特集 PR

チェロの調べが人の心を掴む理由 徳澤青弦インタビュー

チェロの調べが人の心を掴む理由 徳澤青弦インタビュー

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也
2014/02/10

ハナレグミやくるり、Polarisなど、様々なアーティストのレコーディングやライブでサポートを務めてきた徳澤青弦。知らぬ間に、彼の奏でるチェロの音色を聴いたことがある人は多いはずだ。ほんの数秒聴いただけで、それとわかる美しくも切ないフレーズで、チェロという楽器の持つ魅力や可能性を広めてきた彼の功績は計り知れない。

そんな彼が、音楽家のトウヤマタケオと結成したユニット、Throwing a Spoonのファーストアルバム『awakening』がリリースされる。鳥のさえずりだけではなく、朝の陽光まで取り込んだような、眩くて心地良いサウンドは、聴き手の想像力を喚起させ、見える景色を一変させる。確かな実力によって存在感を放ちながらも、これまでさほど多くインタビューの場に姿を現すことのなかった徳澤に、チェロという楽器の魅力や可能性、目指す表現についてたっぷりと語ってもらった。

他の楽器もやっていたんですけど、チェロ以外には興味が持てなかったんですよね。

―徳澤さんはチェロ奏者として活動されていますが、チェロとのそもそもの出会いは何だったのでしょう?

徳澤:最初は、親にムリヤリやらされたんです。両親ともにクラシックのミュージシャンでしたので、母親のお腹の中にいるときからずっと(パブロ・)カザルス(スペインのチェロ演奏家、指揮者、作曲家。チェロの近代的奏法を確立し世界的名声を築いた)とかを聴いている状態で。チェロのほかに、バイオリンやピアノもやっていたんですけど、全然上手くならなかったんです。チェロ以外の楽器には興味が持てなかったんですよね。

―ご両親は、特にチェロをやってほしいという願いが強かったのでしょうか?

徳澤:そうだったみたいです。だから僕がチェロに興味を持つよう、親にしむけられてたのかもしれないですね(笑)。家にオープンリールのテープデッキがあって、それでカザルスとか(ムスティスラフ・)ロストロポーヴィチ(旧ソビエト連邦出身のチェリスト・指揮者の巨匠)なんかを、よく聴かされていました。

徳澤青弦
徳澤青弦

―物心ついたときから、音楽一筋の環境にいらっしゃったんですね。

徳澤:小学生のときにはサッカーをやっていたんですけど、ボールが当たるのが痛くてやめちゃいました。段々ポジションが後ろのほうへ下がっていったんですけど、後ろに行けば行くほどさらに痛くなって(笑)。最終的に、身体でシュートを止めるのが本当に痛過ぎて……。

―(笑)。

徳澤:写真や本が好きだったから「そういうのもいいかな」と思ったときもあったけど、チェロができるっていうのはやっぱりなかなか特別なことじゃないですか。それは子ども心にも感じていたので、「自分からチェロを取ったらただのバカだな」って(笑)。

―演奏者が少ない楽器というところで、続けていく上での苦しみや孤独はなかったですか?

徳澤:例えばピアノはずっと1人で練習していくしかないんですけど、チェロは単体だとほとんど成り立たない楽器なので、そういう意味では仲間がいないとできあがらない音楽なんです。まあ、最初の基礎練習は家でやらなきゃいけなかったから嫌で仕方なかったですけど(笑)、高校からは芸大付属高校へ通って、友達と競い合ったりもして、いい環境でした。

―自分で曲を作ってみたのも、高校に入ってから?

徳澤:音を使って自分を表現する、という意味では中学かな。中学に入ってからX JAPANを聴き始めるんですけど(笑)、例えば“紅”のアルバムバージョンとシングルバージョンをカセットデッキで繋ぎ合わせながら、ロングバージョンを作ったりしていました。いわゆるマッシュアップですよね。まあ、それは遊びの延長で、本格的に曲作りを始めたのは大学のときにLogic(作曲ソフト)が学校にあって、それを使っていましたね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Throwing a Spoon「awakening」release tour』

2014年2月15日(土)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:大阪府 北浜 天満教会
出演:Throwing a Spoon
料金:前売3,500円 当日4,000円

2014年2月16日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 東大前 求道会館
出演:Throwing a Spoon
料金:前売3,500円 当日4,000円

2014年3月14日(金)OPEN 19:30 / START 20:00
会場:愛知県 名古屋 JAZZ茶房 青猫
出演:Throwing a Spoon
料金:前売3,000円 当日3,500円

2014年4月13日(日)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:石川県 金沢 柿木畠 shirasagi/白鷺美術
出演:Throwing a Spoon
料金:前売3,000円 当日3,500円

Throwing a Spoon『awakening』発売記念ミニライブ

2014年3月16日(日)15:00~
会場:東京都 タワーレコード渋谷店7F イベントスペース

リリース情報

Throwing a Spoon<br>
『awakening』(CD)
Throwing a Spoon
『awakening』(CD)

2014年2月9日(日)発売
価格:2,500円(税込)
cote labo / cote004

1. Clouds
2. クェイシーの水泳
3. Sofia
4. Hello Bricks
5. 名もつかぬ銅像
6. Hectopascal
7. Ranchiu
8. E.V.A
9. Dancer's Awakening

プロフィール

Throwing a Spoon(すろーいんぐ あ すぷーん)

2012年初夏、徳澤青弦とトウヤマタケオで結成されたチェロとピアノのデュオ。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築している。作曲と演奏にボーダレスな二人だからこそ生まれる独自の室内楽。静かな衝動と美しさと隙。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾