特集 PR

1番のファンは自分でないと モーモールルギャバンインタビュー

1番のファンは自分でないと モーモールルギャバンインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:前田伊織

モーモールルギャバンというバンドは、とにかく音楽に対して真面目なバンドである。もちろん、上半身裸でオーディエンスにパンティコールを要求するゲイリー・ビッチェのパフォーマンスも、彼らの魅力のひとつであることは間違いない。しかし、彼らが何より素晴らしいのは、その音楽性の引き出しの広さであり、メロディメーカーとしての才能なのだ。ストレートに、赤裸々に、メンバーの総力戦で作り上げたという『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』は、そのことを見事に証明する傑作だと言っていいだろう。特に、本作ではユコ・カティも半分ほどを担当したという歌詞のクオリティが相当高いので、ぜひ歌詞カードを片手に聴いてもらいたいと思う。はたして、彼らはいかにしてこの境地へとたどり着いたのか? ゲイリーとユコの軽妙なやり取りも交えながら、じっくりと語ってもらった。

「俺はこれをやってればいい」を超えて、「俺はこれをやんなきゃいけないんだ」って、1年かけてそういうところにたどり着けた気がします。(ゲイリー)

―前作の『BeVeci Calopueno』は、音楽性にしても歌詞にしても、バンドの様々な方向性を突き詰めたような作品だったと思うのですが、本作はよりダイレクトで、シリアスな、軸のしっかりした作品に仕上がっていると思いました。

ゲイリー:今回はテーマが「ロック」だったんです。「ストレートにちゃんと届くいいものを」っていうのをすごく意識して作って…でもなんか、今回は作品っていうか、己の魂の叫びのような感じでした(笑)。

ユコ:「案外今まで直球のストレートなロックってやってないよね?」って話をしたんです。年齢的に30ぐらいになって、若気の至りじゃないけど、そういう若さみたいなものを出せる機会は今回が最後かもって。もちろん、年を取ったら取ったで、またいろんな側面が出てくると思うんですけど、今の等身大のストレートな音を真空パックしておこうと。

左から:ユコ・カティ、ゲイリー・ビッチェ
左から:ユコ・カティ、ゲイリー・ビッチェ

―ゲイリーさん、魂の叫びのような作品になったっていうのも「若さ」という部分から来ているんでしょうか?

ゲイリー:僕が思ったのは、2011年が衝撃的な年だったので、軽い気持ちで音楽やってるような状況じゃないから、真面目にやろうってことですね。

ユコ:『BeVeci Calopueno』も真面目にやったよ?

―(笑)。

ゲイリー:そうなんだけど…

ユコ:でも、わかる。今考えてることをストレートに発信したくなるようなことがたくさん起きたので、自然と状況がそういうテーマを生んだのかもしれないですね。

―どこかにターニングポイントがあったというよりは、昨年1年かけてジワジワと今の方向に向かって行ったという感じでしょうか?

ゲイリー:おっしゃる通り、1年かけてジワジワと、いろんな意識改革みたいなものがあった気がします。

―特に大きいのはどんな部分ですか?

ゲイリー:これまではストレートな音楽を自分がやっても意味がないって思ってたんです。大して歌も上手くないし、ドラムも上手くないから、そういうのはミスチルさんとかコブクロさんに任せておいて、俺は「パンティ! パンティ!」叫んだり、「ユキちゃん愛してる」とか言ったり、それでいいじゃんと思ってたんですけど…できると思ってやることよりも、できないと思って、でもそこに果敢に挑戦し続けることの方が説得力あるじゃないですか? 「俺はこれをやってればいい」を超えて、「俺はこれをやんなきゃいけないんだ」って、1年かけてそういうところにたどり着けた気がします。

ユコ:うん、「やんなきゃいけない」って感覚はあったよね。

ゲイリー:「これをやればいい」っていう発想だと、もうそこで終わりじゃないですか? でも、「これをやりたい」って思ったら、終わりがないから、一生が勉強だし、一生成長し続けないと面白くないしっていうのを考えたら、「プロってきっとそういうことなんだ」って、なんか理解したような気がしたんです。

2/4ページ:俺はやっぱりこういう感じで赤裸々に歌わないと伝わんないのかなって…夜にマラソンしながら気づいたんです(笑)。(ゲイリー)

Page 1
次へ

リリース情報

モーモールルギャバン『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』
モーモールルギャバン
『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』

2012年3月21日発売
価格:2,500円(税込)
VICL-63858

1. スシェンコ・トロブリスキー
2. サノバ・ビッチェ
3. MY SHELLY
4. 僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ
5. いつか君に殺されても
6. 午前二時
7. J・O・E
8. それは悲しい唄のように
9. 彼と彼女の日常
10. 気まぐれのように揺れる世界から
[初回限定特典]
・限定ジャケ・カード
・卓上モーモールルギャバン
・メンバー直筆第三弾 直筆サイン入りかもしれない豪華応募抽選券

プロフィール

モーモールルギャバン

ゲイリー・ビッチェ(Dr&Vo)、ユコ・カティ(Key&Vo)、T-マルガリータ(B)。2005年京都にて結成、09年に発表した初フルアルバム『野口、久津川で爆死』が話題になり、10年にメジャー進出を果たす。圧倒的なライブパフォーマンスが話題で、フェスでは常に入場規制、「第4回CDショップ大賞2012」では“ライブパフォーマンス賞”を受賞するなど、ノリにノッテルロックバンドである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも