特集 PR

mimitto VS H ZETT Mインタビュー

mimitto VS H ZETT Mインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/09/28

大きなウサギ耳をつけた3ピースバンド=mimittoと、PE'Zのヒイズミマサユ機なのではないかと噂されている正体不明のピアニスト=H ZETT M。見た目的には何だか妙な組み合わせの2組だが、いざ音を鳴らせばすぐに一つになれるのだから、やはり音楽とは不思議なものだ。改めて紹介すると、mimittoとは、これまでH ZETT Mのプロジェクトにギタリストとして参加してきたボッサムが率いるバンドで、昨年発表した『3×3=10』から、H ZETT Mとの共同作業をスタートさせている。新作『Y!E!S!』では両者のコミュニケーションがより深まり、本来mimittoが持っていた陽性のポジティヴィティが、よりストレートに伝わってくる作品となっている。今回は9月の『exPoP!!!!!』に「mimitto VS H ZETT M」名義で出演してくれるこの両者の対談をお届け。くだらないバカ話と熱っぽい話のギャップが素敵なmimittoと、終始冷静なんだけど「クスッ」となる笑いも生んでくれるH ZETT Mという、それぞれのキャラクターをお楽しみください。あ、あと文字では面白さが伝わらないので結構カットしちゃったけど、ボッサムとヒロポンの絡みはやばいです。どんな感じか知りたい方は、ぜひライブへ。

ライブは会場ひっくるめて楽しい空間にしたいので、お客さんと目線を同じにしたいっていうのがあるんです。(下島)

―mimittoって変わったバンド名だけど、どういう意味なんですか?

mimitto VS H ZETT Mインタビュー
下島哲夫

下島:僕らは高校から一緒にやってるんですけど、「耳の上で髪を切んなきゃいけない」って校則があったんですよ。それで「ミミノウエカット」、略して「ミミット」ってふざけてつけたのを、結局そのまま使ってます。

―それが今や耳の上に髪がかかってるどころか、さらにもうひとつ耳がついちゃって…動きづらそうだよね(笑)。

下島:はい、大きくうなづくと倒れます(笑)。


―(笑)。じゃあ、まずは両者の出会いをお聞きすると、まずボッサムくんが2006年にZETTさんと知り合ってるんですよね?

ボッサム:2005年ですね、ヒイ…あ、ZETTさんとは2006年です。お友達とは2005年にお会いしてるんですけど。

mimitto VS H ZETT Mインタビュー
H ZETT M

H ZETT M:ヒイズミさんのPE'Zっていうバンドが、当時ボッサムが所属してたチリヌルヲワカと対バンしたときに、打ち上げで僕にCDを持ってきてくれたんです。で、聴いてみたらすごくよかったので、最初はH ZETT Mのレコーディングでギターを弾いてもらいました。

―どんな部分に魅力を感じたんですか?

H ZETT M:曲もギターもすごくいいなと。あと、バンドのホームページを見たら「天才ギタリスト現る」みたいに書いてあって…

ボッサム:で、呼んでみたら大したことなかったっていう(笑)。

―(笑)。でも、それをきっかけにH ZETT Mのプロジェクトに参加してるわけですよね?

H ZETT M:はい、もはや古株というか、僕のやつにいろいろ参加してもらってます。

―じゃあ、mimittoから見て、ZETTさんの魅力はどういう部分ですか?

下島:普通じゃないところですよね。「指が何本あるんですか?」みたいな。

ヒロポン:CDで聴いてたイメージだと「かっこいい」って感じだったんですけど、ライブを見たら「楽しい」って感じで、イメージが変わりました。すごいはしゃいでる感じで。

H ZETT M:mimittoも突き抜ける要素を持ってるなって感じはすごくします。

mimitto VS H ZETT Mインタビュー
写真中央:宮下"ボッサム"治人、右:小池"ヒロポン"広季

―お互いビジュアルからして突き抜けてますもんね(笑)。

下島:ライブは会場ひっくるめて楽しい空間にしたいので、お客さんと目線を同じにしたいっていうのがあるんです。ステージって高いから、目線を同じにするにはポップな見え方の方がいいと思って、だからこういう耳をつけたりしてるんです。

ボッサム:ただライブだとちょっと…この前もPV撮影があったんですけど、「じゃあ、始めよう!」ってギター弾いたら、いきなり落っこっちゃって(笑)。

―まあ、いいんじゃないですか? BEAT CRUSADERSもライブだとお面取るわけだし。

ボッサム:あ! そうですね! 思いつかなかった…。

2/3ページ:僕が投げたものがちゃんとmimittoの音になって返ってくるので楽しいです。やっぱりバンドだなって(H ZETT M)

Page 1
次へ

リリース情報

mimitto『Y!E!S!』
mimitto
『Y!E!S!』

2011年9月14日発売
価格:1,890円(税込)
APPR-1806

1. メッセージ
2. 道
3. 夜あけ前
4. ああ無常
5. ショベル
6. RESTART
7. 花

イベント情報

『exPoP!!!!! vol.54』

2011年9月29日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest

出演:
mimitto VS H ZETT M
THE WAYBARK
ラキタ
ボランズ
料金:無料(2ドリンク別)
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。

プロフィール

mimitto VS H ZETT M

長野県出身、幼なじみで絶叫3ピースバンドとして結成。甲信越地区のバンドコンテストで賞を総ナメにする。活動を東京に移してからは渋谷中心にLIVE活動を行い、06年にボッサム(Vo)がH ZETT Mと出会い、現在に至るまで交流を深めて来た。ヘヴィーであるにも関わらず、風通しの良い疾走感があるという類いまれなサウンド、バンド内の構図は、リーダーの下島が、私生活からステージまで暴走傾向あるボッサムとヒロポンの2人を、調教してまとめあげている。更にこのメンバーにサウンドプロデューサーを勤めるH ZETT Mが加わる事で「絶叫度」がよりUPする。mimittoは本年9/14に新作「Y!E!S」の発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Kitri“細胞のダンス”

ピアノ連弾ユニットKitriによる、大橋トリオプロデュースのメジャーデビューEP『Primo』から“細胞のダンス”のshortMVが公開。暗闇にひっそりと佇むピアノと、それを淡々と演奏する彼女達が作り出す不安定な世界観に徐々に引き込まれていく。跳ねる鍵盤はまさに細胞のダンス。映し出される手元と差し込む光、黒と赤のコントラストが美しい画面から目を離せない。(高橋)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生