インタビュー

松本人志インタビュー 僕は最初から「ドM」じゃなかった

松本人志インタビュー 僕は最初から「ドM」じゃなかった

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:菱沼勇夫

日本のお笑い界を変えた男、松本人志が映画を撮るようになって6年が経つ。ダウンタウンとして数々の伝説を打ち立てた松本が映画で表現する笑いとは? という熱い期待を持って迎えられた第一作『大日本人』は、正義のヒーローの悲哀を綴ったセミドキュメンタリー映画として国際的に高い評価を受ける一方、松本の笑いに親しんだ日本のファンからは「これが笑いなのか?」という戸惑いの声も少なからず上がった。賞賛と批判の渦は、続く『しんぼる』『さや侍』でさらに混沌の様相を見せ、「天才松本の才能は枯渇した」と言う口さがない評価も聞かれるようになった。

そんな中、ついに監督4作目となる『R100』が公開される。ボケとツッコミが織りなすお笑いの本質とも言える「SとM」を題材にした本作は、ある平凡な男が秘密クラブに入会したことから始まる不条理を描く。「100歳未満の入場・鑑賞を禁止」を意味する『R100』は、「ムチャクチャやってやろうと思った」という松本の言葉のとおり、ある意味ではこれまででもっとも道理や理屈の通じない作品でもある。だが、その破天荒さによって『R100』は、松本人志がこれまでに一貫して追求してきたテーマを、まさに指し示すものとなっている。笑いとは何か。松本が映画に求めるものとは何か。その一端に触れるインタビューをお届けする。

よく考えてみると、僕は最初からMだったわけではないんですよ。ダウンタウンとして浜田と僕との関係の中で笑いを追求していった結果、僕がMになったほうが笑いを稼ぎやすかったんですよね。

―『R100』を見せていただいて心の底から笑ったのが、映画に登場する子どもの扱われ方の塩梅でした。それこそ、僕らが夢中で観ていた『ダウンタウンのごっつええ感じ』にも通じる、悲しみと狂気と隣り合わせにあるような笑い、というか。試写会場では若干凍りついてる人もいましたけど(笑)。

松本:まあ、そうでしょうねえ(笑)。

―『R100』のテーマは「SM」ということで、女王様だとか、鞭でピシピシしばかれるような、直接的なSM描写も出てきますが、それ以外にも一般的なSMのイメージだけでは括れないシーンがたくさんあります。松本さんは、SとMという関係性をどのように捉えてらっしゃるんでしょうか。

松本:んー……、例えば人間を分類するときに、血液型で分類する場合があるじゃないですか。でもその分類って先天的なもので、変わりようがない。A型の人はずっとA型の人のままでしょう。もちろん、B型の人はずっとB型のままだし、O型の人も当然そう。でも、SとMの関係性って、人と人が対峙することで、かたちがどんどん変わっていく不思議なものだなと思ってて。

松本人志
松本人志

―松本さん、よく「ドM」って言われてますよね。

松本:自分でも「Mだな」って思うんですけど、でもよく考えてみると、僕は最初からMだったわけではないんですよ。ダウンタウンとして浜田と僕との関係の中で笑いを追求していった結果、きっと僕がMになったほうが笑いを稼ぎやすかったんですよね。当然、浜田はSであるほうがどんどん笑いを取っていくことができる。だから、本来僕はMではなくて、笑いを生み出すために変化していったんじゃないかな、と。SとMって、職業だったり、相手によって変わっていくものだと思います。

『R100』 ©吉本興業株式会社
『R100』 ©吉本興業株式会社

―先天的なものではなくて、さまざまな環境によって後天的に変化する。

松本:と、思います。だから、僕が監督という立場で映画に関わっている間はSにならざるをえないんですよ。逆に役者さんはどんどんMになっていく。僕が、かなり激しいSとして役者に「ああしろ、こうしろ」と要求していかないと現場は前に進まない。「あ、ちょっとこんな感じでお願いしても、よろしいでしょうか?」なんて遠慮してもしょうがない(笑)。

―松本さんが『ごっつええ感じ』をやっていた頃は、浜田さんとともに後輩芸人を引っ張っていかなきゃいけないことが多くあったと思うんですが、そのときもS的な感覚はありましたか?

松本人志

松本:そうですねえ。でも、単純にSだけをやってたわけではないですね。僕はコントや番組の企画もするでしょう。だから最後の罰ゲームをあーだこーだと考えるのも僕なわけで、そのときの自分はある種のSですよね。でもSである自分が考えた罰ゲームを、プレイヤーでもあるMの自分が苦しむっていうシチュエーションも大いにあって、倒錯的なんです。


―(笑)。芸人も映画監督も同じであると。

松本:僕がよく言っているのは、監督は現場ではSなんですけど、撮れたものを持ち帰って編集しているときはMなんですよね。奉仕みたいな部分があって。

―それは誰に対する奉仕?

松本:観てくれる人に対する奉仕。それから、やっぱり役者さんでしょうね。現場で撮影した役者の演技を、より面白くするも面白くしないも編集次第っていうところがあるから、本当に苦しみますね。

Page 1
次へ

作品情報

『R100』

2013年10月5日(土)から全国ロードショー
監督・脚本:松本人志
出演:
大森南朋
大地真央
寺島しのぶ
片桐はいり
冨永愛
佐藤江梨子
渡辺直美
前田吟
YOU
西本晴紀
松本人志
松尾スズキ
渡部篤郎
配給:ワーナー・ブラザース映画

プロフィール

松本人志(まつもと ひとし)

1963年、兵庫県尼崎市生まれ。82年、浜田雅功とダウンタウンを結成。89年に『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ)が放映開始。91年に始まった『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)では、テレビにおけるコント番組のあり方を一変させた。93年のオリジナルビデオ作品『ダウンタウン松本人志の流 頭頭』を皮切りに、映像作品の監督にも着手。『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』シリーズでは、新作コントを次々発表。07年に『大日本人』で映画監督デビュー。以降、『しんぼる』(09年)、『さや侍』(11年)を手がけ、今回の『R100』は第4作目にあたる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開