特集 PR

固まる前に叩き壊す カゲロウインタビュー

固まる前に叩き壊す カゲロウインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

小賢しいことをやってもごまかせない曲が多いんですよ。だから音色一発だったり、生音の音量の感じとか、気持ち、感情が見える部分で見せていくべきだなって。

―『III』はカゲロウにとって変化の1枚だったわけですが、メンバーの優しさや、マネージャーの愛情(?)にも恵まれて、白水さんとしてはかなり順調な制作になったわけですね。

Ruppa:白水の言うことを酌まないとこのバンドは進まないってわかってきたんですよ。とりあえず乗せて、動かしてから考えようっていう。出鼻くじくとくじける子なんで。

白水:「じゃあ、もういいよ」ってその曲2度とやらなくなるし(笑)。でも本当に「白水に対する優しさ50%増し」だったお陰で、僕の中ではすごいクリアなアルバムになった。『?』のときって、変な言い方ですけど、レイプされてる感じだったんですよ。自分のイメージがメンバーのフィルターで変異した形で出てて、それはそれで超かっこよくて、でも自分の中で最初に生まれたものではなくて。今回はみんなの優しさにより、頭に浮かんだものがパッと出せたかなって。

―Ruppaさんは今回の制作にあたって、前作までとの違いはありましたか?

Ruppa:白水がリーダーだけど、あたしがメロディーを担当するわけで、今回の音源では引っ張らなきゃいけないポジションなのかなと。ライブのときだけじゃなくて、音源になったときにもフロントマンっぽい感じに、メンバーの演奏背負ってちゃんと音をリスナーに届ける役割をやろうっていうのはありました。だって…曲が単純じゃん?

白水:単純だよ(笑)。パンク上がりだもん。

Ruppa:小賢しいことをやってもごまかせない曲が多いんですよ。だから音色一発だったり、生音の音量の感じとか、気持ち、感情が見える部分で見せていくべきだなって。

―菊池さんは今作での変化ということに関してはいかがですか?

菊池:前作は私が入る前にできてた曲もあったけど、今回は全部一緒に作ったから…だから、自分で曲のメモも書きました。

菊池智恵子
菊池智恵子

白水:そりゃ当たり前だろ(笑)。途中までいい話っぽかったのに…。

―(笑)。でも、全曲一緒に作ったことによって、バンドに対する意識はより高まったんじゃないですか?

菊池:…それは前から変わらん。

白水:チエちゃんはもともとカゲロウのことが好きで加入してくれたんですよ。そういうこともあって、最初はチエちゃんの中にあるカゲロウ像に染まろうと頑張ってて、『?』でチエちゃんならではの感じが出てきたけど、まだ「これでいいのかな?」って感じがあったっぽくて。でも、今回は僕がフレーズを指定するようなこともあんまなくなってきて、チエちゃんの中でもカゲロウが自然になったんじゃないっすかね。

変化をすることが目的ではなくて、目的に届かせるために選ぶ手段が変化なんだと思います。

―途中で「今回は枠を外した」という話がありましたけど、もともと4小節しか同じことをやらない人が中心のバンドだし(笑)、カゲロウはそうやってどんどん変わり続けていくバンドなんでしょうね。

白水:飽きちゃうんすよね。自分のやりたいことがあって、まだそこまで行けてないのに、変に安定したトコに落ち着いてもなって。アルバムをコンスタントに出したり、こうやってインタビューをされることですら、昔から考えるとすごく嬉しいことなんですけど、もっと高いところに行けるんじゃないかって。そのためにどうするかって言ったら、「固まってきたときに1回ゼロにして考える」っていう。

―そうやって、少しずつ高みに近づいていくと。

白水:そうだといいですよね。昔だったらカゲロウに他の人をいれるのも抵抗があったと思うんだけど、今回はタブさんにも参加してもらったし、ライブで対バンの人に参加してもらうのも楽しいし。変に固まらなかったお陰で、いろんなオッケーがあることを知れたというか。

―いい意味で、こだわりが抜けてきたのかもしれないですね。

白水:「これしかやんないよ」っていうスタイルもあるかもしんないけど…僕はやっぱり飽きちゃう。ロックンロール・バンドは好きですけど、「新曲作りました」って言って、「またベースラインこれかい…」っていうのは性に合わないんですよ。変化をすることが目的ではなくて、目的に届かせるために選ぶ手段が変化なんだと思います。

―アルバムリリース後の2月にはアウトストア・ライブが行われるそうですね。

白水:うん、タワレコで買ってくれたひとはみんな入れるんだけど、やるハコも全然でかいわけじゃないんで、パンパンになったら入れ替えで、何回かやろっかなって。

―何回やることになるのか楽しみですね。

白水:たくさんやる事になればといいけどね(笑)。ただ、ライブに来るにせよ、来ないにせよ、カゲロウの音が誰かの人生の一部分にでもくいこめたら、それはホント嬉しいことでして。特に、カゲロウの曲をライブのSEで使ってくれたり、大学でコピーしてくれたりとかって話を聞くことがあって、僕らも軽音とかでコピーバンドいっぱいやってたからホント嬉しいんすよ。思わず「飲みに行こう! おごるぜ!」って言いたくなるくらい(笑)。なのでとにかく、まずはこのアルバムを聴いてもらえたら嬉しいですね。

Page 3
前へ

リリース情報

カゲロウ『KAGEROIII』
カゲロウ
『KAGEROIII』

2012年1月11日発売
価格:2,520円(税込)
RAGGED JAM RECORDS / MEDIA FACTORY / RAGC-004

1. GAS
2. LIBERTINE SPECIAL
3. sheepless, but feel alright
4. HYSTERIA
5. YELLOW
6. ONE DAY
7. PAINKILLER
8. MIST
9. BLACK MIG
10. a bird in the cage
11. FRISBY AND THE MAD DOG
12. DRILL LINER

イベント情報

『KAGEROIII Release Tour「HYSTERIC GAS」』

2012年1月28日(土)
会場:東京都 渋谷 PLUG

2012年2月4日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

2012年2月18日(土)
会場:宮城県 仙台 JUNK BOX

2012年2月25日(土)
会場:東京都 恵比寿 Batica(タワーレコード購入者特典ライブ)

プロフィール

カゲロウ

白水悠(Ba)、佐々木“Ruppa”瑠(Sax)、菊池智恵子(Piano)Drummer:鈴木貴之/野中隼人(The end roll)/松下マサナオ(YASEI COLLECTIVE)。ジャズカルテット編成の常識を覆す攻撃的な轟音とパンクスピリット溢れるライブパフォーマンスを武器に、活動当初から都内アンダーグラウンドシーンを席巻。ジャズ、パンク、ハードコアシーンを股にかける異端児として、国内外問わず注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. 香川照之による昆虫アパレルブランド「Insect Collection」の予約販売開始 1

    香川照之による昆虫アパレルブランド「Insect Collection」の予約販売開始

  2. 黒川芽以が中村倫也、田中圭と婚活で出会う『美人が婚活してみたら』新写真 2

    黒川芽以が中村倫也、田中圭と婚活で出会う『美人が婚活してみたら』新写真

  3. 映画『サムライマラソン』 佐藤健、小松菜奈、森山未來、長谷川博己ら共演 3

    映画『サムライマラソン』 佐藤健、小松菜奈、森山未來、長谷川博己ら共演

  4. 『フルーツバスケット』が原作者・高屋奈月総監修で全編アニメ化、来年放送 4

    『フルーツバスケット』が原作者・高屋奈月総監修で全編アニメ化、来年放送

  5. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾が福岡で街ブラ、『略してブラリク』RKBで放送 5

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾が福岡で街ブラ、『略してブラリク』RKBで放送

  6. 『映画刀剣乱舞』特報映像、三日月宗近や山姥切国広ら刀剣男士が登場 6

    『映画刀剣乱舞』特報映像、三日月宗近や山姥切国広ら刀剣男士が登場

  7. KRAFTWERKの来日公演が東西で4月開催、東京は4DAYS 3D映像駆使 7

    KRAFTWERKの来日公演が東西で4月開催、東京は4DAYS 3D映像駆使

  8. 灰野敬二がFODの音楽番組『PARK』に登場 ライブ&インタビュー配信 8

    灰野敬二がFODの音楽番組『PARK』に登場 ライブ&インタビュー配信

  9. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 9

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  10. レキシ楽曲がミュージカル化 『愛のレキシアター』に山本耕史、松岡茉優ら 10

    レキシ楽曲がミュージカル化 『愛のレキシアター』に山本耕史、松岡茉優ら