特集 PR

アンテナガールの意外な正体 空中分解インタビュー

アンテナガールの意外な正体 空中分解インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2012/07/12

言葉を先に知ってもらって、その後音楽を聴いて好きになってもらうのって、間違いないんですよ。(POCO)

―『ルミナスター』っていうタイトルは、ファンの方からのアンケートにあった言葉だそうですね。

POCO:「空中分解のイメージを書いてください」っていうところに、「キラキラ輝いてて、ルミナスターみたいですね」って書いてあって、めちゃくちゃきれいな言葉だなって思って。「イルミネーション」と「スター」っていう、そのイメージがすごくきれいだと思って、この言葉に合った曲を作りたいとも思ったし、アルバムのタイトルもこれにしたいなって。星くずが散りばめられたようなアルバムっていうイメージで行きたくて。

―“ストロボ”とかもそうですけど、どうしてそういうキラキラしたイメージに惹かれるんでしょうね?

POCO:何でですかね…“ルミナスター”に関して言えば、まず言葉遊びが好きなんですよね。“ぴったんこ”とかもそうですけど、きれいな言葉とか、面白おかしい言葉にメロディを当ててみたっていう感覚なんです。元々言葉を知ってもらいたいっていうのがすごくあって、ブログも好きでやってますし、今はTwitterで自分の言葉を評価してもらえるっていうのが、ある種音楽以上に音楽っていう感じがするんですよね。言葉を先に知ってもらって、その後音楽を聴いて好きになってもらうのって、間違いないんですよ。逆はがっかりすることもあるんです。音楽が好きでTwitterをフォローしたら、こんなゲスいことしか言わないのかっていうこともあったりするんで。

―言葉を気に入れば、音楽も気に入る確率が高いっていうのは確かにそうかもしれないですね。

POCO:今ステマステマって言いますけど、知り合うきっかけとしてのTwitterはいいツールだと思うんですよ。今って絡んでなんぼっていうか、会いに行けるアイドルじゃないですけど、これだけアーティストが近くにいるわけで、DJをしてるときに、「よう、POCO!」って声かけてくれたら全然嬉しい。それが今のクラブシーンの楽しみっていうか、いい時代になったなって思います(笑)。

―では最後に、今後の空中分解の展望を話してもらえますか?

POCO:作品を提供する空中分解になっていきたいですね。アイドルに曲提供したり、バンドさんのリミックスをしたり、そういう作品を残しながら、空中分解としても表現していければいいなって思います。今はアウトプットし切った状態なので、何かインプットをして次の作品につなげられればと思うんですけど、アンテナガールとライブをやったら、おそらくファン層がガラッと変わると思うんで、そこで感じることとかをストックしていければなって今は思ってますね。

Page 4
前へ

リリース情報

空中分解 feat.アンテナガール<br>
『ルミナスター』
空中分解 feat.アンテナガール
『ルミナスター』

2012年7月18日発売
価格:2,300円(税込)
日本コロムビア / COCP-37521

1. アンテナガール
2. ぴったんこ
3. ルミナスター
4. STEP BY STEP
5. HIGH TOUCH ME
6. ギリギリミュージック
7. WARP
8. MUSIC MONSTER
9. YATTA!
10. ストロボ
11. アンテナガール(八王子P remix)

プロフィール

空中分解

本編のオリジナル楽曲全ての作詞・作曲を手がけるサウンド・プロデューサー「POCO」 の一人ユニット名。自身を含め様々なヴォーカリストに歌わせ、数多くのクラブ、ファッションイベント、アニソン系イベントに出演を続け、Twitterのフォロワーは1万人を超える。初音ミクをフィーチャーした楽曲はiTunesエレクトロチャート5位、ニコ動ランキングは17位をマーク。本作ではボーカリストに“アンテナガール”をフィーチャリング。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居