特集 PR

美しきスタンダードの担い手 sugar meの再出発

美しきスタンダードの担い手 sugar meの再出発

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也
2013/12/24

女性シンガーソングライターが花盛りの現在にあっても、決して無視することのできない新たな才能がまた一人登場した。それがデビュー作『Why White Y?』を発表する、寺岡歩美のソロプロジェクトsugar meだ。彼女がフェイバリットに挙げるのは、ジョン・レノン、エリオット・スミス、ニック・ドレイク、Sparklehorse……見る人が見れば、かなりギョッとしてしまう並びではあるが、ここから連想される内省的で美しい楽曲を愛する音楽ファンの期待を裏切るようなことは決してないはず。さらには、周りを固めるのが共同制作者のmilkを筆頭に、小山田圭吾、イトケン、千住宗臣となれば、これはもう盤石だと言っていいだろう。リードトラックであるTHE BEATLESテイストの名曲“as you grow”を聴けば、誰しもが彼女の虜になるに違いない。

実はここに至るまでにはかなりの紆余曲折があったsugar me。燃え尽きて真っ白になっていた音楽への愛情を再び取り戻せたのは、自らが必要とする人、いるべき場所を見つけ出すことができたからだ。遂に作品を完成させ、晴れやかな気持ちで未来を見つめる現在の寺岡の心境を、インタビューから感じ取ってほしい。

今やってる音楽よりも、以前のほうがたくさんの人に受け入れられたのかもしれないけど、その中に果たして自分自身が入っているのかって。

―寺岡さんは以前ユメオチというバンドで活動をされていましたが、その前はRallye Labelとは別のレコード会社と契約をしていたそうですね。

寺岡:高校まで北海道にいて、大学から東京に出てきたんですけど、大学の途中でオーディションを受けて、2年半から3年ぐらいデビューに向けて準備をしていたんです。大学卒業をしてからもそのまま音楽活動を中心とした生活をしていたんですけど、行き詰まってしまって。それでホントに苦しかった時期に、ユメオチに誘ってもらったんです。ずっと弾き語りをやっていたので、みんなで音を合わせる楽しさに救われた感じがしました。

寺岡歩美(sugar me)
寺岡歩美(sugar me)

―何がそんなに苦しかったのでしょうか?

寺岡:1つは、準備期間だったので、曲を作っても作ってもリリースできないことがすごくもどかしくて。あとは、作った曲に対して自分の意志とは違う意見が飛んできたときに、それに反発できるほど自信がなかったこともあって、自分がホントは何をしたいのかがわからなくなってしまったんです。オリジナルを作り始めて日が浅かったし、まだ自分がやりたいことが固まる前に、他の人の意見が入ってくることが裏目に出てしまったんだと思います。

―その頃はどんな活動をされていたのですか?

寺岡:最初は曲作りのいろはを教えてもらって制作していたんですけど、後半からはライブをたくさんこなしたり、Ustreamで週1回の定期的な放送を1年近くやったりもしました。なおかつその合間で新曲も作るという感じだったので、もちろんいい勉強にはなったんですけど、当時の自分にとってはすごく大変でしたね。

―最近のアイドルみたいな活動ペースですね(笑)。

寺岡:私自身はインディーの音楽やオールディーズなんかもよく聞くし、地味な音楽も好きなんですけど、当時はもっとポップなものやキャッチーなものが求められていて、それに応じて曲を作っていました。なので、もしかしたら今自分がやってる音楽よりも、その頃の音楽のほうがたくさんの人に受け入れられたのかもしれないですけど、その中に果たして自分自身は入っているのか、っていう疑問が出てきたんですよ。それでは本末転倒なので、思い切ってやめることにしたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『Au Revoir Simone Japan Tour 2014』

2014年1月13日(月・祝)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:Au Revoir Simone
ゲスト:
sugar me
じゅんじゅん+babi
little moa
お菓子:sunday bake shop
料金:前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

2014年1月14日(火)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:新潟県 LIFE
出演:Au Revoir Simone
ゲスト:sugar me
料金:前売3,500円 当日4,000円(共にディナー付)

2014年1月15日(水)OPEN 19:30 / START 20:00
会場:石川県 アートグミ
出演:Au Revoir Simone
ゲスト:sugar me
料金:前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

2014年1月17日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:京都府 Urbanguild
出演:Au Revoir Simone
ゲスト:
sugar me
グースー
料金:前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

2014年1月19日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:Au Revoir Simone
ゲスト:
Chocolat & Akito
milk(sugar meははmilkのバンドでボーカルとしての参加)
slow beach
料金:前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

リリース情報

sugar me<br>
『Why White Y?』(CD)
sugar me
『Why White Y?』(CD)

2013年12月18日発売
価格:2,000円(税込)
RALLYE LABEL / RYECD-180

1. summer queen
2. 1,2,3
3. couleur café(serge gainsbourg cover)
4. monsieur le démon
5. don't say so(Why White Y? ver.)
6. morning of the world
7. as you grow
8. sometimes lonely

CINRA.STOREで取扱中の商品

sugar me<br>
『sugar me×きくちちき iPhoneケース』 [iPhone5/5Sケース]
sugar me
『sugar me×きくちちき iPhoneケース』 [iPhone5/5Sケース]

価格:3,675円(税込)
デビュー作『Why White Y ?』発売記念iPhoneケース

プロフィール

sugar me(しゅがーみー)

寺岡歩美によるソロプロジェクト。2012年より活動開始。Rallye Labelより自身初となるソロアルバムをリリース予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 空知英秋の漫画『銀魂』が完結発表、残り5話 『ジャンプ』表紙に小栗旬 1

    空知英秋の漫画『銀魂』が完結発表、残り5話 『ジャンプ』表紙に小栗旬

  2. 岩田剛典が車椅子バスケ 映画『パーフェクトワールド』新場面写真公開 2

    岩田剛典が車椅子バスケ 映画『パーフェクトワールド』新場面写真公開

  3. 安室奈美恵が『VOGUE JAPAN』表紙に登場 日本人女性アーティストとして初 3

    安室奈美恵が『VOGUE JAPAN』表紙に登場 日本人女性アーティストとして初

  4. 星野源が舞台裏を駆け巡る 70台超のカメラで映す新曲“アイデア”PV公開 4

    星野源が舞台裏を駆け巡る 70台超のカメラで映す新曲“アイデア”PV公開

  5. ジム・ジャームッシュ監督の3作品がBlu-ray化、ボックスセットも同時発売 5

    ジム・ジャームッシュ監督の3作品がBlu-ray化、ボックスセットも同時発売

  6. 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も 6

    土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

  7. 『おっさんずラブ展』9月に渋谷で開催 小道具や場面写真展示&グッズ販売 7

    『おっさんずラブ展』9月に渋谷で開催 小道具や場面写真展示&グッズ販売

  8. RYUCHELL、息子リンクと妻ぺこへの想いを歌った新曲“Link”PV公開 8

    RYUCHELL、息子リンクと妻ぺこへの想いを歌った新曲“Link”PV公開

  9. 大杉漣が6人の死刑囚と対話 最後の主演映画『教誨師』ポスター&予告編 9

    大杉漣が6人の死刑囚と対話 最後の主演映画『教誨師』ポスター&予告編

  10. バスキアの記録映画『バスキア、10代最後のとき』、ジャームッシュら出演 10

    バスキアの記録映画『バスキア、10代最後のとき』、ジャームッシュら出演