特集 PR

誰かの役に立ちたい Applicat Spectraインタビュー

誰かの役に立ちたい Applicat Spectraインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/03/21

存在を証明するための音楽から、誰かの役に立つための音楽へ。初めての取材で「自分のすべて」と語っていた“セントエルモ”と“イロドリの種”のさらに先で生まれたシングル“神様のすみか”。そこに至るバンドの背景を詰め込んだ初のアルバム『スペクタクル オーケストラ』は、つまりバンドが外界とのコミュニケーションをスタートさせるまでを刻んだ、メモリアルな作品だと言っていいと思う。ジャケットを手掛けたのは、「現代の歌う絵師」「絶叫シンデレラ」などと呼ばれる話題の秋 赤音、アルバムの初回盤にはSerphがリミックスを提供し、触って楽しめるミュージックビデオアプリ「マルチ・ビュー・オーケストラ」も配信されるなど、様々なクリエイターがこの門出を彩っている。

バンドの中心人物・ナカノシンイチは前回の取材と同様に、言葉を選びながら、ゆっくりと質問に答えてくれた。その背景には、まず音楽が第一であり、イメージで聴いてほしくはないという音楽家としての誠実な想いがあることは間違いない。その一方で、話の途中で何度か口にした「怖い」という言葉が示すように、コミュニケーションから生まれる摩擦に対し、現在のナカノが戸惑いを感じていることもまた事実だろう。彼自身が言葉で記した「関係性の物語」の中で、バンドがいかに自分たちの物語を切り開いていくか。さあ、本当の始まりだ。

30分間ずっとニコニコ…を超えて、ニヤニヤになってるようなお客さんが目の前にいて、だったらもっと何かしてあげたいなって、そういう風に変わってきましたね。

―2月の『exPoP!!!!!』で初めてライブを見させてもらったんですけど、すごくよくてびっくりしました。前回の取材の中で、ライブは「必要だからやってる」という側面もあるって話があったと思うんですけど、でも楽しそうにライブしてるなって思って(笑)。

ナカノ:最近ちょっと楽しくなってきたっていうのもありますね。

―その変化はどこから来たものなのでしょう?

ナカノ:反応の変化ですね。最初はホントにポカーンと、見たことないもの見てるみたいな感じで、お客さんも「どうしたらいいの?」って感じだったんですよ。「どうしたらいいの?」っていう人に対して、こっちもどうしていいかわからないじゃないですか(笑)。でも、最近はお客さんから「キラキラしたものを見たい」っていう感じがすごく伝わってくるので、だったら僕らのキラキラした部分を見せましょうっていう、わかりやすい構図になってきたなって。

viBirth × CINRA presents 『exPoP!!!!! volume59』 @渋谷O-NEST(2012年2月23日 撮影:前田伊織)
viBirth × CINRA presents 『exPoP!!!!! volume59』
@渋谷O-NEST(2012年2月23日 撮影:前田伊織)

―なんでもそうだけど、相手は自分の映し鏡だったりしますもんね。あの日はお客さんもホントにキラキラしてましたもん。

ナカノ:30分間ずっとニコニコ…を超えて、ニヤニヤになってるようなお客さんが目の前にいて、だったらもっと何かしてあげたいなって、そういう風に変わってきましたね。

―そういうお客さんが増えてきたのは、ライブ自体に説得力があるからですよね。それにアプリキャットの場合、楽曲やサウンドはもちろん、ステージ上に機材が沢山あるっていう、視覚的な強みも大きいと思いました。ライブにおける視覚的要素の重要性って、自分たちではどの程度意識していますか?

ナカノ:最初は偶然だったんです。いろんな音を出すためだったので。でも、今はその偶然を上手く利用してやろうっていう気持ちがあって、動きをつけたりしているんです。そういう目で見て分かりやすい個性って、みんな好きじゃないですか?

ナカノシンイチ
ナカノシンイチ

―うん、好き(笑)。

ナカノ:そういうところを上手くくすぐってる感じですね(笑)。

―くすぐられました(笑)。右手でパッドを叩いてるときなんて、まさにオーケストラの指揮者みたいだったし。

ナカノ:ああ、指揮者みたいな気持ちではいます。

―VJとか入るのも似合いそうだなって思いました。

ナカノ:はい、募集中です。「あて先はこちら」って、書いておいてください(笑)。僕らのことがホントに好きな人と一緒にやりたくて、こっちからお願いしてやってもらうのは何か違うなって思ってるんです。そのためには、自分たちがすごくならないとっていうのもありますね。

2/3ページ:理想郷というよりも、僕が見たままを伝えてるっていう感じですね。

Page 1
次へ

リリース情報

Applicat Spectra『スペクタクル オーケストラ』
Applicat Spectra
『スペクタクル オーケストラ』初回盤

2012年4月4日発売
価格:1,680円(税込)
A-Sketch / AZCS-1018

1. セントエルモ
2. 神様のすみか
3. クロックワイズ
4. 猫と笑うノスタルジア
5. イミテーションブルー
6. ―Interlude―
7. イロドリの種
8. 神様のすみか(Serph Remix)

Applicat Spectra『スペクタクル オーケストラ』
Applicat Spectra
『スペクタクル オーケストラ』通常盤

2012年4月4日発売
価格:1,680円(税込)
A-Sketch / AZCS-1019

1. セントエルモ
2. 神様のすみか
3. クロックワイズ
4. 猫と笑うノスタルジア
5. イミテーションブルー
6. ―Interlude―
7. イロドリの種

リリース情報

Applicat Spectra『神様のすみか』
Applicat Spectra
『神様のすみか』

2012年3月14日からタワーレコード(一部店舗を除く)、TSUTAYA RECORDS、HMV、新星堂で期間限定発売
価格:500円(税込)
A-Sketch / APCS-3

1. 神様のすみか
2. セントエルモ Takeshi Hanzawa Remix

インフォメーション

Applicat Spectra
『マルチ・ビュー・オーケストラ』

Applicat Spectraの触って楽しめるミュージックビデオアプリ

2012年3月21日から6月30日(予定)までGoogle Play、iTunes App Storeで無料配信

イベント情報

Applicat Spectra ONEMAN LIVE』

2012年4月30日(月・祝)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷 WWW

2012年5月12日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 OSAKA MUSE

料金:両公演 前売2,500円(ドリンク別)

プロフィール

Applicat Spectra

2010年8月関西にて結成。ナカノシンイチ(Bass,Vocal,SamplingPad)、ナカオソウ(Guitar)イシカワケンスケ(Guitar,Synthesizer)、ナルハシタイチ(Drums)の4人組。相反する2つの世界を歌いあげるあどけない印象的なボーカルスタイルとエレクトロとギターロックが融合した独特のサウンドがデビュー前より話題となる。PC同期などを一切使わずメンバーが2つずつの楽器を担当して再現する独自のライブスタイルなど何もかもが新しい新世代バンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」