特集 PR

「東京」というシステムを溶かすための『東京事典』

「東京」というシステムを溶かすための『東京事典』

インタビュー・テキスト
藤原ちから
撮影:田中一人

遠藤一郎(未来美術家)は巨大なコンクリートの塊と、膨大なエネルギーが燃え盛る東京の夜景を指して、これもすべて自然の恵みだと認めることから始めようとアジテーションした。鎌中ひとみ(映画監督)は、年間1千トンの核燃料廃棄物や、福島第一原発事故、地下鉄サリン事件の当時の様子について、他人との繋がりを消去しようとする東京の人々独自の心理状態を指摘した。また、萱野稔人(哲学者)は、高度経済成長期に乱立された首都高速道路の寿命と大地震の発生確率を掛け合わせたリスクについて、今後のインフラ維持のリソース問題への懸念を問いかけた。

これらは、アーティスト、社会学者、編集者、映像作家、詩人など、様々なジャンルで活躍する人たちが「東京」をテーマに、各15分間のプレゼンテーションを行う『東京事典』の1コマだ。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト](以下AIT)が、東京都と東京文化発信プロジェクト室と共に、『東京アートポイント計画』のプログラムとして構築する『東京事典』。現在、ウェブサイト上では、40以上の映像アーカイブをすべて無料で閲覧することができる。今回は、AITの小澤慶介、そしてプレゼンテーションに参加した演出家の高山明(Port B)の両氏に、これまでの『東京事典』の映像アーカイブを振り返りながら、それぞれのプレゼンテーションをとおして見えてきた「東京」についてあらためて伺った。

無意識のうちに前提となっている常識に、事典というかたちで一言もの申す。

―そもそも『東京事典』というプロジェクトを始めようと思ったのはどういう理由だったんですか?

小澤:2008年に東京文化発信プロジェクト(『東京アートポイント計画』の母体)が動き出した当初から、僕らAITと何か一緒にやろうという話があって、2009年度と10年度の2年間、『Tokyo Art School』というレクチャーシリーズを開催したんです。畠山直哉さん(写真家)や、毛利嘉孝さん(社会学者)といった人たちに、「東京」を成り立たせている思考や心理、仕組み、社会現象などを読み解くようなテーマで対談をしてもらいました。それが終わって3年目以降、じゃあ次に何をするかというときに、東京をテーマにした「事典」をウェブ上に作れば面白いんじゃないかという案が出たんです。

小澤慶介
小澤慶介

―なぜ「事典」だったんですか?

小澤:フランスの思想家ジョルジュ・バタイユが、『ドキュマン』という雑誌のコンテンツの1つとして、辞書を掲載していたんですね。内容を見ると、たとえば「不定形」という項目があって、そこには「唾」や「蜘蛛」と書いてある。つまりそれは、「定形」のように「確かなもの」ばかりを求める、西洋文化の思考体系の裏をかくようなものでもある。バタイユはそうした批評的な辞書を通して西洋の思考体系をひっくり返そうとしていたんです。

―人々の無意識のうちに前提となっている常識に、一言もの申すわけですね。

小澤:僕らも「東京」をテーマにした事典を作ることで、「日本の首都」や「経済の中心」として語られてきた東京だけではなく、これまで私たちの意識にのぼってこなかった東京への視点が、ネガティブな側面も含めてどんどん出てくるんじゃないかと思ったんです。

―すでにオフィシャルウェブサイトでは、40人以上のプレゼンテーションが閲覧できるようになっていますが、この人選はどういう基準で?

小澤:AITのアーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)プログラムで海外から来たアーティストや、日本人ではアートだけにこだわらず、高山さんのように今の時代に対して問題意識を持っていそうな表現者や学者の方たちを中心に声をかけています。あと一般公募でも受付をしていて、過去には5名の方に参加していただきました。

Page 1
次へ

リリース情報

『はじまりの対話―PortB「国民投票プロジェクト」 現代詩手帖特集版』
『はじまりの対話―PortB「国民投票プロジェクト」 現代詩手帖特集版』

2012年11月10日発売
著者:
高山明(著・監修)
赤坂憲雄
辻井喬
濱野智史
原武史
吉増剛造
吉見俊哉
和合亮一
ハンス=ティース・レーマン
斉藤斎藤
山田亮太
磯崎新
今井一
鴻英良
桂英史
川俣正
黒瀬陽平
今野勉
谷川俊太郎
価格:2,520円(税込)
発行:思潮社

プロフィール

高山明(port B)

1969年生まれ。演出家。2002年ユニットPort B(ポルト・ビー)を結成。既存の演劇の枠組を超えた活動を展開している。『Referendum―国民投票プロジェクト』『サンシャイン62』『東京/オリンピック』(はとバスツアー)『個室都市東京(京都、ウィーン)』『完全避難マニュアル 東京版』『光のないII―エピローグ?』など現実の都市や社会に存在する記憶や風景、既存のメディアを引用しながら作品化する手法は、演劇の可能性を拡張する試みとして、国内外で注目を集めている。

プロフィール

小澤慶介

1971年生まれ。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジにて現代美術理論修士課程修了。 これまでに、ビデオアートのグループ展『paradise views 楽園の果て』(2004)や実験的な美術館プロジェクト『おきなわ時間美術』(2007)、アートの実践をとおして環境を考える『環境・術』(2008)などの企画・制作指揮を行う。女子美術大学非常勤講師。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場