特集 PR

世界への復讐のつもりだった amazarashiインタビュー

世界への復讐のつもりだった amazarashiインタビュー

インタビュー・テキスト
柴那典
2012/06/14

なぜamazarashiの音楽は、まるで渇望に似たような熱を持って迎えられているのだろうか。

amazarashiは2010年にメジャーデビューし、それから3枚のミニアルバムと、1枚のフルアルバムをリリース。メンバー自身は一切姿を見せることのないまま、やり場のない感情や社会の不条理を抉り出す言葉の力、映像表現も含めた圧倒的な表現力で支持を広げている。昨年からは透過スクリーンを用いた特殊な演出のライブを行い、映像と音楽が濃密にリンクするような独自のライブ表現も高い賞賛を集め始めた。熱狂的なファンが、日を追うごとに増えてきているのだ。

そんな彼らが早くも、昨年11月の『千年幸福論』に続くアルバム『ラブソング』をリリースした。そこには、かつてなく優しく、体温が直接伝わってくるかのような楽曲が収録されている。そして同時に、今も変わらず世間に横たわる欺瞞を鋭く突き刺す告発の言葉も並んでいる。

CINRAでも度々取り上げてきたamazarashiだが、このタイミングで初めて中心人物・秋田ひろむへのメールインタビューが実現し、彼の生の声を届けられることになった。今も青森県むつ市に住む彼が、何を考え、この新作に至ったのかを探る。

受け取った手紙の返事は書かなきゃな、という気持ちです。

amazarashiが今、一体どれほどの熱量でファンからの支持を集めているのか。それを説明するのにてっとり早いのは、彼らのライブがここまで全てソールドアウトしている、という事実だろう。昨年6月に行われた初ライブのチケットは、発売開始からたった1分で完売。今年1月には早くも渋谷公会堂のステージに立っている。その模様については以前にもレポートしたが、今までに感じたことのない、現実感覚が揺るがされるような体験だった。メンバー自身の姿は幕の向こうにぼんやりと見えるだけ。ステージ前面に透過スクリーンを、そして後方にも別のスクリーンを配し、投射された映像世界の中で演奏が繰り広げられる。

渋谷公会堂のステージで、秋田ひろむは「誰にも期待されてなかった人間が、なんとか踏ん張って、しがみついて、このステージに立てた」と語っていた。そんな自分の表現が、目の前の人達に届いていることを実感した時の彼の感情は、どういうものだったのだろうか。

秋田:嬉しかったです。ステージ上では緊張もあってか、あまり実感はなかったんですが。しばらくしてからやって良かったなと思いました。

2010年、ミニアルバム『爆弾の作り方』でメジャーデビューしたamazarashiの作品には、「僕等は常に武器を探してる それがナイフじゃないことを祈る」(“爆弾の作り方”)という歌詞が象徴するように、社会への強い違和感、鬱屈や攻撃性が、ありありと現れている。では、不気味なてるてる坊主のキャラクターと共に描きだされてきたその表現の「原点」とはどういうものだったのか。そして、それを形にしたことは、彼にとってはどういう経験になったのだろう。

秋田:生きていく中で降り掛かる悲しみ苦しみを雨に例えて、雨曝しと名付けました。そこから自分を肯定していくような歌を作りたいという願いを込めて。そこからイメージしてのてるてる坊主です。amazarashiの攻撃的な歌は、世界への復讐のつもりだったんですけど、それが何故か受け入れられたりして、良く分からないです。でも、抱え込んでいた自分の汚い部分を吐き出すのは大事だったと思います。

amazarashi
amazarashi

昨年リリースの1stアルバム『千年幸福論』は、世の中で「当たり前とされていること」の虚飾をはぎとり、自分にとっての幸福を再定義するというテーマを持って作られたアルバムだった。そして、新作『ラブソング』も、その延長線上にある作品だ。初期にあった寓話的で内面的な歌詞は少なくなり、聴き手へ直接訴えかけるようなコミュニケーションを志向するポップ性を持った曲が中心になっている。

秋田:『千年幸福論』は「こうしたら僕は幸せだと思うよ」というアルバムで、それを前提として、「だから僕はこんな感じでやって行きますよ」というのが『ラブソング』のような気がします。ライブをやったことは、曲作りにも影響はありました。歌詞を書く時にリスナーを意識したりしました。お客さんと顔を合わせてしまったので、そうなったんだと思います。あと、人と接する機会が増えて来て、そういう所からの気持ちの変化もあります。受け取った手紙の返事は書かなきゃな、という気持ちです。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

amazarashi LIVE TOUR 2012『ごめんなさい ちゃんといえるかな』

2012年6月30日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪府 心斎橋 BIG CAT
料金:前売4,500円 当日5,500円
※チケットは完売

2012年7月1日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land
料金:前売4,500円 当日5,500円

2012年7月8日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 Zepp DiverCity TOKYO
料金:前売4,500円 当日5,500円

2012年8月10日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡県 福岡イムズホール
料金:前売4,500円 当日5,500円

リリース情報

amazarashi<br>
『ラブソング』初回限定盤
amazarashi
『ラブソング』初回限定盤

2012年6月13日発売
価格:2,800円(税込)
Sony Music Associated Records / AICL-2380

1. ラブソング
2. ナガルナガル
3. セビロニハナ
4. ナモナキヒト
5. ハレルヤ
6. アイスクリーム
7. アポロジー
8. カラス
9. ハルルソラ
10. 祈り
[特典]
・CD-EXTRAで“祈り”のフラッシュコンテンツ収録
・amazarashi TOUR 2012『ごめんなさい ちゃんといえるかな』7月8日東京公演のUstream生配信視聴コードが可能なエクスクルーシブID封入
・スリーブケース仕様

amazarashi<br>
『ラブソング』通常盤
amazarashi
『ラブソング』通常盤

2012年6月13日発売
価格:2,500円(税込)
Sony Music Associated Records / AICL-2381

1. ラブソング
2. ナガルナガル
3. セビロニハナ
4. ナモナキヒト
5. ハレルヤ
6. アイスクリーム
7. アポロジー
8. カラス
9. ハルルソラ
10. 祈り

プロフィール

amazarashi

青森県むつ市在住の秋田ひろむを中心としたバンド。2012年6月、2ndアルバム『ラブソング』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで