特集 PR

止められない破壊衝動 ハルカトミユキインタビュー

止められない破壊衝動 ハルカトミユキインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

<引きずり出して飛び散った 赤や緑のハラワタ / 「早くなんか言えよ」>(“マネキン”)<毛頭、伝える気がないなら 今すぐに消えろ。>(“mosaic”)

11月6日に発表される初のフルアルバム『シアノタイプ』から、先行で公開された2曲の歌詞を見てもわかるように、ハルカトミユキの表現の背景には、多くの場合何らかの「怒り」が存在し、ときにそれは「破壊衝動」と言えるほど強烈なものとなっている。果たして、この「怒り」は何に対して生まれ、どこに向けて放たれているのだろうか? ハルカトミユキの魅力を探る連載企画、先日のハルカと穂村弘の対談に続いて、今回はメンバー二人へのインタビューを敢行。ユニットの結成以前までさかのぼり、この二人が共に音楽を鳴らすことの必然性を改めて探ってみると、彼女たちがあくまで自らをマジョリティーと捉え、1人でも多くの人へと音楽を届けようとする理由がはっきりと浮かび上がってきた。『シアノタイプ』の発売までは、あと約3週間。その出来は、決してあなたを裏切らない。

男性的なものへの憧れはすごくあります。(ミユキ)

―ミユキさん、ハルカさんと穂村弘さんの対談は読んでもらえました?

ミユキ:はい。ただ、穂村さんのことはよくハルカが言ってるから知ってはいたんですけど、歌集は、穂村さんのもハルカのも読んだことがなくて……。

―そうなんだ(笑)。ミユキさん、本はほとんど読まないそうですね。

ミユキ:はい。(歌集を)開いてはみたんですけど、ちょっとわからないなと思って……。でも、対談でハルカがフェスのことを言ってたじゃないですか?

―「盛り上がるかどうか」ということが最優先になっているような状況の中で、自分たちの存在意義を改めて考えたっていう話ですよね。

ミユキ:はい、私も同じことは感じてて。人それぞれ楽しみ方はいろいろだと思うけど、ワーッてならなくても、立ちすくんじゃうような感動のさせ方って、すごくかっこいいなって思うから、ハルカトミユキもそういうライブができるようになれたらいいなって。

―対談の中で、ハルカさん一人称の話が出たじゃないですか? 歌詞だと「僕」で、短歌だと「私」が多いっていう。あの理由を考えたんですけど、ハルカさんって、好きなアーティストとして男性のバンドをよく挙げてますよね。銀杏BOYZ、THE BACK HORN、エレファントカシマシとか。そういったバンドの影響で、歌詞の一人称が「僕」になってるんじゃないかと思ったんですけど。

ハルカ:確かに男の人の歌を聴いてきたし、男性的な破壊衝動への憧れは多分にありました。でも、私の声は女性の声だし、そういう方に行けないことがコンプレックスだったんですよね。すごく意識していたわけではないけど、男性的なものや中性的なもの、ジェンダーレスな方向に自然と向かっていったのかもしれないです。

左から:ハルカ、ミユキ
左から:ハルカ、ミユキ

―そもそも、男性的なものへの憧れはなぜ生まれたんでしょうか? 例えば、昔から女の子同士で群れることに違和感を感じるようなタイプだったとか。

ハルカ:完全に、違和感を感じるタイプでしたね(笑)。大衆的なものにもすごく抵抗があって、何か人と違うものが好きだったり、女の人の集団のキャピキャピした感じが性格的に好きじゃなくて。

―その感覚は、きっとミユキさんも持ってるものですよね?

ミユキ:男性的なものへの憧れはすごくあります。シャウトとか、私には絶対できないから、すごく憧れるし、服装も中性的に見えた方がいいなって思うし、群れるのは無理だし。そこに関してはまったく一緒ですね。

―家族の影響ではない?

ハルカ:私は妹が2人いて、女ばっかりの家で育ったから、昔は男性的なものに全然触れてこなかったんです。でも、小っちゃいときから活発で、ボーイッシュなタイプではあったんですよね。

ミユキ:私は一人っ子なので丁寧に育てられてきたんですけど、厳しいところは厳しくて、小さいときは漫画もアニメも見せてもらえなかったから、それに対する反発でかけ離れた方に行ったのかなっていうのは、ちょっと思ったりしますね。

Page 1
次へ

イベント情報

ハルカトミユキ ワンマンライブ
『シアノタイプ』

2013年12月10日(火)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 新代田 FEVER
料金:前売2,300円(ドリンク別)

リリース情報

ハルカトミユキ<br>
『シアノタイプ』(CD)
ハルカトミユキ
『シアノタイプ』(CD)

2013年11月6日発売
価格:3,150円(税込)
AICL-2598

1. 消しゴム
2. マネキン
3. ドライアイス
4. mosaic
5. Hate you
6. シアノタイプ
7. 7nonsense
8. 振り出しに戻る
9. 伝言ゲーム
10. 長い待ち合わせ
11. ナイフ
12. Vanilla

プロフィール

ハルカトミユキ(はるかとみゆき)

2012年終盤に突如現れた、新生フォークロックユニット、ハルカトミユキ。詩人・ハルカ(Vocal / Guitar)と奇人・ミユキ(keyboard / Chorus)のデュオ。1989年生まれの二人が立教大学の音楽サークルで知り合い、唯一「同じ匂いがする」とひかれあう。森田童子、銀杏BOYZ、ニルバーナを同時期に聴いていた「言わない」世代が静かに奏でるロックミュージック。2012年11月14日、『虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。』(H+M Records)でデビュー。iTunesが選出する2013年ブレイクが期待新人アーティスト「newARTIST2013」にも選ばれる。2013年3月13日、2nd e.p.『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』(H+M Records)を発売。2013年11月6日に待望のメジャー移籍第1弾となる1stフルアルバム『シアノタイプ』を発売予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会