特集 PR

固まる前に叩き壊す カゲロウインタビュー

固まる前に叩き壊す カゲロウインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

結果的に、1個足りない感じじゃなくて、凝縮して放出できたなって。

―でも、カゲロウの音楽はその中でも特徴的ですよね。パンク畑の白水さんに対して、Ruppaさんはジャズを勉強されてたんですか?

佐々木“Ruppa”瑠
佐々木“Ruppa”瑠

Ruppa:勉強してる人に比べたらかじってるともいいずらいですけどね。格ゲーで例えるなら波動拳の入力コマンドを知ってるみたいなもんですよ。昇竜拳も出せるけど、あまりに鉄板なことするのは小っ恥ずかしかったりして。きちんと外れるために基本的なことを知る必要があるって感じでしょうか。


―…つまり、ジャズのマナーは身についていたわけですね(笑)。若干畑が違う部分もあったと思いますが、バンドにはスムーズに溶け込めたんでしょうか?

Ruppa:青春パンクブームに乗ってたので畑は違わないんですが、この人(白水)ひどくて、同じことを4小節ぐらいしかやらないから、セッションしてて「あ、そういう感じでやりたいのね」って思ったころには、もうそれに飽きてたりしてて。

白水:「待つ」とかダメなんですよ。当時は歌の後ろでベースを弾くことにすごいストレスを覚えていて、「なんでお前の歌を俺が引き立てなきゃなんないんだ?」って苛立ってたから、カゲロウで弾くのが本当に楽しかったすね。

―それで、4小節毎に新しいフレーズを繰り出していたわけですね(笑)。曲の原型は白水さんが作っているとのことですが、今回のアルバムって、楽曲の幅がかなり広がりましたよね。何か理由があるんでしょうか?

白水:2枚目の『?』を作り終って、周りの中でカゲロウっていう変な枠ができちゃったんですよ。その枠を外したかったってのが大きいと思います。あと、大体どんなバンドでも、1stってそれまでの活動のベストで、2ndは「(1stに)これ入れたかったわ」って曲が半分、新曲が半分くらいの割合になってることが多いんじゃないかなー。だから3枚目のアルバムって、デビュー後に作った新曲ばかりで構成する初めてのアルバムなんですよ。そういうわけで、今回のヤツを作る上で結構危機感もあって。

―なるほど。ドラマーが3人参加してることも影響してそうですね。

白水:うん、その象徴が一曲目の“GAS”で、ああゆうビートはこれまでのカゲロウだったら発想として出なかったでしょうね。

―それってバンドにとってはなかなかの変化だと思いますが、変化に対する違和感はなかったんでしょうか。

白水:これまでの枠を外したくて作ったから、かなり苦戦すると思ってたんですけど、メンバーの理解がすごく早くて。これまでは僕が何かを提示して、まず「嫌だ」って言われるのが第一歩みたいなところもあったので(笑)。

―そうなんですか?

Ruppa:だいたい「じゃあ、(白水が)言ったようにやってみるよ」って言って、要望に応えた上ですげえ下手に吹いたりしてました(笑)。

―つぶし合いじゃないですか(笑)。

白水:今回は貴之がアメリカに行って3人になったから、2人の優しさなのかわからないけど、一丸となった感じはしましたね。結果的に、1個足りない感じじゃなくて、凝縮して放出できたなって。

―4人と3人って結構違うでしょうからね。

白水:4人だと発言しなくていいやつが出るんですよ。飲んでるときもそうじゃないすか? 4人で飲んでると1人携帯イジってても別にいいんすけど、3人で飲んでて誰かがイジりだすと、みんなイジるじゃないですか(笑)。

―わかります(笑)。

白水:あと2011年は4月から9月まで毎月自分たちでシングルを録って、映像も撮って、YouTubeにアップしてっていうのをやってたから、1年っていうスパンでまたアルバムを出せたのは、その影響も大きかったですね。

―そもそも、その企画のアイデアはどこから出てきたんですか?

白水:マネージャーとかと飲んでて、僕が発した言葉が確約なきままニュースサイトで流れちゃってて(笑)。

―「言ったことは言ったけど…」みたいな(笑)。

白水:言ったけど、そのときはまだ“GAS”しか作ってねーし(笑)。でも、すっごい楽しかったすけどね。ジャケットも自分で作って、PVも自分で色合い決めたりして、1stを出す前の感覚、自分たちだけでやってた頃の感覚を思い出すよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

カゲロウ『KAGEROIII』
カゲロウ
『KAGEROIII』

2012年1月11日発売
価格:2,520円(税込)
RAGGED JAM RECORDS / MEDIA FACTORY / RAGC-004

1. GAS
2. LIBERTINE SPECIAL
3. sheepless, but feel alright
4. HYSTERIA
5. YELLOW
6. ONE DAY
7. PAINKILLER
8. MIST
9. BLACK MIG
10. a bird in the cage
11. FRISBY AND THE MAD DOG
12. DRILL LINER

イベント情報

『KAGEROIII Release Tour「HYSTERIC GAS」』

2012年1月28日(土)
会場:東京都 渋谷 PLUG

2012年2月4日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

2012年2月18日(土)
会場:宮城県 仙台 JUNK BOX

2012年2月25日(土)
会場:東京都 恵比寿 Batica(タワーレコード購入者特典ライブ)

プロフィール

カゲロウ

白水悠(Ba)、佐々木“Ruppa”瑠(Sax)、菊池智恵子(Piano)Drummer:鈴木貴之/野中隼人(The end roll)/松下マサナオ(YASEI COLLECTIVE)。ジャズカルテット編成の常識を覆す攻撃的な轟音とパンクスピリット溢れるライブパフォーマンスを武器に、活動当初から都内アンダーグラウンドシーンを席巻。ジャズ、パンク、ハードコアシーンを股にかける異端児として、国内外問わず注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催