特集 PR

cinema staff × LOST IN TIME対談

cinema staff × LOST IN TIME対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織

絶対にリスナーとして音楽を嫌いになりたくないし、今自分たちがいる状況をいかに楽しむかっていうことを考えていきたいですね。(三島)

海北:最初にもちょっと岐阜の話をしたけど、今の自分たちの状況も踏まえて、地元の音楽シーンってどう見てる?

飯田:地元でずっとやってるバンドってかっこよく見えるんですけど、岐阜から出ていかないバンドが多かったんですよね。自分たちは名古屋とか岐阜でできることをやって上京したつもりなんですけど、俺は地元をいつか帰る場所だとずっと思ってるんで、ここで1回大きくなって、その後に地元に影響をもたらせたらいいなって思います。

三島:アンダーグラウンドに引っ張られ過ぎてる部分はあったと思っていて、ちょっと閉塞感は感じていました。かっこいいバンドはいっぱいいるから、上京しなくてもいいけど、そのかっこよさを伝える手段をもっと持てばいいのに、持とうとしてない感じがして、僕はそこを打開したかったんです。今でも「レペゼン岐阜です!」って言い続けてるのは、岐阜に目を向けてほしいからで、基本的に僕はお山の大将系の気質なんですけど、地元のヒーローになりたいっていうのが昔からあって、県民栄誉賞が欲しいと思ってるんです(笑)。だから、さっき言ったフェスをやるにしても、半分ぐらいは岐阜のバンドに出てほしいと思ってるし。

海北:このスタンスでメジャーにいるっていうのがすげえって思うわけですよ(笑)。でも、地元が好きな人ほど今は外に出るべきかもしれないですね。時代として今みんなどんどん優しい気持ちに向かってると思うんですけど、優しさっていうのはときに厳しさだったり、それを自分に課せるかどうかで、ぬるさと優しさは違いますからね。

―今も札幌や福岡には地元にかっこいいバンドがいっぱいいると思うけど、でもそこから出て行った人たちによって形作られていった部分っていうのは間違いなく大きいでしょうからね。

飯田:岐阜で「岐阜のバンドかっこいい!」って言っても、絶対見てくれないですもん。やっぱり、違う場所に行ってそれを言わないと。

三島:渋谷のクアトロで、「レペゼン岐阜です!」っていうのにすごく意味があるんですよ(笑)。

海北:今って自分が帰結する場所がすごく薄れてる時代っていうか、人間って自分たちがどこから来てどこに向かうんだろうっていう座標点が、前にも後ろにも必要な生き物な気がするんですよ。どこから来たのかがわからなくなると、どこに進むべきかもわからなくなっちゃう。シネマはそこがちゃんとしてるから、どこに向かうべきかもぶれずに行けるのかなって気がしますね。

―じゃあ、最後に今日話したこと、海北さんからのアドバイスを受けて、改めてシネマの2人に今後に向けての意気込みを話してもらえますか?

飯田:これまで話したことをパッと手放すような感じになっちゃうかもしれないんですけど、結局思うのって、まずはメンバー4人なんですよね。4人で上手く進んでいきたいって思ってるんで、いろいろ考えた上で、4人がやりたいようにやっていきたいなって。これからバンドを続けていく上での分かれ道になるようなCDを作っていくことになると思うので、まずは頑張んなきゃなって気持ちだけですね。

三島:僕は昔ホント海北さんになりたくて、ロストは自分の中で指標にさせてもらってたんです。でもやっぱり、俯瞰し過ぎないことも重要だと思うし、今自分たちがいる状況をいかに楽しむかっていうことを考えていきたいですね。絶対にリスナーとして音楽を嫌いになりたくないし、楽しんでやってるからこそフックアップしたいっていう気持ちにもなるだけなんで、そこは俺が天性のバランス感覚を持ってるんだって信じて(笑)、やるだけだと思います。

Page 4
前へ

イベント情報

『cinema staff 1st E.P.「into the green」release oneman live「望郷」』

2012年7月1日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:岐阜県 岐阜 BRAVO
出演:cinema staff
料金:前売2,800円 当日3,300円
※チケット完売

2012年7月15日(日)OPEN 17:15 / START 18:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
出演:cinema staff
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

>LOST IN TIME 10th anniversary
『〜まだまだ続くよ10周年!アコースティックでホールに挑戦!〜』

2012年11月2日(金)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 下北沢 北沢タウンホール
料金:前売3,500円 当日4,000円

LOST IN TIME 10th anniversary
『〜まだまだ続くよ10周年!アコースティックで大阪ワンマンに挑戦!AKASO編〜』

2012年11月16日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 AKASO
料金:前売3,300円 当日3,800円(共にドリンク別)

リリース情報

cinema staff<br>
『into the green』(CD)
cinema staff
『into the green』(CD)

2012年6月20日発売
価格:1,400円(税込)
PCCA-03613

1. into the green
2. 棺とカーテン
3. チェンジアップ(Re-Recording)
4. 優しくしないで(Re-Recording)
5. KARAKURI in the skywalkers(Re-Recording)
6. AMK HOLLIC(Re-Recording)
※初回特典として『cinema book』が付属

cinema staff
『SALVAGE YOU』(CD)

2012年9月5日発売
価格:1,800円(税込)
PCCA-03652

1. 奇跡
2. WARP
3. さよなら、メルツ
4. her method
5. warszawa
6. 小説家
7. salvage me

LOST IN TIME<br>
『-BEST Album- BEST きのう編』(CD)
LOST IN TIME
『-BEST Album- BEST きのう編』(CD)

2012年3月7日発売
価格:2,520円(税込)
UKDZ-0117

1. 再会
2. 花
3. 翼
4. 通り雨
5. 約束
6. 教会通り
7. 列車
8. 昨日の事
9. 北風と太陽
10. 秘密
11. 然様ならば
12. 足跡(STEP UP RECORDS コンピレーション“OUT OF THIS WORLD 4”収録)
13. ひとりごと
14. ニジノシズク
15. 進む時間、止まってた自分
16. グレープフルーツ

LOST IN TIME<br>
『-BEST Album- BEST あした編』(CD)
LOST IN TIME
『-BEST Album- BEST あした編』(CD)

2012年3月7日発売
価格:2,520円(税込)
UKDZ-0118

1. あしたのおと
2. 線路の上
3. 手紙
4. ヒカリ
5. ココロノウタ
6. あなたは生きている
7. 声(DVD『秒針』初回盤ボーナストラック)
8. はじまり
9. 旅立ち前夜
10. 最後の一球
11. 26
12. 合い言葉
13. 希望
14. ハローイエロー
15. 陽だまり
16. バードコール
17. ぼくらの声の 帰る場所

プロフィール

cinema staff

2003年、辻 友貴、飯田瑞規、三島想平が前身バンドを結成。2006年7月に久野洋平が加入し、現在の編成となる。愛知・岐阜県のライブハウスを中心に活動を開始し、2008年に残響recordより1st mini album『document』をリリース。現在までに3枚のミニアルバムと1枚のフルアルバムとシングルをリリースし、2012年6月に満を持して1st E.P.『into the green』でメジャーデビューを果たす。

LOST IN TIME

2002年アルバム『冬空と君の手』でデビューしたスリーピースバンド。10周年を迎えた2012年3月に初のベストアルバム『ベストきのう編』『ベストあした編』を2枚同時リリース。海北大輔が生み出す独特な楽曲の世界と圧倒的な歌声とベース、大岡源一郎のタイトなドラム、三井律郎のソリッドなギター、それらが一体となって研ぎすまされたサウンドは感情の奥深くに染み込んで心を揺さぶる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優