特集 PR

アートで戦争を止めたい 李丞孝×市村作知雄対談

アートで戦争を止めたい 李丞孝×市村作知雄対談

インタビュー・テキスト
ヤマザキムツミ
撮影:高見知香

韓国最大の「多元(ダウォン)芸術」の祭典『Festival Bo:m(以下フェスティバル・ボム)』が、韓国・日本で開催されている。国をまたいで1つのアートフェスが開催されるというのは、世界的に見てもかなり稀。2か国で実施されるプログラムは1つもかぶっておらず、観客は自ら国を「移動」してプログラムを観賞することになる。

そんなユニークかつ大胆なディレクションを打ち出したのが、弱冠29歳で大抜擢された新任ディレクター・李丞孝(イ・スンヒョウ)。彼の在籍する大学院の指導教員でもある『フェスティバル/トーキョー(以下『F/T』)』実行委員長・市村作知雄のバックアップによって実現した『フェスティバル・ボム』の日本初上陸は、東浩紀や卯城竜太(Chim↑Pom)、岡田利規(チェルフィッチュ)、サンガツなどを迎え、4月4日~6日の3日間にわたり横浜で行なわれる。

「多元芸術」とは何なのか? 『フェスティバル・ボム』が目指す先にあるものとは? そこには通常のアートフェスのテーマを遥かに超えた、日韓関係や戦争問題までをも見据える、切実な二人の思いがあった。

既存の芸術ジャンルに当てはまらない作家や作品を支援する助成金の枠組みとして「多元芸術」が作られたんです。(李)

―まず、「多元芸術」を紹介する『フェスティバル・ボム』というイベントについて、開催経緯なども含め、教えていただけますか。

:2007年に韓国で行われた、最先端の芸術をジャンルに捉われずに紹介する芸術祭『スプリング・ウェーブ・フェスティバル』が前身で、そのときのディレクターの1人が、2008年に『フェスティバル・ボム』と名前を変えて始めたのが最初です。そこから数えて今年で8年目になります。

『フェスティバル・ボム 2014』メインビジュアル
『フェスティバル・ボム 2014』メインビジュアル

―なるほど。そもそも『フェスティバル・ボム』は、「多元芸術」を紹介するフェスティバルということですが、これは『スプリング・ウェーブ・フェスティバル』の頃から続くコンセプトなのですか?

:そうですね。2005年に韓国で、既存の芸術ジャンルに当てはまらない作家や作品を支援する助成金の枠組みとして「多元芸術」が作られたんです。既存ジャンル以外の芸術はここに集まれ、という目的で作られたのが「多元芸術」なので、そもそもの定義がないんですけど(笑)。

市村:たとえば日本の助成金システムは、「美術」「演劇」「ダンス」「音楽」など完全にジャンルで分けられていて、最終的にどのジャンルで申請するかを選ばなければいけないんです。だからジャンルを横断して表現しているアーティストは、無理矢理どこかに当てはめないといけないという問題が起こるんですね。

:それで韓国では、「その他」のジャンルを作ったわけです。だから、ジャンルに分けることができないアーティストは、自然と「多元芸術」にカテゴライズされることになりますし、「多元芸術」の枠ができてから活動を始めたアーティストの場合は、「『多元芸術』をやっています」と言う人もいたりします。

左から:市村作知雄、李丞孝
左から:市村作知雄、李丞孝

「多元芸術」のことを聞いたときは、世界的に見ても相当先端なことをやり始めたなと思いました。(市村)

―「多元芸術」といった新しいアートの枠組みが行政主導で作られるというのは、かなり革新的な試みだと思いますが、そもそもどういうことが発端となってこの動きが生まれたんですか?

:それに関しては自分なりの説があります。韓国では1987年に独裁政権が終わって、現在に繋がる全ての文化が1990年代に作られました。たとえば映画だったり、アイドルだったり、ネットだったり、それらが1990年代後半に爆発的に普及して、2000年代以降まで続いている。そんな状況の中で、初めからいろんな文化を取り入れて表現するアーティストたちが生まれ、そういう人たちへの支援をどうすればいいのかという議論が、2000年代前半に起こりました。ちょうどその頃、アジアの若手芸術家たちによるアートフェス『ソウルフリンジフェスティバル』なども立ち上がったり、いろいろなことが同時多発的に生まれて、「多元芸術」の発生に繋がっていったと思います。

―それにしても、韓国では新しい枠組みを作るという動きが、ものすごく速いスピードで実現化されていると思うんですが。

市村:ものすごく速いし、ものすごい勢いで日本を追い抜いていったなって(笑)。李くんから初めて「多元芸術」のことを聞いたときは、世界的に見ても相当先端なことをやり始めたな、と思いましたね。

:そのプライドは持っていますね。でも、「多元芸術」が一番すごいということではまったくないんです。たとえば、ヨーロッパではさらにジャンルが厳格に分かれているから、美術は美術で形式を壊しながら進化を繰り返し、ダンスや演劇なども、それぞれが同じように進化を繰り返しているわけです。ただ、「多元芸術」に関わるクリエイターの中には、演出家もデザイナーもアーティストも何でもいる。つまり、そういう状況になってしまったということ自体が、世界で一番進んでいるのかなと思っています。

Page 1
次へ

イベント情報

『Festival Bo:m in Yokohama』

2014年4月4日(金)~4月6日(日)
会場:神奈川県 横浜 急な坂スタジオ、さくらWORKS<関内>、寿町エリア、三渓園、STスポットほか
参加作家:
内藤正雄
サンガツ
ケイト・マッキントッシュ
神村恵カンパニー
アムンド・ショレー・スヴェン
ク・ホンジュ
オイチイチ
ほうほう堂
ドゥイ
ハン・ユンヒョン
岡田利規
市村作知雄
イ・スンヒョウ
ジョン・ジンファ
ソン・ホジュン
卯城竜太(Chim↑Pom)
東浩紀
パク・ダハム
カン・ムンシク
ほか

プロフィール

李丞孝(い すんひょう)

1984年ソウル生まれ。2009年から東京に滞在しながら『フェスティバル/トーキョー』や「十六夜吉田町スタジオ」のアジア関連事業に関わる。韓国の多元(ダウォン)芸術とアートフェスティバルをテーマとする研究者としても活動中。2013年7月に『フェスティバル・ボム』の第2代目ディレクターに就任し、韓国と日本を拠点に活動している。

市村作知雄(いちむら さちお)

1949年生まれ。アート制作者。アート制作者の地位向上とスキルアップのための活動を続ける。特定非営利活動法人アートネットワーク・ジャパン会長、『フェステイバル/トーキョー』実行委員長、東京芸術大学音楽環境創造科准教授、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団評議員、企業メセナ協議会交流部会員など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと