特集 PR

大根仁と関和亮に教えてもらう、映像業界のあんな事やこんな事

大根仁と関和亮に教えてもらう、映像業界のあんな事やこんな事

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望

Perfumeがブレイクするきっかけとなった一連のミュージックビデオ(以下、MV)やアートワーク、『第14回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門の優秀賞を受賞したサカナクションの“アルクアラウンド”など、他に例のない仕掛けで音楽と映像の見事なコラボレーションを実現してきた映像作家・関和亮。大ヒットした映画&ドラマ『モテキ』や『恋の渦』など多数の個性的な話題作を筆頭に、MV、舞台演出など多彩なジャンルで活躍する映画監督 / ドラマディレクターの大根仁。日本の映像文化の最先端を担う二人が顔を揃えたのが、先日2.5Dで開催された公開講座『UTB映像アカデミーPresents あの人の企画書 -映像制作の最前線から-』でした。二人の独創的なアイデアはいかに培われていったのか? お互いのキャリアを振り返りながら、映像業界の現状、そこで映像作家として大切にしていることなどについて、講座の終了後に初対談していただきました。これから映像作家を目指す方に向けてのお言葉も、必見です!

何でもできるという自負が、ここまで自分を引っ張ってきてくれたのかな。(大根)

―お二人は現在、映像業界のトップクリエイターとしてご活躍ですが、若い頃から映像制作の現場で働いてきた生え抜きなんですよね。

大根:そうですね。関さんは何年生まれ?

:1976年です。

大根:僕はそれより一世代上の1968年なんで……この世界に入ったのは、今よりもうちょっと業界が乱暴な頃かな? バブル真っ盛りで、仕事は腐るほどあるから誰でも入ってこいという。

:今とは逆ですよね(笑)。僕のときもまだそういうノリはあって、素人でもいいから、仕事は現場で覚えろよと。だから僕自身も、現場でガムテープの呼び方から教わった感じです。

大根:なるほどね。

左から:大根仁、関和亮
左から:大根仁、関和亮

:ただ、ちょうどデジカメが出だしたときだったので、それまでに比べて制作費が激減しました。僕なんかは、その第一世代。ある意味、大変な時代だったかも知れません。

大根:僕は今思うとラッキーだったかな。堤幸彦という人に拾われて業界に入ったんだけど、堤さんもまだ34、5歳で、ドラマや映画監督としてメジャーブレイクする前だったんです。業界では「何でもできる堤ちゃん」と言われて、テレビのバラエティーからドラマ、映画、舞台演出、CMと、ありとあらゆる映像を撮っていた。僕は入って2、3年でその現場に全部つかせてもらえたんですよ。

:ほぉ〜!! それはすごい経験ですね。

大根:逆にいえば、育ちが悪いってことなんだけどね(笑)。でもひとつの仕事に特化せずにいろいろやっちゃったんで、アシスタントとして広く浅く知識と技術は身についた。何でもできるという自負が、ここまで自分を引っ張ってきてくれたのかな。

『UTB映像アカデミーPresents あの人の企画書 -映像制作の最前線から-』の模様
『UTB映像アカデミーPresents あの人の企画書 -映像制作の最前線から-』の模様

:そこは僕も同じですね。僕の場合、横の繋がりで仕事内容もよく知らずにたまたま入ったのが、デザイン会社だったんですよ。だから最初はデザイン仕事のほうが多くて、そこで鍛えられているうちに映像の仕事にも出会えて。そうやって、デザインもムービーも何でも作る体勢になっていきました。

―お二人とも現場叩き上げでありつつ、映像制作以外のこともやってきた経験が、今に活かされているわけですね。

大根:色んなことを知っていると、現場で役に立つんですよ。何でもできるからこそ、客観的な見方をする。どんな現場でもワンコンセプトで押し切るだけじゃなく、手を替え品を替えいろいろやりたくなってしまう。お客さんからすれば、どんな素晴らしい映像だって飽きるじゃないですか。MVだったら映像の良さだけで耐えられるのはワンコーラスくらいですよ(笑)。繰り返し見たいと思ってもらうには展開が必要だし、そのためには守備範囲の広さがあったほうがいい。

:同感です。大根さんはワンコーラスとおっしゃいましたけど、実際は5秒、10秒の世界だったりしますよね(笑)。どうしても人間は刺激を求めるから、MVにも伏線や展開がないと面白くないんです。だから映像作家になりたい人も、映像だけ作ってるんじゃなくて、大工をやったり漁師をやったりしてみたほうが、いろんなアイデアを出せるようになるのかも知れない。まあそれは物理的に無理なので、手を替え品を替え考えていくんですよね。

Page 1
次へ

作品情報

『恋の渦』

2013年10月14日(月・祝)までオーディトリウム渋谷でレイトショー、ほか順次公開
監督:大根仁
原作・脚本:三浦大輔
出演:
新倉健太
若井尚子
柴田千紘
後藤ユウミ
松澤匠
上田祐揮
澤村大輔
圓谷健太
國武綾
松下貞治
配給:シネマ☆インパクト

プロフィール

大根仁(おおね ひとし)

1968年東京都生まれ。演出家・映像ディレクター。 「まほろ駅前番外地」「モテキ」「湯けむりスナイパー」などのテレビドラマ、フジファブリック「夜明けのBEAT」、マキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」などのMV、ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」などの舞台演出を手掛ける傍ら、ラジオパーソナリティ、コラム執筆、イベント主催など幅広く活動する。監督・脚本を手掛けた映画「モテキ」が2011年に公開し大ヒット。映画監督第二作目となるインディーズ映画「恋の渦」は、連日上映劇場のキャパシティーをオーバーする人気を博し、全国拡大公開中。

関和亮(せき かずあき)

1976年長野県生まれ。1998年トリプル・オーに参加。2000年より映像ディレクターとして活動を始め、2004年よりアート・ディレクター、フォトグラファーとしても活動。現在に至る。PerfumeのPVやアートワークも手掛ける。手がけたおもなミュージックビデオに、柴咲コウ『無形スピリット』、ねごと『カロン』、NICO Touches the Walls『手をたたけ』など。サカナクション「アルクアラウンド」MVにて『第14回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門優秀賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開