特集 PR

「絶対に新しいものを」 LAMAインタビュー

「絶対に新しいものを」 LAMAインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/12/10

ずっと継続的にやってるつもりなのに「久しぶりに」とか言われると、「もっと僕を見て!」ってなります(笑)。(牛尾)

―みなさんそれぞれの活動がありながらも、前作から約1年で新作が届いたわけですが、頻繁にライブをするタイプのバンドではないので、1年を通しての動きが見えづらいと思うんですね。昨年のアルバム発表以降は、断続的に曲作りをしていたのか、それとも「アルバムを作ろう」と決めてから曲を作り始めたのか、どちらが近いですか?

フルカワ:前作を去年の年末に出した後、続ける気持ちでいるのに「続くんですか?」って何回も聞かれて、ちょっとイラッときたりとかはありましたね(笑)。

牛尾:僕もセカンド出すことになって、「LAMAまたやるんだ」ってよく言われたんですけど、ずっと活動してたんですよね。スタジオにも入ってたし、ライブもあったし、ナカコーさんの『エウレカセブンAO』も手伝ったりしてたので。ずっと継続的にやってるつもりなのに「久しぶりに」とか言われると、「もっと僕を見て!」ってなります(笑)。

牛尾憲輔
牛尾憲輔

フルカワ:年明けすぐにCMの話をいただいたり、わりと早い段階で制作のきっかけもあったけど、アルバムとして本格的に考え始めたのは夏ぐらいからですね。前作はサーバーを設けて、そこにみんながネタを預けて、ある程度曲を構築してからレコーディングに入るやり方だったんですけど、「1枚目と違う作り方がいいよね」という話になって。今回はまずスタジオに入って、音を鳴らしながらアイデアを出していったんです。

―具体的には、どういった作業だったんですか?

フルカワ:まず、牛尾くんとナカコーが主軸となる音素材を作って、それをもとにみんなで一緒に考えていきました。だから、スタジオに入ってからはわりと短いタームでできたんです。

ナカコー:一枚目と同じように作っていってもよかったんだけど、サーバーを使ってビルドアップさせていくやり方は、かなり時間がかかるんですね。ライブだと牛尾くんの出すものに他の三人が乗っかって進んでいくスタイルが多いから、それを丸ごと制作に持ち込んだ方がスムーズに作れるだろうっていう。そういうスタイルで楽曲を作っていけば、四人が個別にやってる活動とはまた別のものとして存在するんじゃないかなと。

ナカコー
ナカコー

―すると、制作時は前作よりも牛尾さんのパワーバランスが強くなっているわけですか?

牛尾:どうですかね……。さっき言ったように、ナカコーさんと僕が隣に座って、「さて、こっから始めるべ」ってところから始まるので、「誰かの曲」というのが今回は全然ないんですよね。

ナカコー:前作はまずバンド的な構造の楽曲があって「牛尾くん、これどうしよっか?」ってオファーが多かったんだけど、今回は母体を僕と牛尾くんで先に作って、みんなで「これどうしよっか?」っていう作り方をしたので、その差は結構あるかもしれない。

―いわゆるバンド的な作り方ではないので、特にひさ子さんにとっては新鮮かつ大変だったんじゃないですか? だからこそ、レッドブルも必要だったのかなと(笑)。

田渕:そうですね。ある程度形が見えたデモを聴く段階になっても「ここにギターを」といった注文が一切ないので、まず自分が曲をどう理解して、どういう風に捉えるかっていうところをグルグルグルグル考えながら、レッドブルをプシュっと開けてました(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

LAMA『Modanica』初回生産限定盤(CD+DVD)
LAMA
『Modanica』初回生産限定盤(CD+DVD)

2012年12月12日発売
価格:3,360円(税込)
KSCL-2166-7

1. For You,For Me
2. White out
3. Parallel Sign
4. D.B.A.
5. Domino
6. Know Your Rights
7. Strawberry Burn
8. Dear
9. In The Darkness
10. So
11. Life
12. Namida no Umi
13. And All
[DVD収録内容]
『2012.04.21 LAMA 「Ki/oon 20 Years & Days」 LIVE at LIQUIDROOM ebisu』
1. Warning
2. Spell
3. Blind Mind
4. Fantasy
5. Dreamin

LAMA『Modanica』初回仕様限定盤(CD)
LAMA
『Modanica』初回仕様限定盤(CD)

2012年12月12日発売
価格:3,059円(税込)
KSCL-2168

1. For You,For Me
2. White out
3. Parallel Sign
4. D.B.A.
5. Domino
6. Know Your Rights
7. Strawberry Burn
8. Dear
9. In The Darkness
10. So
11. Life
12. Namida no Umi
13. And All

プロフィール

LAMA

ナカコー(iLL/ex.supercar)、フルカワミキ(ex.supercar)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers/toddle)、牛尾憲輔(agraph)による新バンド。メンバーそれぞれがソロ、他バンドで活躍する中で結成。4月27日にUstreamライブストリーミングチャンネル「DOMMUNE」で生配信された初ライブは約8万が視聴。8月3日にフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「NO.6」オープニング・テーマに起用されたファーストシングル「Spell」をリリース。11月30日にファーストアルバム「New!」を発売。現在もロングセールスを続けている。2012年は年明けからキユーピーハーフ「新製法コラージュ」篇のTVCMソングに新曲「White out」が起用される。夏は「TAICOCLUB'12」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO」「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012」と各地のフェスを熱狂させ、11月28日にTVアニメ「エウレカセブン AO」挿入歌に起用されたシングル「Parallel Sign」、12月12日には待望のセカンドアルバム「Modanica」を発売する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図