特集 PR

世界の現場からの提言 GOTH-TRADインタビュー

世界の現場からの提言 GOTH-TRADインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希
2012/01/12

最先端のクラブ・ミュージックとして2000年代半ばに浮上したダブステップは、いまや世界的な市民権を獲得したと言っていいだろう。ここ日本においても、ダブステップの代表格にして異端児であるジェイムス・ブレイクの初来日公演が即完したことは記憶に新しい。そんな中、リアルタイムで海外のシーンと共振し、国内外でその評価を高めてきた日本が誇るダブステップのオリジネイター=GOTH-TRADが、実に6年ぶりとなる新作を発表する。タイトルはずばり『New Epoch』、つまりは「新時代」である。この力強いタイトルは、現在の彼をめぐる状況と、彼自身のクリエイティビティの充実度を、十二分に物語っていると言える。そして、彼のこれまでの足跡を振り返ることは、そのままダブステップの歴史を振り返ることであり、同時に国内の音楽シーンへと向けられた、耳を傾けるべき提言にもなっているのだ。

各アーティストが自分たちでレーベルをやって、作品を作って、お金にするっていう、そういうDIYにフォーカスできたことはよかったと思ってます。

―そもそも海外で活動するようになったのはいつ頃からなのですか?

GOTH-TRAD
GOTH-TRAD

GOTH-TRAD:1番初めに海外でプレイしたのはフランスのパリなんですけど、それが2001年とか2002年、1stアルバムを出す直前ですね。フランスにバトファーっていうクラブがあるんですけど、日本のアンダーグラウンド・ミュージシャンを集めたパーティーが1週間くらいかけて開かれて、そこに招待されたんです。

―日本のミュージシャンばかりが集まるイベントだったんですか?

GOTH-TRAD:そうですね。ケン・イシイさんも出てたし、多分EYEさんとかも出てましたね。その当時、自分はもっとエクスペリメンタルな、ノイズとかをやってた時期で、日本の実験的なアーティストを呼んでツアーを組んでる日本人の女の子と知り合ったのをきっかけに、それ以降ヨーロッパを年に1度回ってました。

―フランスはそういう音楽のシーンが盛んなのでしょうか。

GOTH-TRAD:エクスペリメンタルな音楽、インプロヴィゼーションとかはすごく盛んですね。その翌年にはパリ市主催の音楽祭みたいなのに参加させてもらったんですけど、それもホントにすごい大きな会場で。

―どれくらいの規模なんですか?

GOTH-TRAD:スタジアム級のところで、でも出てるのはノイズとかインプロのアーティストなんですよ。ただ、それだけ大きな規模でイベントが行われたりしても、それが仕事にはならない状態だったんですよね。パリ市がサポートしてくれる体制はあるんですけど、基本的にはすごくDIYな世界なので。

―なるほど。

GOTH-TRAD:すごくアンダーグラウンドだし、今思うと少し閉鎖的だったんですよね。ただ、そこがかっこいい部分でもあったし、その数年間の経験はすごく大きなものでした。各アーティストが自分たちでレーベルをやって、作品を作って、お金にするっていう、そういうDIYにフォーカスできたことはよかったと思ってます。

Page 1
次へ

リリース情報

GOTH-TRAD『New Epoch』
GOTH-TRAD
『New Epoch』

2012年1月11日発売
価格:2,520円(税込)
PCD-24271

1. Man in the Maze
2. Departure
3. Cosmos
4. Air Breaker
5. Walking Together
6. Strangers
7. Babylon Fall feat. Max Romeo
8. Anti Grid
9. Seeker
10. Mirage
11. New Epoch

プロフィール

GOTH-TRAD

01年に秋本"Heavy"武士とともにREBEL FAMILIAを結成。GOTH-TRADとして05年に3rdアルバム『Mad Raver's Dance Floor』を発表。同アルバム収録の「Back To Chill」が、UKで話題となり、07年にUKのSKUD BEATから『Back To Chill EP』、さらに同年、超重要DUBSTEPレーベルDEEP MEDi MUSIKから『Cut End/Flags』をリリース。8カ国10都市に及ぶヨーロッパツアーでは各地のオーディエンスを沸かした。以降、世界中をツアーで回り現在では海外からのオファーは絶えない。11年には欧米のビッグ・フェスにも出演を果たす。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも