特集 PR

空中ループが恥じらいを捨てて見つけた、「自由と解放」の産物

空中ループが恥じらいを捨てて見つけた、「自由と解放」の産物

インタビュー・テキスト
田山雄士
撮影:柏井万作
2011/10/06

解放――その意味を辞書で引くと、「身体や心の束縛、制限を取り除いて自由にすること」とある。これはあくまで文字列としての意味合いでしかない。生々しさなどはほとんどないし、ましてやその文字列を眺めたところで解放の核心に触れられるわけもない。果敢な野心性で困難に立ち向かったり、飽くなき探究心で個を追求したり、恥じらいを捨てたりすることで、初めて解放は得られるのだ。

京都在住の4人組バンド、空中ループは解放を求め続けてきた。結成当初よりDIY活動を続け、CDのリリースやエンジニアリングなどのすべてを自分たちの手でこなし、その道を切り拓いてきた。ライブハウスやCDショップでの評判も上々。そんな彼らが2010年にワンダーグラウンド・ミュージックと契約。今年からはプロデューサーに大谷友介(SPENCER、Polaris、ohana)、エンジニアに益子樹(ROVO)を迎え、新プロジェクト「Walk across the universe」を始動させた。その最中で彼らは多くの試練を乗り越え、いよいよ真に解放と呼べる境地に到達。その引き金となったのが会心のファースト・フルアルバム『空中ループ』だ。松井省悟と和田直樹、バンドの中心人物2人の語り口は実に清々しく、そこからは生き方のヒントが見えてきたりもした。

モチベーションはあったんですけど、次の手がわからなくなったときがありました。(松井)

―空中ループは結成からずっと自主レーベルで活動してきたバンドですが、2010年にワンダーグラウンド・ミュージックに所属しましたよね。そのきっかけは何ですか?

松井:一番大きいのはプロデューサーの大谷友介さんの存在ですね。僕らの音を気に入ってくれてて、「プロデュースしたい」とかなり前から言ってくれてたんです。

―大谷さんとの出会いは、京都でのライブでしたっけ?

松井:はい。2007年の8月だから、まだファースト・ミニアルバムの『LOOP ON LIFE』が出る前ですね。そのときは緊張して全然話せなかったんですよ。音源をなんとか渡して、ギターの裏にサインしてもらうので精一杯で(笑)。結局、打ち上げも行けなかったんですけど、大谷さんがその年にまた京都に来てくれはって、再会できたんですよ。僕のことをちゃんと覚えててくれて。

空中ループが恥じらいを捨てて見つけた、「自由と解放」の産物
松井省悟

―それは嬉しいですね。2008年、2009年と自主レーベルからミニアルバムをリリースして、いい状況を作り上げてきた空中ループでしたが、それからちょっと間が空きましたよね。苦難の時期だったんでしょうか?

松井:モチベーションはあったんですけど、次の手がわからなくなったときがありました。リリースしてからちょっとずつライブのオファーも増えたんですけど、それを全部受けてたらいつの間にかライブ過多になってて、自分たちの活動が点になっちゃったんです。

和田:受け身になって、曲もできてなかったですね。すべて自主でやってたし、時間もどんどんなくなっちゃって。

―レーベルに所属することは考えなかったんですか?

和田:うーん……。実は以前、レーベルを探したこともあったんですよ。でも探すうちに、レーベルに所属することで逆に不自由になる部分が出てくるんじゃないかっていう考えに戻っちゃって。

松井:レーベルに所属している友達のバンドから色んな話も聞いていたんですけど、僕たちはなんでも自分たちでやってたので、数字を聞けば違いもわかるじゃないですか。だから、悩んじゃいましたよね。なんとなく所属して、制作費をもらうだけで終わっちゃうなら何も意味がないし、僕らは制作費だって自分らで作ったものを売って生み出してたから。結局は「この人とやりたい」とかがない限りはナシかなって。

2/4ページ:「1ヵ月間でキラーチューン10曲を含む50曲を作れ!」という指令が出たんです。

Page 1
次へ

リリース情報

空中ループ『空中ループ』
空中ループ
『空中ループ』

2011年10月12日発売
価格:2,415円(税込)
WRCD-53 / wonderground music

1. Sky Line
2. Traveling
3. 長い夜
4. ray
5. ステレオ
6. 今夜、瞬く銀河まて
7. Dancing in the rain
8. Praying
9. Check Out
10. ラストシーン
11. 言葉では
12. Future

イベント情報

空中ループ presents
『ライブ アクロス ザ ユニバース3』

2011年11月4日(金)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
出演:
空中ループ
里帰り
the brooch
ミクロセンチメンタル
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

2011年11月4日(金)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
出演:
空中ループ
里帰り
the brooch
ミクロセンチメンタル
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

『MINT KOBE 5周年ライブフェスティバル』
2011年10月8日(土)
会場:兵庫県 ミント神戸 2Fテラス特設会場

2011年10月8日(土)
会場:京都府 京都 VOXhall

2011年10月10日(月・祝)
会場:東京都 新宿 タワーレコード新宿店

2011年10月13日(木)
会場:京都府 京都 VOXhall

『MINAMI WHEEL 2011』
2011年10月15日(土)
会場:大阪府 ミナミエリア ライブハウス
※空中ループはBIGCATに16:00から出演します

2011年10月23日(日)
会場:愛知県 名古屋 タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

2011年10月28日(金)
会場:福岡県 タワーレコード福岡店

2011年10月29日(土)
会場:佐賀県 佐賀 RAG-G

2011年10月30日(日)
会場:福岡県 福岡 PEACE

2011年11月16日(水)
会場:大阪府 心斎橋 JANUS

2011年11月19日(土)
会場:徳島県 徳島 Crowbar

2011年11月26日(土)
会場:京都府 京都 VOXhall

2011年12月6日(火)
会場:大阪府 北堀江 Club vision

2011年12月10日(土)
会場:広島県 尾道 JOE BOX

2011年12月13日(火)
会場:北海道 札幌 SOUNDCRUE

2011年12月14日(水)
会場:北海道 札幌 mole

プロフィール

空中ループ

2005年結成。メンバーは松井省悟(vo、g)、和田直樹(g)、森勇太(b)、さとうかおり(ds)の4人。2008年、ファースト・ミニ・アルバム『LOOP ON LIFE』でデビューし、その伸びやかで心地よいメロディ、ギター・ポップ・サウンドが注目を集める。2011年からは大谷友介、益子樹とタッグを組み、新プロジェクト「Walk across the universe」を始動させた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年