特集 PR

大根仁と関和亮に教えてもらう、映像業界のあんな事やこんな事

大根仁と関和亮に教えてもらう、映像業界のあんな事やこんな事

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望

Perfumeがブレイクするきっかけとなった一連のミュージックビデオ(以下、MV)やアートワーク、『第14回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門の優秀賞を受賞したサカナクションの“アルクアラウンド”など、他に例のない仕掛けで音楽と映像の見事なコラボレーションを実現してきた映像作家・関和亮。大ヒットした映画&ドラマ『モテキ』や『恋の渦』など多数の個性的な話題作を筆頭に、MV、舞台演出など多彩なジャンルで活躍する映画監督 / ドラマディレクターの大根仁。日本の映像文化の最先端を担う二人が顔を揃えたのが、先日2.5Dで開催された公開講座『UTB映像アカデミーPresents あの人の企画書 -映像制作の最前線から-』でした。二人の独創的なアイデアはいかに培われていったのか? お互いのキャリアを振り返りながら、映像業界の現状、そこで映像作家として大切にしていることなどについて、講座の終了後に初対談していただきました。これから映像作家を目指す方に向けてのお言葉も、必見です!

何でもできるという自負が、ここまで自分を引っ張ってきてくれたのかな。(大根)

―お二人は現在、映像業界のトップクリエイターとしてご活躍ですが、若い頃から映像制作の現場で働いてきた生え抜きなんですよね。

大根:そうですね。関さんは何年生まれ?

:1976年です。

大根:僕はそれより一世代上の1968年なんで……この世界に入ったのは、今よりもうちょっと業界が乱暴な頃かな? バブル真っ盛りで、仕事は腐るほどあるから誰でも入ってこいという。

:今とは逆ですよね(笑)。僕のときもまだそういうノリはあって、素人でもいいから、仕事は現場で覚えろよと。だから僕自身も、現場でガムテープの呼び方から教わった感じです。

大根:なるほどね。

左から:大根仁、関和亮
左から:大根仁、関和亮

:ただ、ちょうどデジカメが出だしたときだったので、それまでに比べて制作費が激減しました。僕なんかは、その第一世代。ある意味、大変な時代だったかも知れません。

大根:僕は今思うとラッキーだったかな。堤幸彦という人に拾われて業界に入ったんだけど、堤さんもまだ34、5歳で、ドラマや映画監督としてメジャーブレイクする前だったんです。業界では「何でもできる堤ちゃん」と言われて、テレビのバラエティーからドラマ、映画、舞台演出、CMと、ありとあらゆる映像を撮っていた。僕は入って2、3年でその現場に全部つかせてもらえたんですよ。

:ほぉ〜!! それはすごい経験ですね。

大根:逆にいえば、育ちが悪いってことなんだけどね(笑)。でもひとつの仕事に特化せずにいろいろやっちゃったんで、アシスタントとして広く浅く知識と技術は身についた。何でもできるという自負が、ここまで自分を引っ張ってきてくれたのかな。

『UTB映像アカデミーPresents あの人の企画書 -映像制作の最前線から-』の模様
『UTB映像アカデミーPresents あの人の企画書 -映像制作の最前線から-』の模様

:そこは僕も同じですね。僕の場合、横の繋がりで仕事内容もよく知らずにたまたま入ったのが、デザイン会社だったんですよ。だから最初はデザイン仕事のほうが多くて、そこで鍛えられているうちに映像の仕事にも出会えて。そうやって、デザインもムービーも何でも作る体勢になっていきました。

―お二人とも現場叩き上げでありつつ、映像制作以外のこともやってきた経験が、今に活かされているわけですね。

大根:色んなことを知っていると、現場で役に立つんですよ。何でもできるからこそ、客観的な見方をする。どんな現場でもワンコンセプトで押し切るだけじゃなく、手を替え品を替えいろいろやりたくなってしまう。お客さんからすれば、どんな素晴らしい映像だって飽きるじゃないですか。MVだったら映像の良さだけで耐えられるのはワンコーラスくらいですよ(笑)。繰り返し見たいと思ってもらうには展開が必要だし、そのためには守備範囲の広さがあったほうがいい。

:同感です。大根さんはワンコーラスとおっしゃいましたけど、実際は5秒、10秒の世界だったりしますよね(笑)。どうしても人間は刺激を求めるから、MVにも伏線や展開がないと面白くないんです。だから映像作家になりたい人も、映像だけ作ってるんじゃなくて、大工をやったり漁師をやったりしてみたほうが、いろんなアイデアを出せるようになるのかも知れない。まあそれは物理的に無理なので、手を替え品を替え考えていくんですよね。

Page 1
次へ

作品情報

『恋の渦』

2013年10月14日(月・祝)までオーディトリウム渋谷でレイトショー、ほか順次公開
監督:大根仁
原作・脚本:三浦大輔
出演:
新倉健太
若井尚子
柴田千紘
後藤ユウミ
松澤匠
上田祐揮
澤村大輔
圓谷健太
國武綾
松下貞治
配給:シネマ☆インパクト

プロフィール

大根仁(おおね ひとし)

1968年東京都生まれ。演出家・映像ディレクター。 「まほろ駅前番外地」「モテキ」「湯けむりスナイパー」などのテレビドラマ、フジファブリック「夜明けのBEAT」、マキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」などのMV、ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」などの舞台演出を手掛ける傍ら、ラジオパーソナリティ、コラム執筆、イベント主催など幅広く活動する。監督・脚本を手掛けた映画「モテキ」が2011年に公開し大ヒット。映画監督第二作目となるインディーズ映画「恋の渦」は、連日上映劇場のキャパシティーをオーバーする人気を博し、全国拡大公開中。

関和亮(せき かずあき)

1976年長野県生まれ。1998年トリプル・オーに参加。2000年より映像ディレクターとして活動を始め、2004年よりアート・ディレクター、フォトグラファーとしても活動。現在に至る。PerfumeのPVやアートワークも手掛ける。手がけたおもなミュージックビデオに、柴咲コウ『無形スピリット』、ねごと『カロン』、NICO Touches the Walls『手をたたけ』など。サカナクション「アルクアラウンド」MVにて『第14回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門優秀賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催