特集 PR

インドの多文化社会が生んだアート トゥクラール&タグラの世界

インドの多文化社会が生んだアート トゥクラール&タグラの世界

インタビュー・テキスト
Hitomi Moro
撮影:小林宏彰, テキスト作成協力:東京画廊+BTAP

インドのアート界で現在最も注目されているアーティスト・デュオ、それがトゥクラール&タグラだ。1991年のインド経済自由化以降、グローバル化の真っただ中で思春期を過ごした2人は、絵画や彫刻、インスタレーションに至るまであらゆるメディアを通じて作品を発表し続けている。そんなトゥクラール&タグラの日本で初めての単独展『Science, Mystery & Magic』が、9月3日より東京画廊+BTAPにて開催中だ。当初は3月に企画されていた本展覧会は一度震災の影響で延期となったものの、半年越しの展覧会の実現に、トゥクラール&タグラは喜びと期待を隠せない様子。今回の新作で、スーパーマンなどアメリカンヒーローを登場させて注目を浴びる彼らの作品に込められた意図とはなにか? 近年のインドにおける文化事情なども絡めて、おおいに語ってもらった。

―はじめまして。ところで、素敵な靴を履いていらっしゃいますね!

タグラ:ありがとう! 前回日本に来たときにコム・デ・ギャルソンで買ったんです。インドには店舗がないので…。

―ということは、これまでにも日本にいらしているんですね。

トゥクラール:そう、何度か来日しています。日本は大好きな国なんです。

―今回は日本で初めての単独での展覧会開催ということですが、おふたりにとってどんな思いがありますか。

インドの多文化社会が生んだアート トゥクラール&タグラの世界
スミール・タグラ

タグラ:まず話しておきたいことは、私たちの活動はいわゆるリサーチ・プロジェクトという位置づけで、2004年からずっと続けてきているんです。今回の日本での展覧会も、その延長線上にあるととらえています。そもそもプロジェクトを始めようとしたのは、僕たちの祖国インドはアフリカに次いで世界で最もHIV感染者の多い国で、今でも深刻な問題なんですが、僕たちのデザインや作品を通して少しでも若い世代にHIVへの関心と予防意識を高めてもらえないかという思いからです。つまりこのプロジェクトは、あらゆる社会問題をデザインや作品によってどのように人々とアクセスさせるか、どんなメディアで正しくメッセージを伝えられるかという、コミュニケーション・デザインの実験でもあります。当初は小さな実験のようなものでしたが、今では現代美術の力を借りてあらゆる方向に進化しています。

―なるほど。そして、ここにある本『Thukral & Tagra』は、そのプロジェクトや作品について網羅したものですね?

タグラ:はい。これは2007年に僕らが出版した作品集で、これまで制作してきた作品の流れやプロジェクトの内容が全て分かってもらえると思います。ここにある作品はニューヨークで展示して、最終的にはデリーでも展覧会を行いました。先ほども言ったように、リサーチ・プロジェクトを始めた当初から、ヴィジュアルアートとして進化してきていると思います。たとえば、コンドームのメタファーとして「スーパーマン」を使うとか。来年にもまた新しく本を出すんですが、この本の3倍くらいのボリュームになる予定で、現在デザイン作業中です。

インドの多文化社会が生んだアート トゥクラール&タグラの世界

―ものすごい量ですね…! 楽しみにしています。おふたりが2003年にスタートしたデザインスタジオ「Bosdek Design」とは?

トゥクラール:じつは、Bosedk Designはスタジオというよりも、これがプロジェクトそのものなんです。もともとギャラリーでの展覧会としてスタートして、インドの偶像をモチーフにした僕たちのオリジナルデザインTシャツからあらゆる日用品のパッケージまで、お店のように「商品」を展示しました。ちなみにBosedkっていうのはヒンディー語のスラングなんですが、ちょっと野蛮な言葉で…。

―どういう意味なんでしょうか?

タグラ:えーと、「Fuck You」みたいな感じ(笑)。インドには20以上の異なる言語があり、実際には地域ごとにそれぞれちょっとずつ意味も違うんですけどね。とりあえず、よく使われるスラングなんですよ(笑)。

―まさかそんな意味だとは想像もつかなかったです(笑)。

タグラ:意味を知らないと、なんだかオシャレなフランス語の単語みたいに見えるかも(笑)。2回目の展覧会は、デパートのような内装をして商品をずらりと陳列して、オーディエンスには実際にそのパッケージを触ってもらったり、味を見て匂いをかいでもらったり、とにかく実際に体験してもらえるものでした。それら全てを僕たちが「Bosedk Design」としてデザインしたんです。僕たちが住んでいる地域には26のショッピングモールがあって、だれもがそこに買い物に行きます。このプロジェクトには人間の消費生活のメタファーが込められているとも言えます。

2/4ページ:スーパーヒーロー達がラテックス(=コンドーム)を身につけるのは、世界を救うため

Page 1
次へ

イベント情報

『トゥクラール&タグラ展「Science, Mystery & Magic」』

2011年9月3日(土)~9月24日(土)
会場:東京都 中央区 東京画廊+BTAP
時間:火~金曜は11:00~19:00、土曜は11:00~17:00
閉廊日:日、月曜、祝日

プロフィール

トゥクラール&タグラ

デリー美術大学出身のジテーン・トゥクラールとスミール・タグラによるアーティスト・デュオ。2003年に「Bosedk Design」を共同で設立し、広告やオフィスの内装、プロダクトデザインを手がけ、2005年よりトゥクラール&タグラ名義で絵画や彫刻作品、インスタレーションを発表している。近年は、HIVの問題をあつかったオリジナルデザインのコンドームや、下着、サンダルなどを制作し若い世代にアピールしている。日本では2009年に六本木・森美術館で開催された『チャロ! インディア』で、インドの地方の若者たちのポートレートを貼ったチョコシロップのパッケージがずらりと並ぶ作品などで話題を呼び、現代インドの最先端のアーティストとして紹介されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. トラヴィス・スコット×フォートナイト なぜ「歴史的」だったのか? 1

    トラヴィス・スコット×フォートナイト なぜ「歴史的」だったのか?

  2. 長澤まさみが仲野太賀を挑発 映画『MOTHER マザー』場面写真 2

    長澤まさみが仲野太賀を挑発 映画『MOTHER マザー』場面写真

  3. 一家惨殺事件を映画化した『アングスト/不安』が日本劇場初公開 R15+指定 3

    一家惨殺事件を映画化した『アングスト/不安』が日本劇場初公開 R15+指定

  4. 実写映画『映像研』特報が公開 浜辺美波、板垣瑞生、桜田ひよりらも登場 4

    実写映画『映像研』特報が公開 浜辺美波、板垣瑞生、桜田ひよりらも登場

  5. 菅田将暉、初ライブツアーの映像をYouTubeで期間限定公開 5

    菅田将暉、初ライブツアーの映像をYouTubeで期間限定公開

  6. オンラインイベント『森、道、市場をお茶の間で』詳細発表 toeら出演 6

    オンラインイベント『森、道、市場をお茶の間で』詳細発表 toeら出演

  7. 宇多田ヒカルとワンオクTakaが共演 配信番組『ヒカルパイセンに聞け!』 7

    宇多田ヒカルとワンオクTakaが共演 配信番組『ヒカルパイセンに聞け!』

  8. Perfume、DEAN FUJIOKAら所属アミューズのファンサービスを一部無料公開 8

    Perfume、DEAN FUJIOKAら所属アミューズのファンサービスを一部無料公開

  9. BTS、スカパラ、[Alexandros]のライブ映像がHuluで期間限定無料配信 9

    BTS、スカパラ、[Alexandros]のライブ映像がHuluで期間限定無料配信

  10. 草彅剛がトランスジェンダー役 映画『ミッドナイトスワン』場面写真公開 10

    草彅剛がトランスジェンダー役 映画『ミッドナイトスワン』場面写真公開