることは実は違うんですよね。でも、それも聴き手の受け取り方で変わると思うし、そこはまた考えてもらえれば面白いと思いますね。

Page 4
前へ

リリース情報

YOMOYA『Yawn』
YOMOYA
『Yawn』

2011年5月18日発売
価格:1,800円(税込)
&records / YOUTH-120

1. Baby
2. KITAINEIRO(feat.I AM ROBOT AND PROUD)
3. 体温
4. プールサイド
5. 水圧
6. 一秒、いらないさ
7. KITAINEIRO(original version)

イベント情報

『YOMOYA「Yawn」Release Tour 2011』

2011年7月1日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO
出演:
YOMOYA
シラオカ
and more

2011年7月2日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪府 鰻谷 sunsui
出演:
YOMOYA
CARD
and more

2011年7月9日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
YOMOYA
and more

料金:全公演 前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

プロフィール

YOMOYA

2003年より活動を開始。2008年6月、アルバム『YOURS OURS』でデビュー。ポストロック、オルタナ、USインディー、フォークなどを消化した高次元の音楽性と人懐っこさが同居したサウンド、電飾を施したステージで繰り広げる激しさと繊細さが交錯するパフォーマンス、そしてなにより文学性や叙情性を感じさせるメロディー、日本人の心の琴線に触れる声が最大の特徴。2011年5月、OGRE YOU ASSHOLEを手がけた斉藤耕治プロデュースによる3rdアルバム『Yawn』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る