特集 PR

酸いも甘いも経験したJUJUが、ジャズを愛する理由とは

酸いも甘いも経験したJUJUが、ジャズを愛する理由とは

インタビュー・テキスト
金子厚武
2011/11/28

もし他の方にこの役をやられたらすっごい嫉妬すると思ったから、「ぜひ!!」って(笑)

―そもそも、今回のジャズ・アルバムの企画っていうのはどこからスタートしたものなんですか?

JUJU:そもそもは、スヌーピーで有名なPEANUTSから「何か一緒に作りませんか?」という機会をいただいて、「じゃあジャズ・アルバムを作りましょう」ということになったんです。

―どうして「ジャズ」だったんでしょうか?

JUJU:もともとスヌーピーのサントラは全てジャズなんですよ。ビンス・ガラルディっていう、日本でいうところの大野雄二さん(アレンジャー、作曲家、ジャズピアニスト。『ルパン三世』などテレビ・映画のテーマ音楽を多数手がけている)みたいな人が作っていて、私はそれが昔からすっごい好きでずっと聴いてたんです。

―じゃあ、すごく嬉しいお話だったんですね。

JUJU:それはもう、ムチャクチャ嬉しかったんですよ。もちろん「私がジャズを歌っていいのか?」っていう葛藤はあったんですけど、もし他のアーティストの方にこの役をやられたらすっごい嫉妬すると思ったから、「ぜひ!!」って(笑)。だから、おっかなびっくりだけどムチャクチャ嬉しい、けどおっかなびっくり…っていう感じですよね。

―満を持して「よし、ジャズ・アルバムを作ろう!」ではなくて、思い切って飛びついたっていう。

JUJU:そうですね…って言うわりには二つ返事で「やらせてください!」って言ったんですけどね(笑)。そのくらい、ジャズは本当に好きだから。

JUJU『DELICIOUS』JUJU『DELICIOUS』ジャケット画像 / ©2011 Peanuts Worldwide LLC

―そもそものジャズとの出会いはいつ頃なんですか?

JUJU:私の周りの大人たちって、本当に歌ったり踊ったりするのが大好きな人たちで、みんなそれぞれが好きな音楽を勝手に聴いてる環境だったんです。母は5人兄弟で、長男は演歌しか聴かなくて、その下の叔母はジャズとかシャンソン、ムード歌謡ばっかり歌ったり聴いたりしてて、その下の叔母はイタリアっぽいのが好きだったり、母はディスコミュージックが大好きで。だから、大人たちが聴いてる音楽のひとつとしてジャズに出会ったんです。

―それ、かなり面白い環境ですね。間違いなくJUJUさんの音楽に対する接し方の基盤になってますよね。

JUJU:そうですね、いまだに私がいろんなジャンルの音楽を好きなのはあの人たちのおかげですね。それにみんなお酒が大好きで、子供のことを気にして話をする人たちではなかったから、一番最初に触れたサブカルはあそこだった気がします(笑)。

すごくつらいときに、でもその痛みが自分を殺すほどの痛みじゃなかったら、これから先強くなるだけだって彼がボソッと言ったときも、ホントその通りだなって。

―18歳でニューヨークに行ったのは、ジャズが主な目的だったのですか?

JUJU:ジャズは30%ですね。小学校6年生のときに空前のイタロハウス・ブームがありまして(笑)、そこからクラブミュージックに傾倒して、高校生のときはハウスとヒップホップが大好きだったんです。あとMTV主催か何かのクリスマス・ライブの中継で、マドンナ、マイケル・ジャクソン、ジョージ・マイケルがニューヨークで同時にライブをしてて、「ニューヨークってすごい!」と思って。ジャズも西海岸より東海岸のものが好きだったし、あそこに行けば私の好きなものが全部あると思って行ったんです。

―そういう意味で30%だと。

JUJU:でも最初の4年間はホントにクラブにしか行ってないんですよ。まだ若かったし、日本人の女の子がひとりでクラブに来るようなこともなかったから、イケてる気がしてて(笑)。だからその4年間は、日本人とは決して口をきかないっていう決まりを決めて、週7でずっとクラブに入り浸ってました。

JUJU NY在住時代の写真
NY在住時代の写真

―その生活がいつ変化したんですか?

JUJU:4年ぐらい経ったときに、このままこの生活を続けてたらダメになるわって。いつまでも若いわけじゃないって、段々と気づいていったんです。親にも「歌をやりに行く」って言って出てきたのに、全然何の形にもできていなかったし、そのとき初めて自分自身と向き合って、自分が一番やりたいと思ったジャズをやりに行ったんです。でもそこで、こんな真剣な世界に私がいるのは失礼だってすごく思い知らされて。

―そこがひとつターニング・ポイントになったんですね。

JUJU:そうですね。お昼のお仕事を始めて、週7で遊んでいたのが週4になったっていう(笑)。

―(笑)。それからは、ニューヨークでお仕事をされていたんですか?

JUJU:今のJUJU像とは全然違うと思うんですけど、ニューヨークで働き始めたのはストリート・ファッションのお店だったんですね。社長がロシア人で、もともとは画家だったんですけど、そこから証券マンになってウォール・ストリートで働いて。でも、それもやっぱり違うってなったらしく、自分の絵が立体になったらどうなるだろうって始めたのがその服屋なんです。その人の下で働き始めたら、有名な画家とかフォトグラファーとかと関わる機会が増えて、音楽以外のこともそこから色々と広がっていったんです。

―面白い社長さんですね。さすがは人種の坩堝、ニューヨークならではですよね。

JUJU:彼はすごく大切なことをいろいろ教えてくれました。「Don’t Be Sorry, Be Careful=謝るぐらいなら気をつけろ」とか、当たり前のことなんですけど、だからこそ大切ですよね。すごくつらいときに、でもその痛みが自分を殺すほどの痛みじゃなかったら、これから先強くなるだけだって彼がボソッと言ったときも、ホントその通りだなって。それからは、私もつらいときはそう思えば楽になれたし、あの人が私をタフにしてくれたなって思います。

3/3ページ:おしゃれなジャズじゃなくてど真ん中のジャズっていうのは逆に、「なんか古臭いけど可愛いね」って思ってもらえるんじゃないかって。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

JUJU『DELICIOUS』
JUJU
『DELICIOUS』初回限定盤

©2011 Peanuts Worldwide LLC

2011年11月30日発売
価格:3,990円(税込)
Sony Music Associated Records / AICL-2327/8

1. A Woman Needs Jazz
2. You'd Be So Nice To Come Home To
3. Night And Day
4. Candy
5. Cry Me A River
6. Girl Talk
7. Lullaby Of Birdland
8. Moody's Mood For Love
9. Quizas, Quizas, Quizas
10. Calling You
11. Ev'ry Time We Say Goodbye
12. Lush Life
13. みずいろの影

※特典DVD+デジパック+ダブル購入者応募ハガキ封入

リリース情報

JUJU『DELICIOUS』
JUJU
『DELICIOUS』通常盤

©2011 Peanuts Worldwide LLC

2011年11月30日発売
価格:3,059円(税込)
Sony Music Associated Records / AAICL-2329

1. A Woman Needs Jazz
2. You'd Be So Nice To Come Home To
3. Night And Day
4. Candy
5. Cry Me A River
6. Girl Talk
7. Lullaby Of Birdland
8. Moody's Mood For Love
9. Quizas, Quizas, Quizas
10. Calling You
11. Ev'ry Time We Say Goodbye
12. Lush Life
13. みずいろの影

プロフィール

JUJU

18歳で単身渡米。04年8月にシングル『光の中へ』でデビュー。09年、映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌『明日がくるなら』をリリースし、着うた(R)等配信累計320万DLを記録。大ブレイクを果たす。昨年9月、自身初のカバーアルバム『Request』をリリース。女性シンガーのカバーアルバムとしては史上初のオリコン2週連続1位、60万枚を突破する大ヒットを記録。2011年7月には、待望の4th アルバム『YOU』をリリース。2作連続2週1位の快挙を達成し、未だロングセールス中。さらに、11月30日には、待望の1st JAZZ ALBUM『DELICIOUS』を発売!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される