特集 PR

資生堂名誉会長・福原義春が自分を重ねた、駒井哲郎という生き方

資生堂名誉会長・福原義春が自分を重ねた、駒井哲郎という生き方

インタビュー・テキスト
杉浦太一
白坂ゆり
撮影:菱沼勇夫
2012/04/25

経済と芸術。この2つ、とかく対極に語られがちだが、それを見事に統合した希有な人物がいる。福原義春さんだ。日本を代表する大企業である資生堂の大改革をいくつも成し遂げ、現在も同社の名誉会長でありながら、企業メセナ協議会会長、東京都写真美術館の館長など、まさに経営者としても文化人としても、多大な功績を生み続けていらっしゃる。そんな福原さんが50年以上をかけて500点以上の作品を収集したという駒井哲郎という版画家、みなさんはご存知だろうか? この度、リオープンする世田谷美術館のこけら落としとして、『福原コレクション 駒井哲郎1920-1976』展が開催されると聞き、その膨大なコレクションを全て寄贈したという福原さんにお話しを伺った。なぜ、福原さんにとって駒井哲郎は特別だったのかを伺ううちに、氏が考える経済と芸術の関係性、これからを生き抜くために必要な力にまで話しは及んでいった。

大企業の経営者が駒井哲郎に覚えた、兄弟のような親近感

―福原さんは50年以上もかけて、500点を超える駒井さんの作品を収集されてきたわけですが、まずは駒井さんとの出会いからお聞かせいただけますか?

福原:駒井さんは慶応幼稚舎(小学校)で私の10年先輩でした。慶應は6年間、同じ担任がずっと見ることになっていますが、私の担任の吉田小五郎先生はその前に駒井さんの学年の担任もなさっていました。吉田先生はいわゆるエリート志向ではない方で、「エスカレーター式で大学や会社に入っていいわけはない。あなたがたの先輩には、駒井哲郎のように美術学校を出て芸術家になった人もいる」と、ことあるごとにお話しになっていました。話しを聞くうちに、一方的に自分の兄のような親近感を覚えていったというのがきっかけです。

―なぜ、そういった方に親近感を覚えられたのでしょう?

福原:私もいずれは家の跡継ぎ(資生堂)の中に入らなければならないけど、当時からそれをいいとは思っていなかったんです。駒井さんの家も氷問屋でしたから、私と似た境遇でした。でも、駒井さんはそれを継がずに版画の道を選んだ。幼稚舎時代に版画に熱中して、絵で身を立てたいからと慶應を辞めて美術学校を受けるんですよね。浪人になる可能性もあるわけで、それくらいの冒険をして新しい表現を探すような潔さがあったわけです。

―駒井さんの生き方に共感をされたわけですね。その後も駒井さんへの関心は薄れず?

福原:はい。大人になってからも、ずっと気になっていて、駒井さんの作品を少しは持っていたいなと思うようになりました。初めて手に入れたのは、南画廊での第2回個展の招待状です。その後初めて購入したのが白黒の『虹彩の太陽』という作品。いざ手元に届いて、刷りたての作品に興奮していたら、次にカラーの『黄色い家』という作品が出て。これがコレクションの始まりです。

駒井哲郎《La Maison Jaune(黄色い家)》1960年 <br>福原コレクション(世田谷美術館蔵)(展示期間:5月27日迄)<br>©Yoshiko Komai 2010 /JAA1000185

駒井哲郎《La Maison Jaune(黄色い家)》1960年 福原コレクション(世田谷美術館蔵)(展示期間:5月27日迄)©Yoshiko Komai 2010 /JAA1000185

―それから50年以上、コレクションし続けることになるわけですね。

福原:もうそれ以降は、駒井さんの作品を見かけるたびに手に入れて、数が多すぎて家に掛けることもできなくなってしまいました。そこで、世田谷美術館に寄託(保管)いただくことになったのです。

世田谷美術館外観
2012年3月31日にリオープンしたばかりの世田谷美術館外観。緑溢れる砧公園内という絶好のロケーション 撮影:安容子

―それらの作品が今回改めて、寄贈というかたちで、500点以上、全て世田谷美術館に贈られたわけですが、ここまで熱心に収集されたコレクションをどうして贈ることにしたのですか?

福原:やはり芸術作品は皆さんに見てもらわなくてはいけない。だから、自由に展示していただきたく、寄贈させていただきました。はじめから寄託ではなく寄贈してもよかったのですが、その後コレクションもひとまわり大きく育ったし、ちょうど今春の美術館のリオープンを機に寄贈に切り替えたのです。僕は世田谷美術館の建物も大好きなんですよ。大きな公園に囲まれていて、環境も本当にいいですしね。

世田谷美術館地下に新たにオープンしたカフェ・ボーシャン
世田谷美術館地下に新たにオープンしたカフェ・ボーシャン。テイクアウトもできるミュージアムカフェとして、公園利用者にも開放されている。 撮影:安容子

―それだけ集中的に集められたというのは、駒井さんの生き方だけでなく、作品性にも惹かれていらしたわけですね?

福原:ええ。まず最初は彼の生き方に共鳴して、僕もああいう生き方をすべきだったなと常に思っているのです。あんなにお酒を飲もうとは思わないけれどね(笑)。次に作品に惹かれて、より深く関心を持つようになってきました。

―必ずしも駒井さんは全国的な知名度を持った作家ではないわけですが、今、駒井哲郎さんの全生涯を一望できる展覧会を行なうことの意義はどのようにお感じですか?

福原:やはりこれだけコレクションが育ったので、1人の作家の生涯というものを一望できるということでしょう。駒井さんほど、それまでの木版画を中心とした日本の伝統の殻を破って、銅版画という技法を一途に追求し、これだけ多彩な表現をした作家は他にいないと思います。初期の具象作品から、実験工房などとの出会いで前衛的な創作にも果敢にチャレンジしていく過程も見ていただくことができるでしょう。駒井哲郎といえば「黒と白の世界の作家だ」とブランド化されていますが、あまりこれまで知られていない駒井さんの魅力をご紹介できたらと思っています。

2/3ページ:僕はもともと実業家になるべき人間じゃなかった。

Page 1
次へ

イベント情報

『福原コレクション 駒井哲郎1920-1976』

2012年4月28日(土)〜2012年7月1日(日)※前期・後期で作品総入替
第I部:若き日のエッチャーの夢(1935-1960)
4月28日(土)〜5月27日(日)
第II部:夢をいざなう版の迷宮(1961-1976)
5月30日(水)〜7月1日(日)

会場:東京都 世田谷美術館
時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(但し4月30日は開館)※5月29日(火)は展示替えのため休室
料金:一般1,000円 65歳以上・大学・高校生800円 中学・小学生500円
(入場券半券のご提示で、2回目のチケットご購入時に、ご観覧料が2割引となります)

講演会
『コレクションを語る』

2012年4月29日(日)
会場:東京都 世田谷美術館 講堂
時間:14:00〜(当日、整理券を配布します)
講演者:福原義春(株式会社資生堂 名誉会長)
聞き手:清水真砂(世田谷美術館学芸部長)

講演会
『「レスピューグ」スライド原画に寄せて―実験工房を語る』

2012年5月3日(木・祝)
会場:東京都 世田谷美術館 講堂
時間:14:00〜(当日、整理券を配布します)
講演者:湯浅譲二(作曲家・国際現代音楽協会名誉会員、カリフォルニア大学名誉教授、桐朋学園大学音楽部特任教授)

講演会
『わが師 駒井哲郎を語る』

2012年6月2日(土)
会場:東京都 世田谷美術館 講堂
時間:14:00〜(当日、整理券を配布します)
講演者:中林忠良(版画家・東京藝術大学名誉教授)、渡辺達正(版画家・多摩美術大学教授)

『100円ワークショップ』

小さなお子様から大人の方まで、どなたでもその場で気軽に参加できる版画体験。
2012年4月28日〜6月30日の期間中、毎土曜日(随時受付)
会場:東京都 世田谷美術館 地下創作室C
時間:13:00〜15:00
参加費:100円

イベント情報

カフェ・ボーシャン CAFÉ BAUCHANT

世田谷美術館のリオープンに合わせて、美術館地下にカフェが新たにオープン。テイクアウトもでき、緑溢れる砧公園に立地する美術館カフェとして、公園利用者にも開放されています。
営業時間:10:00〜18:00(ラストオーダーは17:30)
休業日:毎週月曜日(その日が祝日の場合はその翌日)、年末年始

『世田谷アーティスト・コロニー「白と黒の会」の仲間たち』

2012年3月31日(土)〜6月17日(日)
会場:東京都 世田谷美術館 2階展示室
時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(ただし4月30日は開館)
料金:一般200円 大学・高校生150円 65歳以上・中学・小学生100円

プロフィール

福原義春

1931年東京生まれ。資生堂名誉会長。資生堂創業者・福原有信の孫。1953年慶応義塾大学卒業、資生堂入社。資生堂米国現地法人社長、商品開発部長などを経て、1987年社長、1997年会長、2001年名誉会長に就任。文化・芸術に造詣の深い経営者としても知られ、エッセイ、蘭栽培、写真は有名。文部科学省参与、企業メセナ協議会会長、東京都写真美術館館長ほか多くの公職を兼務。『ぼくの複線人生』(岩波書店)、『わたしは変わった 変わるように努力したのだ―福原義春の言葉』(求龍堂)など著書多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー