特集 PR

YOUR SONG IS GOODがいざなう、未開の快楽地帯

YOUR SONG IS GOODがいざなう、未開の快楽地帯

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:豊島望

パッと見たところ、いつもと変わらず飄々としている。それなのに、この人たちはこんなに強烈な作品をさらっと差し出してくるんだから、お手上げである。結成から15年目を迎えたYOUR SONG IS GOOD(以下YSIG)がついにドロップする通算5作目のスタジオアルバム『OUT』。スカやカリプソを基調としながらも、あきらかにそこから大きくはみ出した芳醇なリズムワーク。ボーカルを排したことでより直接的にフィジカルへと訴えかけてくるようになった、あまりにも強靭なグルーヴ。一体なんだよ、このアルバムは。ちょっと無敵感が漂い過ぎだよ!

人力で構築されたダンスミュージックとしても、この作品はあまりにも特異なフォルムを見せつけているが、もちろんそれを裏付けているのは、このYSIGというバンドの一筋縄ではいかないキャリアだ。ハードコアパンクのシーンを出自としながら、興味が赴くままにさまざまなサウンドを貪欲に取り込んでいった彼らにしか辿り着けなかった未開の地。それが『OUT』である。では、フロントマンのサイトウ “JxJx” ジュンにここまでの変遷をたっぷりと語ってもらおう。

仕事とバンドの折り合いがとれるギリギリのところでずっとやってきた。そういう意味では奇跡的に続いているバンド。

―前作から3年と8か月ぶりの新作となりました。リリースのスパンとしてはたぶん過去最長ですよね。

サイトウ:メジャーレーベルとの契約が前作でいったん終わったのもあって、次はもっと必然性のあるタイミングでアルバムを出したいなと思ってて。バンドとして今鳴らしたい音を、もっと明確にしてから臨みたかったんです。

サイトウ
サイトウ "JxJx" ジュン

―なるほど。では、前作『B.A.N.D.』はどういう指針で臨んだ作品だったんですか?

サイトウ:あれは「メンバー個々のやりたいことをYSIGでやろう」という作品でした。そもそも僕らは1つの音楽を追求するためにバンドを組んだわけではなくて、いろんな音楽好きのやつらが集まっちゃったような感じで。そういう意味で、『B.A.N.D.』はこのバンドの体質をそのまま描いた作品だったと思います。

―では、YSIGは特に誰かがイニシアチブを握って始まったわけではなかったんですね。

サイトウ:一応、リーダーで言い出しっぺは僕ですが、SCHOOL JACKETSというYSIGの原型のバンドが、ものすごくコンセプチュアルだったんですよ(ブラックミュージックとファストコアを融合し、全曲ほぼ1分以内のショートチューンといった制約が設けられていた)。そういうものを一度省いて、趣味嗜好の幅が広い人たちの中で楽しくてやってたら、いつの間にか15年間も続いちゃってたっていう(笑)。

―結成から15年目の最新作が『OUT』のようなアッパーな作品に仕上がったのも、このバンドのキャラクターを上手く捉えているように感じました。YSIGは、これまでシリアスな状況を迎えた時期はなかったのでしょうか?


サイトウ:常にありますよ(笑)。それをあまり声高に叫ぶことはないけど、たぶんメンバー全員が「いつどこで止まってもおかしくない」と思ってきたんじゃないかな。というか、どのバンドもきっとそうですよね。

―特にYSIGにはどんな局面があったのでしょう。

サイトウ:YSIGがメジャーにいったとき、僕たちはだいたいもう30歳くらいで、若さの勢いで自分のやりたいことをそのまま生業として走っていけるような状況でもなかったんですね。僕自身は、結果この稼業でいくことになるんですが、メンバーそれぞれが他の仕事をしながらメジャーレーベルと契約するとなれば、その足並みを揃えるっていう部分でけっこう無理することも多くて。

―いろんな折り合いがありそうですよね。

サイトウ:その折り合いがとれるギリギリのところでずっとやってきたんです。そういう意味では奇跡的に続いているバンドですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『YOUR SONG IS GOOD「OUT TOURS」-5th Album Release Party-』

2013年11月30日(土)
会場:大阪府 梅田 AKASO

2013年12月1日(日)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2013年12月14日(土)
会場:北海道 札幌 BESSIE HALL

料金:各公演 前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

『YOUR SONG IS GOOD「OUT TOURS」-5th Album Release Party- SUPER 2DAYS -YOUR SONG IS GOODの超2日間 2013-』

2013年12月7日(土)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2013年12月8日(日)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

料金:
1日券 前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)
2日間通し券 前売6,000円 当日 7,000円(共にドリンク別)
※2日間来場の方には15周年記念入場特典あり

リリース情報

YOUR SONG IS GOOD<br>
『OUT』(CD)
YOUR SONG IS GOOD
『OUT』(CD)

2013年11月20日発売
価格:2,625円(税込)

1. Re-search
2. Changa Changa
3. Dripping
4. Ultra Roll Up
5. Pineapple Power
6. Unidentified Hot Springs
7. The Cosmos
8. Out

プロフィール

YOUR SONG IS GOOD(ゆあそんぐいずぐっど)

FRUITYのヴォーカルだったサイトウ "JxJx" ジュン(Organ)と、NUTS & MILKのヨシザワ“モーリス”マサトモ(G)、シライシコウジ(G)、タナカ“ズィーレイ”レイジ(Dr)らが結成したSCHOOL JACKETSが母体となり、1998年結成。2001年、ハットリ“ショーティ”ヤスヒコ(Tb)、タカダ“ダータカ”ヒロユキ(B)が加入。強烈でハートに響くダンスミュージックで観客を集め、大型野外フェスから街角のライブハウスまで引っ張りだこの存在に。15周年を迎えた今年、5枚目となるアルバム『OUT』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで