特集 PR

次世代を担う、発掘された才能 五十嵐瞳インタビュー

次世代を担う、発掘された才能 五十嵐瞳インタビュー

インタビュー・テキスト
本折浩之
撮影:田中一人

トヨタの高級車ブランド「LEXUS」が、次世代を担う全世界のクリエイターを支援するために国際デザインコンペティション『LEXUS DESIGN AWARD』を創設。受賞作品には、世界最大の国際家具・デザインの見本市『ミラノ・デザインウィーク』(ミラノサローネ)に出展する『LEXUS DESIGN AMAZING 2013 MILAN』での展示機会が与えられた。入賞した12作品のうち2作品は、審査員兼メンターを務める世界的なクリエイターの指導を受けた作品を発表できる、画期的なコンペティションだ。

第1回のテーマは「MOTION」。世界72か国から1,243点にも及ぶ応募が殺到した中、見事入選を果たしたのが当時多摩美術大学の現役大学生だった五十嵐瞳。彼女の作品『Making Porcelain With an ORIGAMI』は紙の型を用いて制作された磁器。従来の方法で作られた磁器とは全く異なる、薄さと美しさ、繊細さを併せ持った極めて独創的な作品で、建築家・石上純也のメンタリングを経て展示された。現在は革鞄の会社にデザイナーとして勤める五十嵐。世界的なコンペティションを経て、「自分の輪郭がはっきりした」と語る彼女のアイデアには、これからの物作りを担う者の風格が感じられた。

アートとは縁遠い、理系一家で生まれ育つ

22歳の若さで『LEXUS DESIGN AWARD』を受賞した五十嵐瞳。理系一家に育った彼女は、もともと美術の世界にはそこまで興味がなかったそうだ。

五十嵐:美術は好きでしたが、それを職業にするとは考えてもいませんでした。幼稚園の頃は、落ちているゴミを拾ってくっつけて遊んだり、砂遊びが好きな子どもだったみたいです。両親が二人とも数学の先生をしていて、兄は稲の研究、弟が材料工学に携わっていて、理系一家に育ったんです。そういうわけで、絵もよく描いてはいましたが、美術にそれほど関心はなくて、数学や生物といった理系科目が大好きでした。中学と高校ではバスケットボール部に入っていたのですが、高校の部活がチャラチャラっとしたところで……(笑)。何か打ち込めるものを、と探してるときに、美術の先生と仲が良くて美術室の居心地が良かったのがきっかけで、美大を目指したんです。

多摩美術大学に進学して「実験漬け」の日々が始まったわけだが、意外にも彼女の理科系への関心が制作に活かされることになる。

五十嵐:大学では、まず制作の課題が出されて、それについてひたすら考えていくので、モチーフやイメージよりも課題ありきだったと思います。課題に対して、頭で考えるというより、手で考える、とりあえず目の前にある素材を組み合わせるということをずっとやっていました。実験するみたいに、選択肢を全部試してからじゃないと答えを出したくないんです。要素を洗い出して、ある素材を別の素材に置き換えて、また別の素材を……といった具合に作業をする過程が楽しい。美術の「感覚の世界」がいまだに理解できないところがあって、「どううまく生産していくか」とか「物の作りの仕組み」といったことに興味がありますね。

五十嵐瞳による作品『Making Porcelain With an ORIGAMI』
五十嵐瞳による作品『Making Porcelain With an ORIGAMI』

日々の課題の解決のために様々な素材に触れる中で、卒業間近にようやく「磁器」に着手。その作品で『LEXUS DESIGN AWARD 2013』を受賞することになる。

五十嵐:学校にたまたま窯があったので、卒業間際になって使ってみようと思いました。初めて磁器を使ったときには、「焼いたものを実際に使える」ということに感動しましたね。磁器は土でできていて、落とせば割れてしまう「壊れる」存在です。その儚い存在を産業的なベクトルに向けると、硬質で割れない丈夫な性質に変化していきます。そうではなく、磁器の生産に元々ある工芸的製法で「壊れる」を肯定的にとらえ直すと、より繊細な表情が生まれ、新たな価値となるのではないかと思ったんです。

五十嵐瞳による作品『Making Porcelain With an ORIGAMI』
五十嵐瞳による作品『Making Porcelain With an ORIGAMI』

「プロダクトにおける『繊細さ』の新たな価値」を発見した五十嵐にとって、磁器との出会いは美しさへの接近となったようだ。受賞作『Making Porcelain With an ORIGAMI』に使われている「紙の型を用いた磁器」はどのようにして制作されたのだろうか。

五十嵐:磁器を扱う以前に、紙をいじっている時期もありました。紙の目に方向があるように、素材自体に方向性があります。紙を押して出てくる皺を別の素材に置き換えると、何か新たな製法の兆しが見えるのではと思い、塩ビ板や布などいろいろな素材を試す中で、紙という素材の可能性に興味を持ちました。私はあまりパソコンが得意ではないので、ほとんど手作業でやっています。型紙を作って、泥を入れて、出して、紙ごと焼くというプロセスで、初めは長方形の紙を円筒状に丸めただけのところからスタートしています。そこから鋳込み技法を行う上で重要となる、泥を溜める形状を考えていきました。紙は水に触れると弱くなるので、何度も泥が流れ落ちてしまい、試行錯誤していました。けれどある日、お弁当に入っているアルミの銀紙を見て「これだ」と思って。そこからさらに改良を加えていき、最終的には他の素材を使うことなく、紙の折りだけで型が作れるようになり、あのような形状にたどり着きました。

五十嵐瞳による作品『Making Porcelain With an ORIGAMI』
五十嵐瞳による作品『Making Porcelain With an ORIGAMI』

そのようにして作られた卒業制作を『LEXUS DESIGN AWARD 2013』に送ったわけだが、コンペに送ったきっかけは「たまたま研究室の前に応募要項の紙が置いてあったから」。アーティストになりたいと思っていたわけでも、有名になりたいという動機でもなかったと言う。

五十嵐:それまで一度もコンペに出したこともなくて、卒業後は就職して、地道に働いて、自分で窯を買って、今の研究を続けたいなとぼんやりと思っていたんです。でも卒業制作がとても面白かったので、「大学生活もこれで最後だし記念に出したいな」と思っていたときに、研究室の前で『LEXUS DESIGN AWARD 2013』の募集用紙と出会いました。他にもコンペはあったのですが、審査員の方々と「運が良ければ、もしかしたらミラノにいけるかもしれない」と思ったんです。『ミラノ・デザインウィーク』(ミラノサローネ)はプロダクトを学んでいる学生にとっては憧れの場所ですし。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『LEXUS DESIGN AWARD 2014』

応募期間:2013年8月1日(木)〜10月15日(火)
テーマ:「CURIOSITY」
審査員:
パオラ・アントネッリ(キュレーター)
アリック・チェン(キュレーター)
バーギット・ローマン(『デザインブーム』編集長)
伊東豊雄(建築家)
アリス・ローソーン(デザイン評論家)
福市得雄(LEXUS INTERNATIONAL EVP)
メンター:
アーサー・ファン(建築家、エンジニア)
ロビン・ハ二キー (ゲームデザイナー)

『LEXUS DESIGN AWARD 2014 DESIGNER'S COLLEGE』

2013年9月29日(日)10:00〜14:00
会場:東京都 表参道 INTERSECT BY LEXUS
ファシリテーター・レクチャラー:ゲルフリート・ストッカー
ゲスト:平野啓一郎
定員:25名
料金:無料(昼食付き)

  • LEXUS DESIGN AWARD DESIGNER'S COLLEGE
  • プロフィール

    五十嵐瞳(いがらし ひとみ)

    1990年生まれ。2013年多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻卒業。第1回『LEXUS DESIGN AWARD』入賞。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

    12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

    1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

      入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

    2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

      ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

    3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

      Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

    4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

      ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

    5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

      光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

    6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

      鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

    7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

      『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

    8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

      「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

    9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

      立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

    10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

      アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと