特集 PR

ねごと×tofubeatsの同い年対談

ねごと×tofubeatsの同い年対談

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:田中慎一郎

高校生のときに出演した『閃光ライオット』(10代アーティスト限定のロックフェス)で脚光を浴びた「ねごと」。中学生からネット上で無数の音源を発表して注目を集めた「tofubeats」。バンドとトラックメーカー、ライブとネット、ともに若くして活躍しながら、正反対の環境で音楽を続けてきた2組は、実は同い年。現在両者とも、大学4年生として学業と音楽活動を両立させている(ねごとのボーカル蒼山幸子は短大卒業済み)。今回はねごとの2ndシングル『sharp ♯』に、tofubeatsがリミックス参加したということで、両者に対談してもらい、同世代ならではの話に花を咲かせてもらった。小学生の頃からインターネットに触れて育ち、90年代生まれの感覚を随所に感じさせる発言の数々からは、今後の音楽シーンに来るべき変化を感じてもらえるはずだ。

ねごともがんばって(音楽と学校を)両立してるから、オレもがんばらなきゃみたいな。(tofubeats)

―今回、ねごとの“sharp ♯”をtofubeatsさんがリミックスすることになった経緯は?

蒼山幸子
蒼山幸子

幸子(Vo&Key):“sharp ♯”が『「機動戦士ガンダムAGE」アセム編』のオープニングテーマに決まったときに、今作からねごとを知ってくれる人に対して、リミックスを入れたいねって話になったんです。それで、リミックスしてくれる人を探していたなかで、tofubeatsさんならダンスミュージックも知りつつ、アニメの特性も知りつつ、ちょうどいいバランスでやってくれるんじゃないかなっていう提案をマネージャーさんからいただいて。私たちもおもしろそう! と思って、お願いしたんです。


―ねごとのみなさんとtofubeatsさんが実際に会うのは、今日が初めてなんですよね?

佑(Ba):はい。tofubeatsさんは同い年ということを聞いていたので、楽しみにしてました!

tofubeats:実は僕、ねごとが2008年に『閃光ライオット』に出演したときから見ていたんです。僕はずっとひとりで活動してて、一度も誰かと組んだことがなかったので、うらやましいなと思いながらずっと気にしてて。(去年3月に)『カロン』が出たときも普通に買って、DJで使ってたんですよね。だから、お話をいただいたときは、すごいうれしかったんです。

tofubeats
tofubeats

瑞紀(Gt):そうだったんですね! うれしい!

― tofubeatsさんも『WIRE』(=石野卓球が主催する日本最大級のレイブイベント)に出たのが2008年。高校生の頃から注目されてましたよね?

tofubeats:いや、もうひとりなので、いろんなところに音源を送りまくってたんですよ。作曲コンテストに応募したり、ラジオ局に送ったり。あとはDE DE MOUSEさんとかイルリメさんとか、好きなアーティストに、「○○さんの曲が大好きです。僕のデモ聴いてください!」ってファンレターみたいなのを送ったり。いまでこそDJもやるようになって、DE DE MOUSEさんとか仲良くしてもらってますけど、昔は家から出ずにデモばっか送ってましたね。

澤村小夜子
澤村小夜子

小夜子(Dr):なんか、バンドやるよりも積極的ですね(笑)。

tofubeats:何もしなかったら本当にひとりなんで、寂しいから(笑)。ネットでいっぱいデモとかアップしてるのも、反応がほしいからなんですよ。バンドだったらメンバー内でレスポンスもあるじゃないですか。ひとりでやっていると、インターネットとかに置かないと、それさえも返ってこない。

瑞紀:私たち、ひとりだったら『閃光ライオット』に応募なんてできなかったよね。

幸子:そんな積極的なことできない。tofubeatsさん、すごいです。

tofubeats:でも、僕はねごとみたいなバンドに憧れがあるんですよ。リミックスする前に人となりを知りたいなと思って、ブログを見させてもらったんですけど、「試験が終わりました」とか言って、4人でノートの貸し借りとかしてるのかな? とか勝手に想像してて。さっき聞いたら学校は別々ということだったので、単なる妄想だったんですけど(笑)。でも、バンドと大学の両立は難くないですか?

瑞紀:そんなことないですよ。うまくスケジュールを調整してもらってるので。

― tofubeatsさんもいま大学生なんですよね。やっぱり両立は大変?

tofubeats:自分のさじ加減次第なんですけど、リミックスとか他のアーティストさんと関わる仕事だと、締め切りもあるじゃないですか。週末はDJをやって、作曲やリミックスは平日にやるので、大学と両立するのはちょっと大変で。でも、そういうときに、ねごともがんばって両立してるから、オレもがんばらなきゃみたいな。そういう意味でも同世代のバンドと仕事ができてよかったなって。

2/3ページ:“sharp ♯”は、ねごと史上いちばんストレートな曲だったので、情景とかよりも気持ちみたいな部分を書こうっていうのはありました。(幸子)

Page 1
次へ

リリース情報

ねごと『sharp ♯』通常盤
ねごと
『sharp ♯』通常盤

2012年4月4日発売
価格:1,260円(税込)
KSCL-2000

1. sharp ♯
2. drop
3. Tonight

ねごと『sharp ♯』期間生産限定盤
ねごと
『sharp ♯』期間生産限定盤

2012年4月4日発売
価格:1,365円(税込)
KSCL-2001

1. sharp ♯
2. カロン
3. sharp ♯ -tofubeats remix-
4. sharp ♯ -TV size-
5.sharp ♯ -Inst.-

プロフィール

ねごと

蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(G)、藤咲佑(Ba)、澤村小夜子(Dr)による千葉県出身、全員平成生まれの4ピースバンド。さわやかでポップな要素と、オルタナティブなロックエッセンスを盛り込んだ、一見アンバランスなバランス感で新世代のガールズロックを奏でる。「閃光ライオット2008」審査員特別賞受賞。2010年、初音源となるミニアルバム『Hello!”Z”』をリリース。11年にリリースしたファーストアルバム『ex Negoto』はオリコンTOP10にチャートイン。2012年4月4日に2ndシングル『sharp ♯』をリリースする。

tofubeats

1990年生まれ、神戸市内在住のトラックメイカー/DJ。インターネットでの音源公開を中心に活動を開始し、現在は公式にFPM、9nine、佐々木希、ももいろクローバーなど多数アーティストのリミックスを手がける。他にもtengal6のシングル”プチャヘンザ!”のプロデュースなど精力的に活動中。2012年初頭にはオノマトペ大臣と”水星EP”を12インチレコードでリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年