特集 PR

暗黒舞踏でつかむSF小説『グラン・ヴァカンス』の世界

暗黒舞踏でつかむSF小説『グラン・ヴァカンス』の世界

インタビュー・テキスト
前田愛実
撮影:豊島望

ハードコアダンスを標榜し、社会の厳しい現実を映したソリッドな作品を数多く生み出してきた大橋可也&ダンサーズが、鮮烈な詩的イメージで仮想と現実の闘争を描いた、現代日本SFを代表する飛浩隆の唯一の長篇にして、ゼロ年代のベストSF作品にも挙げられる傑作『グラン・ヴァカンス』のダンス作品化に挑戦するという。人間に見捨てられた仮想空間に展開するリゾート施設「数値海岸」に暮らす、AI(人工知能)と呼ばれるキャラクターたちが遭遇する世界の崩壊。この作品に取り組むにあたって、大橋は自らのバックグラウンドである暗黒舞踏の手法にあらためて刮目しているという。一見、意外にも思える暗黒舞踏とSF小説の関係性はどこにあるのか? 大橋と共に、大橋の師匠であり、東京国立近代美術館『フランシス・ベーコン展』での公演を終えたばかりの舞踏家の和栗由紀夫と、本作にもドラマトゥルク(作品に関する資料的なリサーチやアドバイスを担当)として参加する日本のドラマトゥルクの草分け・長島確に伺った。

『グラン・ヴァカンス』の世界観をダンス作品化するにあたって、和栗さんから学んだ「舞踏」という方法が有効だと思ったんです。(大橋)

―今回『グラン・ヴァカンス』を上演するにあたって、大橋さんのルーツである暗黒舞踏が重要な鍵を握っているそうですね。今日は舞踏の背景などもお聞きしながら、この壮大なSF小説をどのようにダンス作品として表現されるのかを伺っていきたいのですが、そもそも大橋さんと舞踏との出会いは、どのようなきっかけだったんですか?

大橋:僕はもともとダンスの経験があったわけではなく、普通に大学を卒業してから会社勤めをしていたんです。当時は身体を動かすようなことには全く興味がなくて、むしろ身体があることが居心地悪いと思っていて、そういうものを全て遠ざけていたんですよ。

―すごい意外な経歴ですね。

大橋:そんな違和感をずっと抱えながら、いわゆる自分探しのように仕事を辞めてカナダに行ってみたんですが、場所が変わったからといって自分が変わるわけではないんですよね。そこでたまたま見つけたダンスのワークショップに参加し、舞台に立ったのがダンスを始めたきっかけです。当初から自分の作品を作りたいという気持ちがあり、また、カナダで教わった先生が日本で舞踏を学んでいたこともあって、日本に帰ったらまずは舞踏を勉強してみようと思いました。


大橋可也

―どなたか舞踏家を紹介してもらったのですか。

大橋:それが、どこで舞踏を勉強したら良いのか皆目分からず、電話帳を調べていたら偶然、舞踏発祥の地であるアスベスト館を見つけたんですよ。ちょうど舞踏の創始者と言われる土方巽さんの奥様、元藤あき(火へんに華)子さんがアスベスト館を再開して活発な活動をされ始めた頃だったこともあって、和栗由紀夫さんを始め、大野一雄さん、山崎広太さんなどがワークショップをされていました。そこで和栗さんに教わったことが、自分の身体にすごく腑に落ちましたし、和栗さんが主宰する好善社でも、踊りのことだけではなく、舞台を作る、作品を作るという意味でたくさん学ばせてもらいました。

―最近の大橋さんの作品は、舞踏がバックグラウンドにあることもすっかり忘れて観てしまうほど、大橋さん独自の表現になっていたと思いますが、なぜあらためて舞踏にフォーカスすることになったのでしょうか?

大橋:ここ最近、作品作りの経験を重ねるにつれ、行き詰まりを感じるといいますか……世の中的にも大震災が起こり、アートやダンスが、何をすればいいのか見えなくなってきた気がしていました。個人的には、昨年までサラリーマンをやりながら舞台を続けていたんですけど、勤めていた会社が親会社に吸収合併されて無くなってしまったこともあり、思い切って会社を辞めたんですね。そこで長い夏休みをいただけることになり、以前からダンス作品にできるんじゃないかと思っていて、タイトルもまさに「夏休み」だった『グラン・ヴァカンス』に取り組もうと思いました。そしてこれを作品化するにあたって、和栗さんのところで学んだ「群舞」(大勢で一緒に踊る)を、舞踏の方法によって、もう一度取り組みたいと思ったんです。


大橋可也&ダンサーズ『グラン・ヴァカンス』稽古風景

―これまでの作品にあったような群舞とはまた違うものなんですか?

大橋:もちろんこれまでの僕の作品にも、複数の人が同時に舞台に存在しているのですが、それがすなわち群舞ということではないと思っています。『グラン・ヴァカンス』では「アイデンティティ境界」という概念があり、AIという個体が、他の個体と繋がっていくことで解体され、自分の形ではなくなってしまうというシーンがあります。それが、舞踏の方法である身体を拡張し、極小化していくということと非常に近いんじゃないかと考えたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

大橋可也&ダンサーズ新作公演
『グラン・ヴァカンス ―飛浩隆『グラン・ヴァカンス 廃園の天使I』(早川書房)より―』

2013年7月5日(金)〜7月7日(日)全4公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
振付・構成・演出:大橋可也
音楽:大谷能生、伊藤匠、舩橋陽
ドラマトゥルク:長島確
クリティカルアドバイザー:佐々木敦
出演:
皆木正純
古舘奈津子
とまるながこ
山田歩
唐鎌将仁
平川恵里彩
檀上真帆
後藤ゆう
山本晴歌
阿部遥
野澤健
後藤海春
三浦翔
中山貴雄
香取直登
玉井勝教
料金:
前売 一般3,500円 U19チケット2,000円 U29チケット3,000円 世田谷パブリックシアター友の会3,000円 せたがやアーツカード3,300円
当日 一般4,000円 U19チケット2,500円 U29チケット3,500円
※U19、29は大橋可也&ダンサーズのみの取り扱い
※世田谷パブリックシアター友の会、せたがやアーツカードは世田谷パブリックシアターチケットセンターのみの取り扱い

2013年7月7日(日)公演終了後にポストパフォーマンストークを開催
出演:
飛浩隆(『グラン・ヴァカンス』原作者)
佐々木敦(批評家)
大橋可也
※トークは他の公演日のお客様もご入場いただけます

『ヴィアント・ヴァカンス』−『グラン・ヴァカンス』プレイベント−

2013年6月14日(金)
会場:東京都 恵比寿 NADiff a/p/a/r/t 1F
時間:パフォーマンス19:30〜、トーク20:00〜
振付・構成・演出:大橋可也
音楽:大谷能生
映像:石塚俊
トーク:
大谷能生
大橋可也
司会:塩澤快浩(早川書房)
料金:無料(投げ銭制、予約不要、立ち見)

プロフィール

大橋可也(おおはし かくや)

振付家。一般社団法人大橋可也&ダンサーズ代表理事・芸術監督。1967年、山口県宇部市生まれ。横浜国立大学を卒業、イメージフォーラム附属映像研究所に学んだ後、カナダ・ヴァンクーバーにてパフォーマンス活動を始める。1992-1994年、陸上自衛隊第302保安中隊(特別儀仗隊)に在籍。1993-1997年、「和栗由紀夫+好善社」に舞踏手として参加し、土方巽直系の舞踏振付法を学ぶ。1999年、大橋可也&ダンサーズを結成。2000年、『バニョレ国際振付賞横浜プラットフォーム』に出場するも、出演者が全裸であるという理由で非公開の審査となる。以降、活動を休止。2003年に活動再開以降、国内外にて精力的に作品を発表。2013年、『舞踊批評家協会新人賞』を受賞。ITのエンジニアとしてJava/.NET/GeneXus等の技術分野を中心に業務アプリケーションの開発業務に携わっている。

和栗由紀夫(わぐり ゆきお)

舞踏家。1952年、東京生れ。戦後の日本が生んだ独特の舞踊ジャンルとして国際的に評価されている「舞踏」の創始者、土方巽直系の舞踏家。72年に土方巽に師事してから今日まで、江戸小紋の染職人として働いた8年間をはさみ、25年以上の舞踏暦をもつ。師没後、数年間の海外での公演活動を経て、90年より自らのグループ「和栗由紀夫+好善社」を主宰、東京を中心に群舞やソロの作品を発表し続けている。

長島確(ながしま かく)

1969年生まれ。日本におけるドラマトゥルクの草分けとして、コンセプトの立案から上演テキストの編集・構成まで、身体や声とともにあることばを幅広く扱う。ベケットやサラ・ケイン、ヨン・フォッセらの戯曲の翻訳のほか、阿部初美、中野成樹、飴屋法水ら、さまざまな演出家や劇団の作品に参加。また『墨田区在住アトレウス家』等のアートプロジェクトも手がける。ミクストメディア・プロダクト / 中野成樹+フランケンズ所属

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)