特集 PR

眠りを起こされた至宝の歌 コシミハルインタビュー

眠りを起こされた至宝の歌 コシミハルインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
2013/05/24

クラシックのように歌いあげるのではなく、音楽に寄り添う歌い方に惹かれます。

―今作は映画のサントラを聴いているようでもありましたが、作るときに映像を思い描いていたりしたのでしょうか?

コシ:実際に映画で使われていた曲も入っています。『嘆きの天使』から2曲入っているんですけど、大好きな映画で、ずっとやりたいと思っていたんです。

―『嘆きの天使』や『白雪姫』の挿入歌もカバーされてますけど、それらも1930年代、40年代の映画ですよね。

コシ:『白雪姫』は1937年のテクニカラー映画(世界で初めて三色法によるカラー映画の実用に成功した企業による映画)。『嘆きの天使』はドイツのモノクロ映画で、キャバレーの踊り子を演じるマレーネ・ディートリヒの洋服の毛皮だとか、スパンコールだとか、モノクロの灯りのなかでキラキラする感じが、カラーにはない美しさですね。

―今回収録されたスタンダードな曲だと、ものすごくいろいろなアーティストがカバーされていますよね。そういう楽曲を料理する難しさはありましたか?

コシ:まずその楽曲が好きであることが一番大事なんですけど、たくさんの人にカバーされている曲については、どの曲にも自分のお気に入りのカバーがあって。それを心の中に持っているようなところはあるかもしれません。そして、その楽曲が生まれた原点というかスピリットに近づけたらなと思いながらやっています。だから、最初に歌った人の録音物は必ず聴くようにしています。最初にその曲が世の中に出たときのものを聴くという感じです。

―アルバムでは、そういったカバーの中にご自身の楽曲も混ぜられてますよね。

コシ:“希望の泉”という曲は、ビッグバンドを本当に毎日のように聴いていた頃に作ったものです。そのときの気持ちが、このアルバムと重なっていたので入れました。当時はフレンチホルンとかをシミュレーションして、ハーモニーをつけて曲を作っていたんですけど、それを生演奏に置き換えるとどうなるかな? っていうのをやってみたかったんです。

―そうなんですね。何も知らずに聴いていたら気づかないくらい、古い楽曲の中に、とても自然に入っていると思いました。それと僕、コシさんが和訳された“聞かせてよ、愛の言葉”がとても好きです。コシさんの歌声とピアノのメロディーが切なくて、グッときました。

コシ:そうですか! ありがとうございます。

コシミハル『Madame Crooner』ジャケット
コシミハル『Madame Crooner』ジャケット

―歌い手には世界観を演じるタイプと、さらけ出すタイプとあると思うんですけど、今回のコシさんの場合は、当時の世界の登場人物を演じるタイプだと感じていて。歌うときに意識されたことはありますか?

コシ:うーん、音程とか、音符の長さとか(笑)。フランス語の歌も、日本の言葉にはない響きがとても好きなので、その響きと、最初に曲ができあがったときの譜面に近い状態を意識しながら歌うようにしています。ボーカルが感情的になったり、生々しくならないようにしてますね。

―そのほうが心地よく聴ける作品になるということでしょうか?

コシ:そうですね。アルバムのタイトルにもつけたように、クルーナー(マイクを通して甘くささやくように歌う歌手のこと)はそういう歌い方をしています。クラシックのように歌いあげるのではなく、音楽に寄り添うように歌う形。まるで声が楽器の一部であるようでもあり、やっぱり人間の声なのであたたかみがあり、メロディーをより豊かに響かせる、そういうところに惹かれるんです。

―でも、最後の“シューベルトの子守歌”は、感情が入っていたんじゃないかなと思いました。お母様への思いが入った曲ということを解説で読んだので、その先入観もあったりはするんですけど……。

コシ:歌うとやっぱり独特の気持ちにはなるから、そうなのかもしれませんね。母がいないことが悲しいですし、この曲はシューベルトが早くに母親を亡くして、その母のことを想って作った曲だっていうことを後から知りました。

―アルバムの最後で微かな感情の昂ぶりを感じて、そこにまたグッときました。

コシ:あ、そうですか。ふふふ。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

コシミハルコンサート
『Madame Crooner』

2013年7月3日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 下北沢 北沢タウンホール
出演:
コシミハル(Chant, Acc, Glo, Pf)
フェビアン・レザ・パネ(Pf)
浜口茂外也(Dr,Per)
渡辺等(Ba)
料金:前売6,000円(簡易書留送料別)

リリース情報

コシミハル<br>
『Madame Crooner』(CD)
コシミハル
『Madame Crooner』(CD)

2013年5月22日発売
価格:3,150円(税込)
VICL-64033

1. Polka dots and moonbeams
2. You do something to me
3. C'est si bon
4. Un jour mon prince viendra(Someday my prince will come)
5. Bonne nuit minouche
6. Ich bin von kopf bis fus auf liebe eingestellt(Falling in love again)
7. Kinder, heut'abend, da such ich mir was aus
8. Parlez-moi d'amour
9. Mona lisa
11. 希望の泉(Source d'espoir)
12. Les roses de Picardie
13.Wiegenlied(シューベルトの子守唄)

コシミハル<br>
『覗き窓』(CD)
コシミハル
『覗き窓』(CD)

2013年5月22日発売
価格:2,730円(税込)
VICL-64034

1. Valse noire ヴァルス・ノワール
2. Rubus fruticosus 黒いちご
3. A la piscine ア・ラ・ピシーヌ
4. Un secret de mon frère 兄の秘密
5. Chidori
6. Royal éperon ロワイヤル・エプロン
7. Félicité フェリシテ
8. Marée haute 満潮
9. Jardin des oublis 忘却の庭
10. Petits pieds 小さな足
11. Frère et sur contrefaits 偽の兄妹
12. La paume cachée 密かな

プロフィール

コシミハル

東京生まれ。3歳よりピアノを習い始め、8歳より作曲を始める。様々なミュージシャン(武満徹、細野晴臣)のための編曲、映画音楽、舞台音楽などを手がける。1989年「今宵マドンナ」で広告音楽競技大会作曲賞受賞。1997年から音楽とバレエ・ダンスをひとつに昇華したシアトリカルなステージ作品シリーズ「Musique-hall」の演出・振り付け・出演を行う。2008年オリジナルアルバム『覗き窓』、2013年『Madame Crooner』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』 1

    忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』

  2. 『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット 2

    『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット

  3. 森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴 3

    森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴

  4. 中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介 4

    中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介

  5. Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント 5

    Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント

  6. 『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場 6

    『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場

  7. Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔 7

    Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

  8. 『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催 8

    『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催

  9. 波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター 9

    波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

  10. 菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事 10

    菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事