特集 PR

YeYeと後藤正文が考える、ミュージシャンの幸せな在り方

YeYeと後藤正文が考える、ミュージシャンの幸せな在り方

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

メジャーとインディー、東京と地方、バンドとソロ……。これらのテーマは、音楽について話をするときに、必ず話題にあがるテーマだと言えよう。そして、これらは時代によってその意味合いを多少変えながらも、その良し悪しというのは、結局そのミュージシャンがどんな未来を思い描いているかによって変わってくる。9月にアルバム『HUE CIRCLE』を発表し、現在は全国ツアー中のYeYeと、同じく9月に横浜スタジアムでの10周年記念ライブを終えたASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文は、かつて後藤のソロ楽曲“LOST”にYeYeがゲストボーカルで参加して以来の仲。京都在住で、インディーレーベルに所属、サポートメンバーと共に活動するYeYeと、メジャーのど真ん中に位置しながら、自主レーベルを立ち上げて、ソロワークやプロデュースも手掛ける後藤との対話は、それぞれの立ち位置を反映しつつ、やはりミュージシャンとしての顔がはっきりと浮かび上がる内容に。ジョークや天然が飛び交いつつも、今二人が思うことを、かなり突っ込んだところまで話してもらった。

「この人は世に出ていくべきだ」って思ったんですよね。広くいろんな人が聴きたいと思うような何かを持ってるんじゃないかって、勘が働いたというか。(後藤)

―YeYeさん、先日の東京でのレコ発、お疲れさまでした。前日にドラムの(妹尾)立樹さんが怪我をして、ライブに出られなくなってしまうという、思いがけないドラマチックな状況でしたね……。

YeYe:ライブ前日の練習に1時間以上経っても来ないから、「おかしいな」と思ってたら電話がかかってきて、「骨折れたかもしれへん」って。それで、ライブまで24時間切った中でitokenさんにお願いして、数曲叩いていただいたのですが、完璧だったし、華のあるドラムで、ホントに助けられました……。なんとか終わってよかったです(笑)。

YeYe
YeYe

―後藤さんはライブでの印象深いアクシデントってありますか?

後藤:昔は空調が寒すぎて、演奏中にトイレ行きたくなることがよくありました(笑)。

YeYe:長丁場ですもんね(笑)。

後藤:そういうときは、「すみません、ちょっと待っててください」ってMCで言ってから行きますけどね(笑)。でも一番のピンチは、アリーナツアーの最終日にノロウイルスかなんかにやられちゃって(笑)。

YeYe:あの、噂に聞いたんですけど、そういうときってニンニク注射ってやつするんですか?

後藤:ニンニクでは胃腸の調子はよくならないんじゃないかな?(笑) それに僕はニンニク注射やったことないよ(笑)。

―(笑)。お二人の接点と言えば、後藤さんのソロ“LOST”にYeYeさんがゲストボーカルで参加されていましたよね。後藤さんはどうやってYeYeさんのことを知ったのですか?

後藤:YeYeが前にやってたバンドが『閃光ライオット』に出て、僕らのラジオ番組でそのバンドの曲がかかったんですよ。“そらに”っていう曲で、僕たちが“ソラニン”を出したときだったから、そういうダジャレも含めて、「アジカンにはこれを聴いてもらいましょう」みたいな感じで。それで、「いい声だね」ってラジオで言って、その後Twitterで話しかけたのを覚えてる。

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

YeYe:ゴッチさんが呟いてくれはって、それに対していろんな人から「ゴッチさんが言ってるよ」っていうふうにいっぱい言われて、「あらら」ってなりました。

後藤:そのときデモとか出してたんだっけ?

YeYe:MySpaceには上げてたかもしれないですね。

―じゃあ、後藤さんはYeYeさんのデビュー以前からご存知だったんですね。

後藤:僕はレーベルをやってるから、「どこかと契約あるのかな?」と思って、DMで連絡したら、「今度出すんです」って言うから、「よかったね」っていうやり取りをして。「この人は世に出ていくべきだ」って思ったんですよね。広くいろんな人が聴きたいと思うような何かを持ってるんじゃないかって、勘が働いたというか……。先輩ミュージシャンとしての勘とかじゃなく、いちリスナーとして、「この人いいなあ」って。

―“LOST”でゲストボーカルに起用したのは、どういう理由だったんですか?

後藤:“LOST”と言いつつも、人生やライフがテーマの曲だから、おじさんが一人で歌ってるのはなんか違うなあと思って(笑)。女の人の声が入ってきたほうがよりドラマチックになるというか、生まれてから得るものと失うもののイメージが、自分以外の異性の声が入ってきたほうが広がると思ったんです。

―YeYeさんは声がかかったときビックリしたでしょうね。

YeYe:呼ばれたのがめちゃめちゃ大きいスタジオで、あんなところには初めて入りました。録音してるブースからミキサーのところまで、部屋がもう1個作れるぐらい広くて、すごいなあと思いました。あの大きさに緊張しましたね……。

後藤:YeYeはスタジオでシーンとしてましたね。なんか、キュッとなってました(笑)。そのときよりは今のほうがフランクに話せるようになったよね。

YeYe:そうですね。それまでTwitterでやりとりしてたのが、そのときに初めて会ったので……。

後藤:「チャット友達が初めて会う」みたいなね(笑)。お互い本名も知らず、ハンドルネームで呼び合うみたいな(笑)。

―それをきっかけに、その後はいろんな場所で共演されて、親交を深めてきたと。

YeYe:はい、『THE FUTURE TIMES』のイベントに誘っていただいたり。

後藤:大阪のイベントに一緒に呼ばれて、無茶振りで(“LOST”を)歌えってなったりね(笑)。

YeYe:あのときは、カラオケで歌いましたね(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

YeYe
『HUE CIRCLE』全国ツアー

2013年12月7日(土)
会場:宮崎県 Liberty

2013年12月14日(土)
会場:北海道 札幌 oyoyo

2014年1月12日(日)
会場:京都府 KYOTO MUSE

東京『空気公団 × YeYe LIVE』

2013年12月25日(水)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 下北沢 mona records

書籍情報

後藤正文<br>
『This is ASIAN KUNG-FU GENERATION Photographs by MITCH IKEDA』
後藤正文
『This is ASIAN KUNG-FU GENERATION Photographs by MITCH IKEDA』

2013年12月28日発売
著者:MITCH IKEDA
価格:4,200円(税込)
発行:株式会社KADOKAWA

プロフィール

YeYe(ぃえぃえ)

1989年生まれ。2011年に発売されたデビューアルバム『朝を開けだして、夜をとじるまで』は作詞作曲はもちろん、すべての楽器の演奏までをセルフ・プロデュースで行う。デビューアルバムに収録されている「morning」が、α-STATIONをはじめ、ラジオ関西、鹿児島フレンズFM、FM徳島、FM三重の各局パワープレイに選ばれる。

後藤正文(ごとう まさふみ)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、楽曲全ての作詞とほとんどの作曲を手がける。これまでにKi/oon Music (SONY)から7枚のオリジナル・アルバムを発表。2010年にはレーベル「only in dreams」を発足させ、webサイトも同時に開設。また、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞「THE FUTURE TIMES」を編集長として発行するなど、 音楽はもちろんブログやTwitterでの社会とコミットした言動でも注目される。Twitterフォロワー数は現在240,000人を超える。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会