特集 PR

音楽は人間より遥かに賢い ジョン・フルシアンテ インタビュー

音楽は人間より遥かに賢い ジョン・フルシアンテ インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
写真提供:Nabil

言わずと知れた元RED HOT CHILI PEPPERSのギタリストであり、ソロでは多作家としても知られ、現代の音楽シーンにおける数少ないカリスマとも言うべきアーティスト、ジョン・フルシアンテ。2009年末のバンド脱退後は、インディペンデントな活動姿勢を貫き、音楽性に関してはエレクトロニックミュージックに急接近。最新作『ENCLOSURE』についてジョンは、「過去5年間における音楽での目標をすべて達成した作品」と語っている。そこで今回はソロのキャリアを改めて振り返り、彼がなぜこれほどまでに多くの人に愛されているのかを考えると共に、意味深なアートワークが施された『ENCLOSURE』という作品が彼にとってどんな意味を持つ作品なのかを、本人の発言を引用しながら紐解いていく。熱心なファンの方はもちろん、「レッチリ以降のジョンはよくわからない……」という人にも、ぜひ彼の現在地を知ってもらいたい。

レッチリ脱退からソロへ。「外側」と「内側」を行き来した紆余曲折のキャリア

ジョン・フルシアンテの最新作『ENCLOSURE』。「囲い込む」という意味のタイトル通り、赤いペンキで描いた円で自らを囲い込んでいるアートワークが非常に印象的だが、果たしてこれは何を意味しているのだろうか? ジョンは何かに捉われていて、そこから抜け出すことができないのか? それとも、自ら線を引いて、何かと別れを告げたのか? そんなことを考えていると、彼がこれまで常に「内側と外側」を行き来しながらミュージシャンとしてのキャリアを進めてきたことが思い出される。

John Frusciante『ENCLOSURE』ジャケット
John Frusciante『ENCLOSURE』ジャケット

RED HOT CHILI PEPPERSのギタリストとして音楽人生をスタートさせ、『BLOOD SUGAR SEX MAGIK』をはじめとした初期の代表作に貢献するも、1992年中の来日公演中に姿をくらまし、そのまま脱退。ヘロイン中毒やうつ病に苦しんだが、99年に復帰を果たし、『CALIFORNICATION』の世界的なヒットによって長らくスタジアムバンドとして君臨した後、2009年に自らの音楽を追求するために再度バンドを離脱。現在はインディペンデントレーベルから作品を発表し、基本的にツアーなどは行わず、プロモーションも限られた範囲でしか行っていない。ソロとバンド、インディーとメジャー、または自身の内面世界と社会、こういった内側と外側の対立構造の中で経験を積み重ね、現在は自らを「外側」に置くことで、自身のクリエイティブを最大限に発揮していると言っていいだろう。ただ、これだと円の「内側」にいる新作のアートワークとはずれが出てくるが……。

ジョン・フルシアンテ
ジョン・フルシアンテ

インディペンデントな活動を経て、まったく新しい境地へ

もう少し歴史を振り返ってみると、ソロとしてのキャリアは大きく4期に分けられる。第1期はレッチリの活動から離れていた90年代であり、この頃は精神的に病み、社会の外側から作品を発表してた時期。第2期はレッチリに復帰し、メジャーレコード会社のワーナーから作品を発表した00年代前半。そして、04年の『Shadows Collide With People』で、ソロとして初めてスタジオ録音を敢行したことによって一気に創作意欲に火が点き、1年間に6作もの作品を発表し、その集大成となる09年の『The Empyrean』を完成させるまでが第3期。この頃はレッチリにいながらも、インディペンデントで、音楽ビジネスの枠から外れた活動を展開していた。そして、09年末のレッチリ脱退以降が第4期であり、新作『ENCLOSURE』は第4期の終わりを告げる作品と位置付けられている。

前述の通り、現在のジョンはインディペンデントな姿勢を貫いているので、レッチリ在籍時と比べると、近年の彼の動向はやや見えにくくなっていたと言っていいかもしれない。なので、もしも彼のソロ作をひさびさに聴くという人がいれば、そのあまりの変貌ぶりに驚くことだろう。なぜなら、現在のジョンはかつてのシンガーソングライター的な作風から、エレクトロニクス主体の作風へと完全にシフトチェンジを果たしているのだ。『The Empyrean』のリリース時から、「最近はテクノやエレクトロニックミュージックしか聴いていない」という発言を残していたが、レッチリの脱退を機に、その方向性を本格的に追求し始め、アメリカのヒップホップグループ「WU-TANG CLAN」のRZAらを迎えたEP『Letur-Lefr』を経て、自ら「プログレッシブシンセポップ」と評した『PBX Funicular Intaglio Zone』を発表。アシッドハウス、ドラムンベース、ダブステップ、モダンR&Bなどの影響を咀嚼しつつ、まったく新しい地平へと到達して見せた。

Page 1
次へ

リリース情報

John Frusciante<br>
『Enclosure』日本盤(CD)
John Frusciante
『Enclosure』日本盤(CD)

2014年4月8日(火)発売
価格:2,300円(税込)
RUSH! × AWDR/LR2 / DDCB-12533

1. Shining Desert
2. Sleep
3. Run
4. Stage
5. Fanfare
6. Cinch
7. Zone
8. Crowded
9. Excuses
10. Vesiou(ボーナストラック)
11. Scratch(ボーナストラック)
※Blu-spec CD2仕様、ジョン・フルシアンテのロングインタビュー、歌詞対訳封入

プロフィール

John Frusciante(じょん ふるしあんて)

シンガーソングライター、ギタリスト。1994年『Niandra Labels and Usually Just a T-shirt』、2001年『To Rrcord Only Water for Ten Days』、04年『Shadows Cillide With People』、04年から05年にかけてインディペンデントレーベルより6連作を発表。09年『The Empyrean』、12年『Letur-Lefr』、『PBX Funicular Intaglio Zone』、13年『Outsides』。14年はラップデュオBLACK KNIGHTSとコラボレーションしたヒップホップアルバム『MEDIEVAL CHAMBER』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。