特集 PR

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希
2011/05/10

濁したいっていうと変ですけど、その人に考えて欲しいんです。

―僕が思ったのは、「KITAI」を「期待」って解釈するとプラスなイメージなんだけど、「気体」って解釈すると、つかめないでしょ? 「KITAINEIRO つかんで」って歌ってるんだけど。そういうプラスとマイナスの要素が混在してるなって。

山本:なるほど、さすがです(笑)。そこは意図してなかったですけど、そういう濁しはどうしても入れちゃうんですよね。

―どの歌詞も一面的ではなくて、見方によって捉え方が変わる歌詞が多いですよね。

山本:『YOURS OURS』はまさにそれをタイトルにしてるんですよね。僕らが作ってるんだけど、聴き手がそう受け取ったらそうで、それでいいと思うんです。それは今も変わらないんで、直接的な歌詞は書きたくないし、映画とかもそうですけど、よくわかんないけどなんか引っかかるっていう映画が残ると思うんです。

―「わかった」「理解できた」っていうものより「何だったんだろう?」っていうね。

山本:僕ら洋楽しかほとんど聴かないんですけど、洋楽だと歌詞の一部分しかわかんなかったりするじゃないですか? その一部分の理解で曲を楽しむことってないですか? “With Or Without You”とか(笑)。

―わかるわかる(笑)。

山本:それも一種の洋楽の聴き方だと思うんで、そういう認識を持っちゃうと、自分の歌詞もそういう風になるんですよね。言いたいことは印象に残る言葉で書いて、他のとこはどうとでも取れるように書いたりとか。濁したいっていうと変ですけど、その人に考えて欲しいんです。

退屈をあきらめない YOMOYAインタビュー

今は生活あっての音楽だと思ってるんですよ。

―2年前のCINRAのインタビューでも聴き手の話をしてて、そのときは「作品を出してリアクションはあったけど、それを自分たちの表現にはあまり反映させていない」「基本届かないと思ってるけど、受け皿はあると思う」っていう話をしてたんだけど、今はどんな考えですか?

山本:届く人には届くと思うって言ったと思うんですけど…誰にでも聴いて欲しいとは今でも思ってないですね。そういう音楽を作ったら自分らがつまんなくなっちゃうんで、今でもそれは変わってないかな。うーん…まあ、YOMOYAの曲作りはずっとそれでいいと思うんですけど、長年やってる以上多少変えることも必要だと思うんで、ほんの少しあがいてるのかもしれません(笑)。

―媚びるじゃないけど、聴き手に近づくことも必要?

山本:ある意味媚びるのもアリっていうか…媚び方もいろいろあると思うんですよ(笑)。ちゃんと自分らが出てたら全然いいと思うし、そういう見せ方のベクトルは広がっていくんじゃないですかね。

―そういう少しずつの変化って、メンバーの脱退だったり、年齢だったり、いろんな背景があると思うんですけど、特に何が大きいと思いますか?

山本:…個々の暮らしっすかね。

―2年前と比較するとどう違いますか?

山本:しゃかりきじゃないっすね(笑)。今は生活あっての音楽だと思ってるんですよ。暮らすことも大事だし、他の趣味も大事だし、生活をないがしろにしてまで出す音楽はYOMOYAの音楽ではないので…普通に年取ってきてるんですよね。

―それがバンドの活動にも反映されていると。

山本:僕ら元々虚像を作ってるつもりはまったくないですし、自分らを出してるだけでしかないので、自然とそういう風にシフトしますよね。もっとまじめな人間は5年前にそうなってるのかもしれないですけど(笑)。

―(笑)。

山本:マックスがやめたのは、そういう理由もひとつありますね。彼はホントにまじめな人間なので、自分だけのことを考えないで、周りの人のことをちゃんと考えてるので。そこから気づかされる部分も、年上だった僕らにはあったっていうか(笑)。

4/4ページ:退屈するのも人間で、退屈してるのをあきらめちゃうと深みがないっていうか、それを楽しめるのも人間で、そういう人の方が強いかなって。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

YOMOYA『Yawn』
YOMOYA
『Yawn』

2011年5月18日発売
価格:1,800円(税込)
&records / YOUTH-120

1. Baby
2. KITAINEIRO(feat.I AM ROBOT AND PROUD)
3. 体温
4. プールサイド
5. 水圧
6. 一秒、いらないさ
7. KITAINEIRO(original version)

イベント情報

『YOMOYA「Yawn」Release Tour 2011』

2011年7月1日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO
出演:
YOMOYA
シラオカ
and more

2011年7月2日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪府 鰻谷 sunsui
出演:
YOMOYA
CARD
and more

2011年7月9日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
YOMOYA
and more

料金:全公演 前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

プロフィール

YOMOYA

2003年より活動を開始。2008年6月、アルバム『YOURS OURS』でデビュー。ポストロック、オルタナ、USインディー、フォークなどを消化した高次元の音楽性と人懐っこさが同居したサウンド、電飾を施したステージで繰り広げる激しさと繊細さが交錯するパフォーマンス、そしてなにより文学性や叙情性を感じさせるメロディー、日本人の心の琴線に触れる声が最大の特徴。2011年5月、OGRE YOU ASSHOLEを手がけた斉藤耕治プロデュースによる3rdアルバム『Yawn』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察