特集 PR

柴咲コウインタビュー「まず、自分をさらけ出していかねば」

柴咲コウインタビュー「まず、自分をさらけ出していかねば」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/12/03

2012年、音楽活動10周年を迎えた柴咲コウ。「女優のやっている音楽」という先入観と戦いながら、強い信念と学びの姿勢を持ち続け、自らの活動領域を広げていったことは、『Strength』リリース時のインタビューでも語っていただいた通り。そして、そんな10周年を締めくくるのが、シングルとしてはひさびさのバラード曲となる“My Perfect Blue”である。“月のしずく”や“かたちあるもの”といった大ヒット曲の存在によって、いつしか柴咲の代名詞となっていった「バラード」。しかし、もともとダンスミュージックなども愛聴し、最初から歌手志望だったわけでもない彼女にとって、ここには先入観との戦いがあったと言えるだろう。そこで今回の取材では、この「バラード」というイメージについての話を軸に据えながら、音楽家としての、表現者としての柴咲にさらに迫ってみた。そこから浮かび上がってきたのは、自らの内側をしっかりと見つめることで、また次の一歩を踏み出そうとする、穏やかな現在地であった。

ちゃんと自分を見つめ直して、今の自分がしたいことをやるっていう、主体性が出てきたので。

―“My Perfect Blue”はシングルとしてはひさびさのバラードですよね。近年はダンスミュージック主体のgalaxias!の活動があったりもしますが、「柴咲さんといえばバラード」というイメージってやっぱり根強いと思うんです。そのイメージについて、柴咲さんご自身がどう感じられているかお伺いしたいのですが。

柴咲:“月のしずく”がたくさんの人に聴いてもらえた楽曲なので、その印象が強いのかなって思うんですね。ただ、女優業をやっててもそうですけど、人が自分に抱く印象とか先入観に捉われてきたので、音楽でもそうだとつまらないなっていうのはあって。それで去年の秋ぐらいは特に、自分の好きな音楽をもっともっと提示していこうとしていたんです。

―galaxias!のリリースがあった時期ですね。

柴咲:そうですね。そしてそれを経て今回のバラードシングル。10周年を意識したわけではなかったけど、考えてみると一巡してるなって気はしますね。ちょっと前だったら、「元のイメージに戻っちゃう」とか思ったかもしれないけど、今は「私はやっぱりバラードも好きだ」って自覚しながら歌えているので、イメージも肯定的に捉えることができてます。

柴咲コウ
柴咲コウ

―一巡して、意識が大きく変わったと。

柴咲:前は「ホントはもっとこういうことをしたい」と思ってても、なかなか実現できなかったんです。でも、最近は仕事自体の流れも緩やかになって、自分がキチッと選択して取り組めるようになったし、スタッフが変わって風通しも良くなって、「こういうのは私に向いてるし、好きだな」って、ちゃんと思えるようになってきました。

―バラードを歌うことの自信がついたとも言えますか?

柴咲:自信があるからやるってわけでもないんですけど、単純に、今年は私の心も穏やかな年だったかなって思うんです。バイオリズム的に、激しいものを好むというよりは、「ここいらで落ち着いた音楽をゆっくり聴きたいな」っていう。実際に長いお休みを取ったわけじゃないけど、心がお休みしてる感じだから、それにすごくマッチした曲になってると思うんですよね。「相手にどう聴かせたいか」ばっかり先行していたのが、ちゃんと自分を見つめ直して、今の自分がしたいことをやるっていう、主体性が出てきたので。

―カップリングの“ゆくゆくは”も含め、そういう穏やかなバイオリズムが反映されてるわけですね。

柴咲:私が一番いいなと思うアーティストさんって、聴き流せる音楽が作れる人なんですね。例えば、家でループ再生にしておいたら、いつのまにかまた1曲目に戻ってるようなのって、無意識にスッと心に入り込んできてる気がするんです。その中で、突然ワンフレーズがハッと心に響いたりする。今回のシングル2曲もそういう風に人の心に浸透してくれたらいいなって思います。

Page 1
次へ

リリース情報

『My Perfect Blue/ゆくゆくは』通常盤(CD)
柴咲コウ
『My Perfect Blue/ゆくゆくは』通常盤(CD)

2012年10月31日発売
価格:1,260円(税込)
UPCH-80287

1. My Perfect Blue
2. ゆくゆくは
3. My Perfect Blue -Instrumental-
4. ゆくゆくは -Instrumental-

『リリカル*ワンダー』初回限定盤(CD+DVD)
柴咲コウ
『リリカル*ワンダー』初回限定盤(CD+DVD)

2012年12月12日発売
価格:3,500円(税込)
UPCH-29092

1. 恋守歌
2. また、うまれるころには
3. Strength
4. My Perfect Blue
5. もう、いないよ
6. 笑おうかな -5 p.m.-
7. traffic jam
8. 血の色
9. you & me
10. ANOTHER:WORLD
11. cosmic rainbow
12. ゆくゆくは
13. 笑おうかな -7 a.m.-
[DVD収録内容]
・“また、うまれるころには”PV
・“Strength”PV
・“My Perfect Blue”PV
・“ANOTHER:WORLD”PV

『リリカル*ワンダー』通常盤(CD)
柴咲コウ
『リリカル*ワンダー』通常盤(CD)

2012年12月12日発売
価格:3,000円(税込)
UPCH-20301

1. 恋守歌
2. また、うまれるころには
3. Strength
4. My Perfect Blue
5. もう、いないよ
6. 笑おうかな -5 p.m.-
7. traffic jam
8. 血の色
9. you & me
10. ANOTHER:WORLD
11. cosmic rainbow
12. ゆくゆくは
13. 笑おうかな -7 a.m.-

プロフィール

柴咲コウ

日本屈指の女優として数多くの作品に出演し、2013年末公開の映画『47Ronin』でハリウッド進出を果たす中、アーティストとしてもミリオンヒットを出すなど、精力的に活動を行っている。2011年9〜11月にかけて行われた全国ツアーでは初の日本武道館公演を敢行、同年11月にはDECO*27、TeddyLoidとの新ユニットgalaxias!として作品をリリースするなど、近年音楽活動が更に活発化。2012年でデビュー10周年を迎え、12/12に6thアルバム『リリカルワンダー』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材