特集 PR

柴咲コウインタビュー「まず、自分をさらけ出していかねば」

柴咲コウインタビュー「まず、自分をさらけ出していかねば」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/12/03

2012年、音楽活動10周年を迎えた柴咲コウ。「女優のやっている音楽」という先入観と戦いながら、強い信念と学びの姿勢を持ち続け、自らの活動領域を広げていったことは、『Strength』リリース時のインタビューでも語っていただいた通り。そして、そんな10周年を締めくくるのが、シングルとしてはひさびさのバラード曲となる“My Perfect Blue”である。“月のしずく”や“かたちあるもの”といった大ヒット曲の存在によって、いつしか柴咲の代名詞となっていった「バラード」。しかし、もともとダンスミュージックなども愛聴し、最初から歌手志望だったわけでもない彼女にとって、ここには先入観との戦いがあったと言えるだろう。そこで今回の取材では、この「バラード」というイメージについての話を軸に据えながら、音楽家としての、表現者としての柴咲にさらに迫ってみた。そこから浮かび上がってきたのは、自らの内側をしっかりと見つめることで、また次の一歩を踏み出そうとする、穏やかな現在地であった。

ちゃんと自分を見つめ直して、今の自分がしたいことをやるっていう、主体性が出てきたので。

―“My Perfect Blue”はシングルとしてはひさびさのバラードですよね。近年はダンスミュージック主体のgalaxias!の活動があったりもしますが、「柴咲さんといえばバラード」というイメージってやっぱり根強いと思うんです。そのイメージについて、柴咲さんご自身がどう感じられているかお伺いしたいのですが。

柴咲:“月のしずく”がたくさんの人に聴いてもらえた楽曲なので、その印象が強いのかなって思うんですね。ただ、女優業をやっててもそうですけど、人が自分に抱く印象とか先入観に捉われてきたので、音楽でもそうだとつまらないなっていうのはあって。それで去年の秋ぐらいは特に、自分の好きな音楽をもっともっと提示していこうとしていたんです。

―galaxias!のリリースがあった時期ですね。

柴咲:そうですね。そしてそれを経て今回のバラードシングル。10周年を意識したわけではなかったけど、考えてみると一巡してるなって気はしますね。ちょっと前だったら、「元のイメージに戻っちゃう」とか思ったかもしれないけど、今は「私はやっぱりバラードも好きだ」って自覚しながら歌えているので、イメージも肯定的に捉えることができてます。

柴咲コウ
柴咲コウ

―一巡して、意識が大きく変わったと。

柴咲:前は「ホントはもっとこういうことをしたい」と思ってても、なかなか実現できなかったんです。でも、最近は仕事自体の流れも緩やかになって、自分がキチッと選択して取り組めるようになったし、スタッフが変わって風通しも良くなって、「こういうのは私に向いてるし、好きだな」って、ちゃんと思えるようになってきました。

―バラードを歌うことの自信がついたとも言えますか?

柴咲:自信があるからやるってわけでもないんですけど、単純に、今年は私の心も穏やかな年だったかなって思うんです。バイオリズム的に、激しいものを好むというよりは、「ここいらで落ち着いた音楽をゆっくり聴きたいな」っていう。実際に長いお休みを取ったわけじゃないけど、心がお休みしてる感じだから、それにすごくマッチした曲になってると思うんですよね。「相手にどう聴かせたいか」ばっかり先行していたのが、ちゃんと自分を見つめ直して、今の自分がしたいことをやるっていう、主体性が出てきたので。

―カップリングの“ゆくゆくは”も含め、そういう穏やかなバイオリズムが反映されてるわけですね。

柴咲:私が一番いいなと思うアーティストさんって、聴き流せる音楽が作れる人なんですね。例えば、家でループ再生にしておいたら、いつのまにかまた1曲目に戻ってるようなのって、無意識にスッと心に入り込んできてる気がするんです。その中で、突然ワンフレーズがハッと心に響いたりする。今回のシングル2曲もそういう風に人の心に浸透してくれたらいいなって思います。

Page 1
次へ

リリース情報

『My Perfect Blue/ゆくゆくは』通常盤(CD)
柴咲コウ
『My Perfect Blue/ゆくゆくは』通常盤(CD)

2012年10月31日発売
価格:1,260円(税込)
UPCH-80287

1. My Perfect Blue
2. ゆくゆくは
3. My Perfect Blue -Instrumental-
4. ゆくゆくは -Instrumental-

『リリカル*ワンダー』初回限定盤(CD+DVD)
柴咲コウ
『リリカル*ワンダー』初回限定盤(CD+DVD)

2012年12月12日発売
価格:3,500円(税込)
UPCH-29092

1. 恋守歌
2. また、うまれるころには
3. Strength
4. My Perfect Blue
5. もう、いないよ
6. 笑おうかな -5 p.m.-
7. traffic jam
8. 血の色
9. you & me
10. ANOTHER:WORLD
11. cosmic rainbow
12. ゆくゆくは
13. 笑おうかな -7 a.m.-
[DVD収録内容]
・“また、うまれるころには”PV
・“Strength”PV
・“My Perfect Blue”PV
・“ANOTHER:WORLD”PV

『リリカル*ワンダー』通常盤(CD)
柴咲コウ
『リリカル*ワンダー』通常盤(CD)

2012年12月12日発売
価格:3,000円(税込)
UPCH-20301

1. 恋守歌
2. また、うまれるころには
3. Strength
4. My Perfect Blue
5. もう、いないよ
6. 笑おうかな -5 p.m.-
7. traffic jam
8. 血の色
9. you & me
10. ANOTHER:WORLD
11. cosmic rainbow
12. ゆくゆくは
13. 笑おうかな -7 a.m.-

プロフィール

柴咲コウ

日本屈指の女優として数多くの作品に出演し、2013年末公開の映画『47Ronin』でハリウッド進出を果たす中、アーティストとしてもミリオンヒットを出すなど、精力的に活動を行っている。2011年9〜11月にかけて行われた全国ツアーでは初の日本武道館公演を敢行、同年11月にはDECO*27、TeddyLoidとの新ユニットgalaxias!として作品をリリースするなど、近年音楽活動が更に活発化。2012年でデビュー10周年を迎え、12/12に6thアルバム『リリカルワンダー』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」