特集 PR

三宅裕司×福原美穂対談 細胞が覚醒する、ゴスペルのススメ

三宅裕司×福原美穂対談 細胞が覚醒する、ゴスペルのススメ

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望

クリスマスシーズンが近づくと、街に流れてくるのは美しいゴスペルソング。日本では、1980年代後半から90年代にかけて、ゴスペルミュージックの大きなブームが訪れた。そのキッカケとなったのは、1988年のオフ・ブロードウェイで人々を熱狂させたゴスペルミュージカル『Mama, I Want to Sing』の来日公演。黒人の宗教音楽をルーツに持つゴスペルが、なぜ宗教観や言葉、ルーツミュージック(民族音楽)すら異なる日本で愛されるようになったのか? 27年前、『Mama, I Want to Sing』の来日公演を強力にサポートした三宅裕司と、本場の黒人教会からも「奇跡の歌声」と称賛され、日本人離れした歌唱力とソウルフルな歌声で音楽ファンを魅了する福原美穂に、ゴスペルミュージックの魅力を語ってもらった。見えてきたのは、言葉の壁を壊すことのできる音楽の力と、これから日本人が自国の文化を誇れるようになっていくためのヒントだった。

シンガーの声もすごかったですし、牧師さんが喋りながら、どんどんヤジのような言葉を入れていくんです……日本でいうなら、関西の芸人さんのような?(笑)(福原)

―さっそくですが、お二人がゴスペルに出会ったきっかけから教えていただけますか?

三宅:僕が初めてゴスペルに触れたのは、ゴスペルミュージカルを観た27年前のことでしたね。ニューヨークに行くことになり、現地にいる友達から「他は何も観なくていいから、これだけは観てくれ!」と言われたのが『Mama, I Want to Sing』でした。それまでは、白人がオペラ的な発声で演じるミュージカルしか観たことがなく、それはそれで素晴らしいものだと感じていたのですが、黒人によるミュージカル『ドリームガールズ』を初めて観たときに、今まで観たものとは全く違っていて、「なんだこれは!」と思ったんです。そんなときに、『Mama, I Want to Sing』の薦めがあったものですから、これは絶対に観なければならないと勇んでオフ・ブロードウェイを訪れました。

三宅裕司
三宅裕司

―同じ黒人ミュージカルでも『ドリームガールズ』はソウルやR&Bがフィーチャーされたブロードウェイのエンターテイメントなミュージカル。一方で『Mama, I Want to Sing』は、黒人教会で歌われるゴスペルソングがメインとなったオフ・ブロードウェイミュージカルですね。三宅さんはそこで、生のゴスペルを初体験されたんですね。

三宅:そうなんですよ。『Mama, I Want to Sing』を観終わって……感動のあまり立ち上がれませんでした。とにかく歌がすごかった。「声を見た!」という感じですね。

―「声を見た」とは、三宅さんの感動がとてもよく伝わるお言葉ですね。

三宅:もちろんゴスペルも、実際に教会で歌われているものと、ショーアップして人に見せるようになったものは違うものなんでしょうけどね。僕が27年前に観た『Mama, I Want to Sing』はショーアップされたもので、ストーリーがあり、さらにバンドが入って豪華に歌われるゴスペル。そりゃあ、興奮しますよね(笑)。

―福原さんのルーツはもともとブラックミュージックだとうかがっていますが、ゴスペルとの出会いは?

福原:子どもの頃からホイットニー・ヒューストンやマイケル・ジャクソンが大好きだったのですが、ライナーノーツを読むと、「4歳から教会に通って歌っていて……」というような、ゴスペルにまつわるエピソードが必ずといっていいほど出てくるんですね。アレサ・フランクリンなどは、そもそも牧師さんの娘だったりもしますし。みんな教会で歌を習っていて、ブラックミュージックとゴスペルは切り離せないものだと感じていました。

―実際にゴスペルソングをお聴きになったのは?

福原:初めて聴いたゴスペルアルバムは、1930年代の音源を40曲くらい収録しているものでした。それこそ教会に録音機を持ち込んでテープを回したようなとても音質の悪いCDで、歌っている方もけっして有名なゴスペルシンガーではないんですけど、「わっ、すごい世界だな」と思ったんです。シンガーの声もすごかったですし、牧師さんが喋りながら、どんどんヤジのような言葉を入れていくんです……日本でいうなら、関西の芸人さんのような?(笑)

福原美穂
福原美穂

三宅:ああ、ツッコミを入れていく感じね(笑)。

福原:そこで繰り広げられている言葉のキャッチボールが、全部リズムに聴こえたんです。こんなにリズミカルな音楽があることに驚いたし、ラップもここから生まれたんだなと思ったり、いろいろな音楽のルーツを感じました。

―日本では80年代後半から90年代にかけて、先ほど三宅さんがおっしゃった『Mama, I Want to Sing』の来日公演がキッカケでゴスペルソング、いわゆるアカペラソングのブームが巻き起こったと言われています。もともとゴスペルソングというのは、福原さんがお聴きになったような、教会での牧師さんの説教と歌を含めたものと考えるべきなんでしょうか? 特に、青少年向けの礼拝では盛んに歌われていると聞きます。

福原:そうでしょうね。まずは牧師さんの説教があり、言葉の掛け合いがあり。でも最後はみんなで歌うんですよ。ただの説教だけでは終わらず、最後には音楽がある。子どもたちは説教の深い意味までは分からなくても、聖書や神様の言葉をリズムに乗せた「音」として覚えていく。それがゴスペルミュージックの役割なんじゃないかと思います。

三宅:それこそ、日本のことわざで言えば「門前の小僧習わぬ経を読む」ですよね? 耳で言葉を聴かせて心を教えていくという意味では、同じことなんじゃないかと。そのために、ゴスペルのほうは、子どもたちが興味を示すようにリズムを効かせていったんじゃないかと思いますね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Mama, I Want to Sing』30周年記念 日本公演

2013年12月4日(水)〜12月8日(日)全7公演
会場:東京都 渋谷 東急シアターオーブ
料金:
平日 S席7,800円 A席6,300円 B席4,800円 Z席2,000円
土日 S席8,800円 A席7,300円 B席5,800円 Z席3,000円
※Z席は18歳以下もしくは学生限定、Bunkamuraで取扱いなし

2013年12月10日(火)〜12月13日(金)全5公演
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール
料金:S席8,500円

2013年12月16日(月)〜2014年1月5日(日)全24公演
会場:東京都 六本木 アミューズ・ミュージカルシアター
料金:S席8,500円 A席6,500円 Z席3,000円
※Z席は18歳以下もしくは学生限定

プロフィール

三宅裕司(みやけ ゆうじ)

1951年5月3日 東京神田神保町生まれ。1979年に劇団スーパー・エキセントリック・シアターを結成、以降34年座長を務める。2004年からは伊東四朗氏を座長とした「伊東四朗一座」、三宅を座長とした「熱海五郎一座」を結成し、毎年新作の喜劇を創り、東京軽演劇を伝承し続けている。また、ドラマ・映画、ラジオ、バラエティ番組の司会としても幅広く活躍するマルチエンターテイナー。

福原美穂(ふくはら みほ)

北海道出身。次世代を牽引するソウルシンガーとしてその歌声はデビュー前から注目を浴び、2008年2月、日本人として初めて、米・LAの黒人教会にて"奇跡の子”と称される伝説のパフォーマンスを披露、黒人教会220年の歴史を変えたと、賞賛を受ける。2013年、デビュー5周年を迎え、6/5には約1年ぶりとなるシングルをリリース。収録曲「ライジング・ハート」はコカ・コーラ“Share a Coke and a Song”のキャンペーンソング、「BEYOND」は人気アニメ“宇宙兄弟”のエンディング、「Surely Someday」は”レイトン教授と超文明Aの遺産”の主題歌になるなど、話題に。その勢いのまま、自身初となるFUJI ROCK FESTIVAL'13にも出演を果たす。また、SWEETBOXの6代目ボーカリストに、アジア人として初めて抜擢され、アルバム「#Z21」をリリース。リード曲「#Z21」がUKダンスチャートで1位を獲得するなど、世界を見据えた活躍が今後も期待される。2014年2月11日には、自身最大級の公演「福原美穂 スペシャル・クラシック・コンサート2014」を開催。世界的指揮者・大友直人と、クラシックオーケストラ、そして、総勢400名におよぶゴスペルクワイヤとの豪華共演が実現する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと