特集 PR

人生を捧げてこそ world's end girlfriend × Serph対談

人生を捧げてこそ world's end girlfriend × Serph対談

インタビュー・テキスト
金子厚武

world's end girlfriend(以下、WEG)と、Serphとしての活動で知られるN-qiaのTakma。日本のエレクトロニックミュージック界における新旧の天才にして異端児とも言うべき二人が、遂に邂逅のときを迎えた。これまで素性を隠してネットレーベルからのリリースを続けてきたSerphと女性ボーカリストのNozomiによる歌ものプロジェクト「N-qia」が、WEG主宰のレーベルVirgin Babylon Recordsから、アルバム『Fringe Popcical』を発表するのだ。ファンタジックな世界観、緻密な作り込みと多彩な展開といった楽曲の類似性に加え、どちらもいろいろな名義を使い分けて活動するなど、非常に似通った部分の多いこの両者。その中でも二人が最も共鳴したのは、音楽にその身を捧げる「献身性」であった。表現の深淵へと迫るようなスリリングな対話を、ぜひ楽しんでもらいたい。

Serphが延々と曲を作り続けてるのと、俺が本気でいいと思ったアーティストをケアして、レーベルから出すのは音楽への献身という根っこでつながってると思う。(WEG)

―まずは、お二人の出会いから教えてください。

WEG:自分がまだ知らない最高なアーティストを日常的に探してるんだけど、その中で偶然N-qiaの音楽を聴いて、「お、これはすごいなあ」と思って。それでN-qiaのことを調べてみたら、情報がほとんどなかったんだけど、一部では「Serphがやってるじゃないか?」って噂になってて、俺もたぶんそうなんじゃないかと思って。

―どうしてそう思ったんですか?

WEG:Serphの特徴的な部分って、表層の音の作りもあるけど、音楽を作られるときのひらめきの凝縮度がすごいと思っていて、N-qiaにも同じもの感じたから。

―それで、コンタクトを取ってみたと。

WEG:そう。レーベルに誘う前に、まずは1回直接会ってどういう人間か知りたいから、一緒に飲んで。その日に聞いたんだっけ? 「Serphもやってるの?」って。

Serph:そうでしたね。

―Serphさんはなぜ名義を隠して活動をしていたのですか?

Serph:歌ものとしてゼロから始めたかったし、ボーカリストとして一緒にやってるNozomiの立場もあったので、まずは名前を出さずにやろうと思って。やっていく中で、ネットレーベルからいろいろ出したりして、海外からも評価してもらえたし、Virgin Babylonから盤を出したいと思ってもらえるところまで来たので、もうSerphっていう名前を出してもN-qiaがつぶれることはないと思って、今回から名前を出すことにしたんです。

N-qia
N-qia

―Serphの名前を出さずにちゃんと評価されることが重要だったんですね。WEGさんから見て、Serphさんの第一印象は?

WEG:「あ、いいなあ」と思った。面構えや目つきからして「やばいな」って(笑)。まあ、例え社会的に問題あったとしても、アーティストとして最高だったらそれでいいんだけどね。うちのレーベルは人間的におかしな素敵なメンツ揃ってるから(笑)。

―逆に、SerphさんはWEGやVirgin Babylonに対して、どんな印象を持っていましたか?

Serph:N-qiaを始めたときに、Virgin Babylonのホームページを見て、「ここから出せたら最高だよね」って言ってたぐらいなので、ホントに夢が形になったなって。

―相思相愛だったわけですね(笑)。実際に、お二人はすごく共通点が多いと思うんですけど、中でも一番共鳴した部分はどんなところだったのでしょう?

WEG:俺が一番思ってるのは、音楽に対する献身が強いってこと。音楽っていうでっかいものの一部をちゃんと担って、人生をかけて音楽をやってる。Serphが延々と曲を作り続けてるのと、俺が本気でいいと思ったアーティストをケアして、レーベルから出すのは音楽への献身という根っこでつながってると思う。

Serph:その通りだと思いますね。良くも悪くも人生を音楽に捧げてるというか。僕自身の性質として、ドグマチックな世界観を持ったハードコアな人とは悪循環ができてしまうことが多くて、それで結構嫌な思いをしてきたから、これまでそういう人との接触はなるべく避けてきたっていうのがあるんですけど、そんなことを言ってられない状況になってきてて……。

―昔だったら、お互いの強烈な世界観がぶつかり合って、反発してたかもしれない?

Serph:そうなってたかもしれないです。なので、いいタイミングでの出会いだったと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『noble presents Serph 1st concert「Candyman Imaginarium」』

2014年1月11日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
出演:Serph
料金:前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

リリース情報

N-qia<br>
『Fringe Popcical』(CD)
N-qia
『Fringe Popcical』(CD)

2013年10月26日発売
価格:2,200円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-013

1. shootingstar
2. microfolk
3. pastel
4. cocoonsong
5. sirius
6. tree
7. someday
8. sushine-mix
9. tobu
10. vinci
11. chooseone
12. lafunk
13. sailor

プロフィール

world's end girlfriend(わーるず えんど がーるふれんど)

1975年11月1日 かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した長崎県の「五島列島」に生まれ10歳の時に聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲をはじめる。2000年デビュー。アジア、EU、USツアーなどを行い『ATP』『Sonar』など各国フェスにも出演。映画「空気人形」の音楽を担当し2009年カンヌ映画祭や世界中で公開された。2010年『Virgin Babylon Records』を設立し「SEVEN IDIOTS」をワールドワイドリリース。圧倒的世界観を提示しつづけている。

N-qia(えぬ きあ)

ボーカリストNozomiとプログラミングTakmaにより2010年7月に結成。エレクトリックとアコースティックの様々な音の粒がきらびやかに動き回るトラックの中、 歌声はそのすべてを包み込むように自由に素直に唄われ 次々とみたことのないファンタジックな景色を映し出す。ドイツのKUGK musiqueより1stアルバム「Kaleidoscope」でデビュー以来、世界各国のネットレーベルからも数多くの作品を発表し続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. 凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた? 1

    凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

  2. りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲 2

    りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲

  3. 佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も 3

    佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も

  4. アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催 4

    アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

  5. 稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら 5

    稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら

  6. 名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く 6

    名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く

  7. モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開 7

    モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開

  8. 是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』 8

    是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』

  9. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 9

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  10. マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も 10

    マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も